メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

スウェーデン(Sweden)

Artwork / Work of Art (2008)

0291Work of Art









スウェーデンのメロハー/AORバンドWork of Art(ワーク・オブ・アート)の1stアルバム。メンバーはロバート・サール(Gt)、ラーズ・サフサンド(Vo)、ハーマン・フリン(Ds)のトリオ編成で、ベースと一部キーボードはゲスト・プレイヤーが担当しています。このバンド、「北欧のTOTO」と言われているとかいないとか。確かに先行するバンドではTOTOに近い印象を受けます。ただ熱くないんてすね、やっぱり。Urban Taleなんかもそうですが、ヨーロピアンAORというのか、北欧AORというのか。開襟シャツじゃなくて、セーターやカーディガン着てる感じ。計算・演出されたものなのか、自然とそうなるのか分かりませんが、お国柄や気候・風土が音に反映するっていうのは良いことだと思うのです。アイデンティティは大事ですよ、やっぱり。みんな同じじゃつまらないもの。

クレジットを見ると曲作りはロバート・サールが中心なので、彼がバンドのリーダーシップをとっているようです。全体として明るく高揚感のあるメロディとサウンド、ハイセンスなアレンジが秀逸。エリック・モーテンソン、ジェフ・スコット・ソートとのW.E.Tでは脇役に甘んじているロバート・サールですが、本業のこのバンドでは曲作りの面でも、ギター・プレイの面でも、その才能とセンスを遺憾なく発揮しています。また、ラーズ・サフサンドの伸びやかなボーカルは聴いていてとても気持ちよく、バンドのカラーにぴったりです。比較的新しいメロハー系のバンドの中では、かなりの有望株であることは異論のないところでしょう。ただ、決定打に欠ける印象が否めません。どのトラックも平均点を大きく上回っているのだけれど、死ぬほど強烈な曲は無いんです。心地良さや爽快感と胸に突き刺さるような感動を音楽的に両立させるのは、もしかしたら難しいのことなのかも知れませんが。。。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Why Do I? (music & lyrics: Robert Säll)
02. Maria (music & lyrics: Robert Säll)
03. Camelia (music & lyrics: Robert Säll)
04. Her Only Lie (music & lyrics: Robert Säll)
05. Too Late (music & lyrics: Robert Säll)
06. Whenever U Sleep (music & lyrics: Robert Säll)
07. Once In A Lifetime (music: Lars Säfsund, lyrics: Niklas Löjdmark)
08. Piece Of Mind (music & lyrics: Robert Säll)
09. Lost Without Your Love (music & lyrics: Robert Säll)
10. Like No Other (music: Lars Säfsund, lyrics: Niklas Löjdmark)
11. Cover Me (music & lyrics: Robert Säll)
12. One Hour (music & lyrics: Robert Säll)
13. Camelia (acoustic version ) [Japanese bonus track]

■Personnel
Lars Säfsund - Vocals
Robert Säll - Guitar
Herman Furin - Drums

Keyboards & Programming - Work of Art

Andreas Olsson - Bass
Urban Danielsson - Bass on #5, #10, #12
Henning Axelsson - Keyboard solo on #6, #8
Andreas Dahlbäck - Bass, vocals on #10

Producer – Lars Säfsund
Co-producer – Work of Art


Face The Truth / John Norum (1992)

0278Face The Truth










 1992年にリリースされたジョン・ノーラムの2ndソロ・アルバム。90年代初頭、彼はDon Dokkenのバンド・メンバーとなりアルバムUp from the Ashesの録音にも参加していました。その縁からか本作にはDon Dokkenで共にプレイしたミュージシャンが大挙参加しています。そしてボーカルはグレン・ヒューズ、ドラック中毒から抜け出して初の本格復帰作となりました。Dokken絡みのメンバーとグレン・ヒューズ(Up from the Ashesにもバック・コーラスで参加)、そしてプロデュースもUp from the Ashesと同じウィン・デイヴィスということで、スウェーデンのミュージシャンで固めた前作Total Controlと比べると、「北欧風」という要素はほとんどない図太いハードロック・アルバムに仕上がっています。楽曲・実演ともに完成度が高く、ジョン・ノーラムの最高傑作であり、名盤の名に恥じない作品でしょう。

#1"Face The Truth"
スリリングなリフ、縦横無尽なグレン・ヒューズのボーカル、水を得た魚のようなジョン・ノーラムのソロ、とにかく隅から隅までカッコいいスピード・チューン。本作のハイライトであると同時にジョンのベスト曲の一つです。

