メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

スウェーデン(Sweden)

II / Houston (2013)

0343II









スウェーデンのメロハー・バンドHoustonの2枚目のオリジナル・アルバム。Relaunchと題されたカバー・アルバムはオリジナル・アルバムとは別にシリーズ化しているようです。これまではフレディ・アレン(ds)、ハンプス・ハンク・エリックス(vo)の2人組でしたが、本作では裏方だったプロデューサー兼キーボードのリッキー・B・デリンもメンバーとしてクレジットされています。ブックレット裏面には、若者2名とおっさん1名が並んでいる写真があしらわれていて、なんだか違和感ありまくり。それはそれとして、ほぼ全曲をリッキー・B・デリンとドラムのフレディ・アレンが書き、アレンジとプロデュースはリッキー・B・デリンが担当、またトミー・デナンダーがほとんどのギター・プレイに加えプロデュースとアレンジの一部を担う等、過去の作品と同様の制作体制となっています。

さて、1作目Houston も2作目Relaunch も少しモヤモヤの残るアルバムでしたが、今回はまったくもって素晴らしい出来!何より曲が良く、名曲・佳曲がてんこ盛りの満塁ホームラン状態です。難点は相変わらず音が薄っぺらなこと。毎回こうなのは、やはり何か意図があるのでしょうか。ラジオから流れているような雰囲気の演出とか?まあ、とにかく曲が良すぎるのでこの際目をつぶることにしましょう。

#1"Glory"
印象的なキーボードに導かれてスタートする哀愁メロハー。ヴァースのメロディが特にいいですね。トミー・デナンダーのソロも冴えまくっています。
#2"I'm Coming Home"
爽快系ながらメロディには少しばかり切ない雰囲気もある佳曲。キーボードがもろに80年代風です。
#3"Return My Heart"
これも爽快系で、トミー・デナンダーが曲作り関わっています。他の曲もそうですが、厚みのあるバック・ボーカルのハーモニーが素晴らしいです。
#4"Talk to Me"
80年代風のキラキラしたサウンドと、センチメンタルでロマンチックなメロディが最高です。シンプルですがエモーショナルなギター・ソロはカーレ・ハマーによるもの。
#5"Back to the Summer of Love"
「サマー・オブ・ラブ」というと1967年のサンフランシスコをすぐに思い起こしますが、歌詞を見ると普通のラブ・ソングでした。郷愁を誘うメロディと甘酸っぱい歌詞が秀逸。本作のハイライトの1曲です。
#6"24 Hours"
ボーカルのハンク・エリックスがソング・ライティングに参加している曲。普通に良い曲なのですが、他が良すぎるためにちょっと目立たないかな。
#7"On the Radio"
哀愁たっぷりでありながらポップ、サビの切ないメロディとハーモニーが耳にこびりついて離れない!時代が時代なら、シングル・カットされて大ヒットしてもおかしくない名曲だと思います。
#8"Losing"
これまた出色の哀愁メロハー。ブリッジからサビにかけての盛り上がりにグングン惹きつけられます。
#9"Just Friends"
女性シンガーとのデュエット曲。おっさんにも「青春」なんて気恥ずかしい言葉を思い起こさせてしまうキリン・レモンのような曲ですな。何気ないけど名曲!
#10"Believe"
爽快系なのにどこか胸キュンなメロディとアンサンブルが素晴らしい。間奏のキーボード・ソロがいい雰囲気です。

楽曲もハンク・エリックス君の歌声も、今の若い世代にも十分アピールできると思うけれど、マイナーな存在に留まっているのが哀しいです。日本盤も出てないみたいだし。こういう音楽が世界中の若者に支持されて、CMや映画・ドラマに使われたり、「アリーナ・ロック」にふさわしく大会場をまわるツアーができるような状況になってもらいたいものです。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Glory (Allen, Delin)
02. I'm Coming Home (Allen, Delin)
03. Return My Heart (Delin, Denander)
04. Talk to Me (Allen, Delin)
05. Back to the Summer of Love (Allen, Delin)
06. 24 Hours (Erix, Delin)
07. On the Radio (Hammar, Delin)
08. Losing (Allen, Delin)
09. Just Friends (Allen, Delin)
10. Believe (Delin)

■Personnel
Hampus Erix - lead and backing vocals
Ricky B. Delin - keyboards, backing vocals
Freddie Allen - drums

Soufian Ma'Aoul - bass guitar
Tommy Denander - guitars (1, 2, 3, 5, 8, 9, 10)
Calle Hammar - guitars (4, 6, 7), keyboards (7)
Jay Cutter - keyboard intro loop (6)
Minnah Karlsson - duet vocal (9)
Victor Lundberg - backing vocals (4, 7)
Kristoffer Lagerström - backing vocals (3)
Geir Rönning - backing vocals (3)
Jessa Slatter - backing vocals (3)
Catharina Lindqvist - spoken voice (7)

Producer - Ricky B. Delin

The Very Best of LAD / Last Autumn's Dream (2007)

0331The Very Best of Lad









2007年にリリースされたLast Autumn's Dreamのベスト・アルバム。来日記念盤として日本独自編集されたもので、海外では翌2008年にLive in Germany とカップリング2枚組でEscape Musicからリリースされています。4thSaturn Skyline リリース後の時点での編集ということで、1stから3rdまでそれぞれ3曲、4thから5曲、日本未発表曲が2曲、計16曲収録となっており、バランス的にも内容的にもまず順当な選曲ではないかと思いました。ただし、#16"Skyscraper"はいただけない。ベスト盤に入れるような曲ではないでしょう。オリジナルは日本のバンドの曲ということですが、まさかそれで日本人に受けると判断したのなら大間違いだと思います。気になるのは日本未発表曲の2曲です。未発表曲がなんでベスト曲なんだ?というのはとりあえず措いて、まず#11"Rocket of Love"は4thアルバムのアウトテイクで、可もなく不可もなくといったところ。#15"Doin' Time"は1stのヨーロッパ盤ボーナス・トラックで、このバンドとしては珍しくちょっとオシャレな雰囲気の佳曲です。