#2"Night Buzz"
ちょっと変わったギター・フレーズからスタートするミドル・テンポのヘヴィなナンバー。ボーカルはジョン・ノーラム自身。

#3"In Your Eyes"
叙情的なメロディが印象的なバラード。廃人寸前だったとされるグレン・ヒューズの歌唱は、そんなことを全く感じさせないほどに見事です。

#4"Opium Trail"
お約束のThin Lizzyカバー。Bad Reputation収録曲です。歌うのはもちろんジョン・ノーラムで、フィル・ライノットになりきったボーカル・スタイルが微笑ましい。

#5"We Will Be Strong"
いきなりジョーイ・テンペストの声が聴こえたときは、Europeかと思いました。Out of This Worldに入っていてもおかしくないような、ポップでゴージャスなハードロック。ジョン・ノーラムの歌うパートもあって、ケンカ別れしたはずが意外に仲良しな感じ。

#6"Good Man Shining"
ブリティッシュ・バンドのようなブルージーで粘っこいナンバー。近年のジョン・ノーラムの路線に近いかな。グレン・ヒューズのボーカルも、ジョンのギター・ソロも圧巻です。

#7"Time Will Find The Answer"
ゲイリー・ムーアのような泣きのギター・ソロから始まる、王道の哀愁ハードロックです。ボーカルはグレン・ヒューズ。曲も歌唱も演奏も完璧。#1と並ぶ本作のベスト曲。

#8"Counting On Your Love"
変則的なリフが印象的で、ほんのりクラシカル。クレジットを見るとヨラン・エドマンとピーター・ハーマンソンの名前があるので、もしかしたら1st用のマテリアルだったのかもしれません。ボーカルはグレン・ヒューズですが、ヨラン・エドマンが歌ってもイケるような曲です。

#9"Endica"
ミドル・テンポのギター・インスト。もう止まらないぜっ!て感じでジョン・ノーラム氏が弾きまくり倒しています。

#10"Still The Night"
グレン・ヒューズとパット・スロールが書いた曲。ハードロック・プロジェクトPhenomenaの第1作に収録されており、グレン・ヒューズからするとセルフ・カバーということになります。

#11"Distant Voices"
ややメタル寄りの猛烈な勢いのあるスピード・チューン。ボーカルはグレン・ヒューズ。ここではジョン・ノーラムのギターがとにかく凄まじい。アルバム全体に言えることですが、本作でのプレイは、Europe時代も含め彼のキャリアを通してベストではないかと思います。

なお、日本盤・ヨーロッパ盤とアメリカ盤は曲順・収録曲が異なっています。アメリカ盤には"We Will Be Strong"と"Still The Night"が省かれ、代わりにEPLive in Stockholm収録曲"Don't Believe a Word"、"Free Birds in Flight"が入っています。
 
評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Face The Truth (J. Norum/G. Hughes)
02. Night Buzz (J. Norum/H. Hildén/M. Meldrum)
03. In Your Eyes (J. Norum/P. Baltes/G. Hughes)
04. Opium Trail (S. Gorham/P. Lynott/B. Downey)
05. には (J. Norum/J. Tempest/B. Haggerty)
06. Good Man Shining (J. Norum/G. Hughes/M. Höglund/M. Attaque/T. Broman)
07. Time Will Find The Answer (J. Norum/B. White/G. Hughes)
08. Counting On Your Love (J. Norum/G. Hughes/J. Tempest/G. Edman/P. Hermansson)
09. Endica (J. Norum/P. Baltes)
10. Still The Night (G. Hughes/P. Thrall)
11. Distant Voices (J. Norum/G. Hughes/P. Baltes/B. White)

■Personnel
John Norum - Guitar, Vocals
Glenn Hughes - Vocals
Peter Baltes - Bass Guitar
Hempo - Drums

Joey Tempest - Vocals on "We Will Be Strong"
Billy White - Rhythm Guitar on "Time Will Find The Answer"
John Schreiner - Keyboards
Andy Lorber - Additional Backing Vocals
Mikkey Dee - Drums on "Distant Voices"

Producer - John Norum, Wyn Davis

 

1982 - 1992 / Europe (1993)

0269-1982-1992










Prisoners in Paradise
発表後に活動休止(実質解散)となったEurope(ヨーロッパ)ですが、その活動休止中の1993年にリリースされたベスト・アルバム1982 - 1992はワールド・ワイドで発売され、本国スウェーデンやフランスではゴールド・ディスクを獲得するなど、このバンドの人気の根強さを示すこととなりました。

収録曲は解散前の5枚のオリジナル・アルバムからバランスよくセレクトされて年代順に並べられており、ベスト盤であると同時に、タイトルが示すように1982年から1992年までのEuropeの音楽の変遷を確かめられる企画盤となっています。また、オリジナル・アルバムを全て聴いてきているリスナーにとっても、何曲かのレア・トラックに興味を惹かれます。#8"On Broken Wings"は、シングルThe Final CountdownB面に収められた曲で、スムーズなサウンドとキャッチーなメロディはいかにもこの時期のEuropeらしい。#14"Prisoners In Paradise (Single Edit)"はタイトルどおりのシングル・バージョン。#15"I'll Cry For You (Acoustic Version)"はストックホルムでのアコースティック・ライブで、カントリー・テイストのカラっとした音には元バージョンとはまた違う味があります。#16"Sweet Love Child"はアルバム未収録の渋いバラードで、いわばこのアルバムの目玉。ジョーイ・テンペストの切々とした歌唱、キー・マルセロのよく歌うギター・ソロが秀逸で、これは名曲レベルでしょう。#17"Yesterday's News"はPrisoners in Paradise日本盤ボーナス・トラックだったジミヘン風の曲。

なお、後年"The Final Countdown (2000 Edit)"を追加して1982 - 2000というタイトルで再リリースもされています。この"2000 Edit"はくだらないダンス・ミックスで、このバンドのファンやHR/HMリスナーにとっては無用の長物以外の何物でもありません。

 評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. In the Future to Come (J. Tempest)
02. Seven Doors Hotel (J. Tempest)
03. Stormwind (J. Tempest)
04. Open Your Heart (J. Tempest)
05. Scream Of Anger (J. Tempest/M. Jacob)
06. Dreamer (J. Tempest)
07. The Final Countdown (J. Tempest)
08. On Broken Wings (J. Tempest)
09. Rock The Night (J. Tempest)
10. Carrie (J. Tempest/M. Michaeli)
11. Cherokee (J. Tempest)
12. Superstitious (J. Tempest)
13. Ready Or Not (J. Tempest)
14. Prisoners In Paradise (Single Edit) (J. Tempest)
15. I'll Cry For You (Acoustic Version) (J. Tempest/N. Graham)
16. Sweet Love Child (J. Tempest/K. Marcello/M. Michaeli)
17. Yesterday's News (J. Tempest/K. Marcello/J. Levén/I. Haugland/M. Michaeli)

■Personnel
Joey Tempest – Vocals, Acoustic Guitar (#1-6), Keyboardsr(#1-6)
John Norum – Guitar (#1-11)
Kee Marcello – Guitar (#12-17)
John Levén – Bass
Mic Michaeli – Keyboards (#7-17)
Tony Reno – Drums (#1-6)
Ian Haugland – Drums (#7-17)

Producer – Europe (#1, 2, 15), Leif Mases (#3-6), Kevin Elson (#7-11), Ron Nevison (#12, 13), Beau Hill (#14, 16, 17)

 

Rise Up / W.E.T. (2013)

0266Rise Up










Work of Artのロバート・サール、Eclipseのエリック・モーテンソン、Talismanのジェフ・スコット・ソートによるメロハー・プロジェクトW.E.Tの2ndアルバム。単発で終るものと思っていたら意外にも2枚目が出たので、これには嬉しい驚きを感じました。そしてこの作品も前作に勝るとも劣らない傑作に仕上がっていて狂喜乱舞です。暗めのヴァースから仄かに光の射すブリッジを経て、一気に解き放たれて高く舞い上がるコーラスへという展開に悶絶する#1"Walk Away"から始まって、各曲に緻密なドラマが仕込まれています。捨て曲が無いどころか、全収録曲が名曲・佳曲のレベル。どの曲も2~3回聴けばコーラス部分が耳に馴染んで口ずさめるというキャッチーさ加減、これって何気にスゴイと思うんですよね。しかも、メンバー+ライターの幾通りもの組み合わせで曲が書かれており(今回はJSSも参加)、各曲の持つ表情が変化に富んでいる。百聞は一見に如かず、Work Of Art、Eclipse、Talismanのファンの方でまだ未聴の方は一度聴いてみることをお薦めします。なお、日本盤ボーナス・トラック#13"Victorious"は、まさに北欧メロディック・メタルど真ん中の曲で、今回はこれが聴ける国内盤が断然良いです。

上記の3人以外のレコーディング・メンバーは、リード・ギターにマグナス・ヘンリクソン、ドラムにロバン・バックのEclipse組、1stと全く同じメンツです。また制作面の一切をエリック・モーテンソンが手がけているのも1stと同様です。全曲のソング・ライティングにタッチしているし、実演面でも#2"Learn To Live Again"で聴けるJSSとのツイン・ボーカルなんか、ものすごくカッコいいし。この人はほんと底知れない才能の持ち主ですね。もうすっかりメロハー界の顔役という存在になりました。


 評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Walk Away (Erik Mårtensson/Robert Säll/Magnus Henriksson/Jeff Scott Soto)
02. Learn To Live Again (Robert Säll/Erik Mårtensson/Jeff Scott Soto/Johan Becker)
03. Rise Up (Erik Mårtensson/Robert Säll/Magnus Henriksson/Jeff Scott Soto)
04. Love Heals (Robert Säll/Erik Mårtensson/Miqael Persson)
05. What You Want (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
06. The Moment (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson/Jeff Scott Soto)
07. Bad Boy (Robert Säll/Erik Mårtensson/Miqael Persson/Johan Becker)
08. On The Run (Erik Mårtensson/Jeff Scott Soto)
09. Broken Wings (Erik Mårtensson/Miqael Persson/Johan Becker)
10. Shot (Robert Säll/Erik Mårtensson/Miqael Persson)
11. Still Believe (Erik Mårtensson/Miqael Persson/Jeff Scott Soto)
12. Still Unbroken (Erik Mårtensson/Jeff Scott Soto/Robert Säll)
13. Victorious (Robert Säll/Erik Mårtensson/Miqael Persson) [bonus track]

■Personnel
Jeff Scott Soto – Lead Vocals
Erik Mårtensson - Rhythm & Lead Guitar, Bass, Keyboards, Backing Vocals
Robert Säll - Keyboards, Lead Guitar on #6
Magnus Henriksson - Lead Guitar
Robban Bäck - Drums

Producer - Erik Mårtensson
Executive Producer - Serafino Perugino

Life / Talisman (1995)

0259Life










1995年にリリースされたTalisman(タリスマン)の4thアルバム。前作Humanimal同様、ファンキーでアグレッシブ、かつメロディアスなTalisman独自のハードロックが目いっぱいに詰め込まれた一枚となっています。曲間の無音部が無く、息つく暇もなく曲が続く怒涛の展開。アルバム全体が異常なまでにハイテンションです。これをバンド全体のセッションもなく、別々の場所、別々の日時に録音したというのだから驚かされます。メロディを作る才能、緊張感あるアレンジ・アンサンプルを組み立てるセンス、高度な歌唱・演奏力、生々しいパフォーマンスを録音に刻み込む気迫、全てがフルテンに達しているものすごいバンドになりました。というわけで、聴かなきゃ人生損してるくらいの大名盤に決定!

バンド・メンバーは前作と同じく、ジェフ・スコット・ソート、マルセル・ヤコブ、ジェイミー・ボーガー、フレドリック・オーケソン。プロダクションはヤコブ&ソートですが、レコーディングとミキシングにマッツ・リンドフォースが協力しています。なお、このアルバムの本編は#1~#10の10曲で、#11~#16は言わばオマケで出来はソコソコ。このアルバムには下記のように大きく分けて3種類の盤が存在しますが、熱心なファンやコレクター以外は無理してオマケ入りを手に入れることもないかなと思います。
(1)1995年にリリースされた英(Now & Then)・独(Polydor)・スウェーデン(Empire)盤。いったん完了したミックスにマルセル・ヤコブが納得がいかず、ミックス作業がやり直されています。この記事のトラック・リストでは#1~#10の10曲を収録。
(2)1995年にゼロ・コーポレーションからリリースされた日本国内盤。ミックスは当初のまま。曲順は(1)と異なっており、また#11、#12がボーナストラックとして追加されて全12曲収録となっています。
(3)2004年にスウェーデンのGMRレーベルから再発された5 Out Of 5とのカップリング盤。曲順・ミックスは(1)と同じですが、(2)のボーナストラック2曲に加え、#13"Love’s Gone"、および#1、#4、#9のデモ・バージョンが追加され、計16曲収録となっています。さらに近年Talismanの再発盤を立て続けにリリースしているスウェーデンのSun Hill Productionから、このエディションのリマスター盤が2013年に発売されているようですが、音質の変化など詳細は不明です。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Tears In The Sky
02. Crazy
03. Body
04. Temptation
05. Loveblind
06. Soul 2 Soul
07. All That Really Matters
08. A Life
09. Sympathy
10. So Long
11. Hands Of Time
12. How Was I To Know 
13. Love’s Gone
14. Tears In The Sky (demo)
15. Sympathy (demo)
16. Temptation (demo)
All songs written by Jeff Scott Soto/Marcel Jacob
except "Crazy" by Seal, "How Was I To Know" by Soto/Borger, "Love’s Gone" by Bernhardt/Jacob/Soto

■Personnel
Jeff Scott Soto - Vocals
Marcel Jacob - Bass
Fredrik Åkesson - Guitar
Jamie Borger - Drums

Producer - Marcel Jacob & Jeff Scott Soto

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