それから、1stのリズム・セクションはEuropeのジョン・レヴィン&イアン・ホーグランド、2nd~4thはTalismanのマルセル・ヤコブ&ジェイミー・ボーガーのコンビで、1枚のアルバムでこれを聴き比べできるというのも楽しいポイントです。また、音質的に問題があった2ndアルバムからの収録曲も、低音の音圧不足が改善されて他の曲と違和感なく聴けるのは良かったと思いました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Again and Again (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
02. Break the Chains (Of Destiny) (R. Brightman)
03. Pages (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
04. Up in Paradisee (R. Brightman)
05. Love to Go (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
06. Going Home (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
07. Winter in Paradise (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
08. Brand New Life (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
09. After Tomorrow´s Gone (J. Borger, M. Levén)
10. Don't Let Our Love Go Down (J. Borger)
11. Rocket of Love (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
12. American Girl (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
13. Domino (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
14. Running (R. Brightman)
15. Doin' Time (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
16. Skyscraper (H. Tanaka, T.Kurashina, M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)

■Personnel
Mikael Erlandsson – Lead Vocals, Backing Vocals, Keyboards
Andy Malecek – Guitars
Ian Haugland - Drums 
Mic Michaeli – Keyboards
John Levén – Bass
Marcel Jacob – Bass, Rhythm Guitars
Jamie Borger – Drums
Thomas Lassar – Keyboards

In Progress / Work of Art (2011)

0325In Progress









スウェーデンのメロハー/AORバンドWork of Artの2ndアルバム。メンバーは前作同様ロバート・サール(Gt)、ラーズ・サフサンド(Vo)、ハーマン・フリン(Ds)のトリオ編成で、ベースと一部キーボードはサポート・メンバーが担当しています。また、#11"Castaway"は曲作りと演奏にアンダース・リドホルム(Grand Illusion)が加わっています。音のほうは基本的に前作と同じ路線、つまりスウェーデンのバンドらしい清涼感のあるAOR寄りのメロディアスハード。明るくキラキラしたアレンジも前作同様です。ただ、TOTOっぽさが少し薄れて幾分ハードになった印象はあります。

収録曲全てが佳曲と言えますが、その中でも、空高く舞い上がるような爽快感が心地よい#1"The Rain"、#2"Nature of the Game"、ちょっとハードでEclipseっぽい感じもある#4"Never Love Again"、#5"Eye of the Storm"、#9"Emelie"、ポップで甘いメロディが印象的な#8"Call on Me"、本作の中ではTOTOの影響が最も顕著な#10"Fall Down"などが特に気に入りました。高揚感に溢れたメロディ、隅々まで神経の行き届いたスタイリッシュなアレンジ、安定感抜群のインスト・パート、そして透明感のある伸びやかなボーカル、全てが高い水準を示しています。ただ、前作にも同じことを感じたのですが、決定的な名曲が無い。耳に残って忘れようとしても忘れられないようなメロディというのが無いんです。たとえばFair Warningの"Burning Heart"とか、Tykettoの"Forever Young"とか、そういう曲が。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Rain (music : Robert Säll, lyrics: Hanif Sabzevari)
02. Nature of the Game (music & lyrics: Robert Säll)
03. Once Again (music : Robert Säll, lyrics: Hanif Sabzevari/Robert Säll)
04. Never Love Again (music & lyrics: Robert Säll)
05. Eye of the Storm (music & lyrics: Robert Säll)
06. Until You Believe (music & lyrics: Robert Säll)
07. The Great Fall (music & lyrics: Robert Säll)
08. Call on Me (music : Robert Säll, lyrics: Hanif Sabzevari)
09. Emelie (music : Robert Säll, lyrics: Hanif Sabzevari/Robert Säll)
10. Fall Down (music & lyrics: Robert Säll)
11. Castaway (music : Anders Rydholm/Robert Säll, lyrics: Hanif Sabzevari)
12. One Step Away (music & lyrics: Robert Säll)
13. Fall Down (acoustic version ) [Japan bonus track]

■Personnel
Lars Säfsund - Vocals
Robert Säll - Guitars
Herman Furin - Drums

Keyboards & Programming - Work of Art

Andreas Passmark - Bass on #1, #2, #4, #6, #7, #8
Henrik Linder - Bass on #3, #9
Urban Danielsson - Bass on #5, #10
Jehad Hammad - Bass on #12
Anders Rydholm - Bass, Keyboards, Rhythm Guitars on #11
Jonas Gröning - Keyboard Solo on #3, #5, #8

Producer – Work of Art

The Truth and a Little More / Eclipse (2001)

0323The Truth And A Little More









スウェーデンのメロハー・バンドEclipseの1stアルバム。このところ、ジェフ・スコット・ソート、ロバート・サールとのW.E.T.や、ロニー・アトキンスとのNordic Unionの他、プロデューサー、ソングライターとしても八面六臂の活躍を示し、すっかりシーンのキー・パーソンの一人となったエリック・モーテンソンのリーダー・バンドのデビュー作です。メンバーは、ボーカル、リズム・ギター、ベースを兼任するエリック・モーテンソンの他、リード・ギターのマグナス・ヘンリクソン、ドラムとキーボードのアンダース・ベルリンというトリオ編成。不完全な編成なのでメンバーだけではライブが出来ませんね。Work of Artといい、Houstonといい、近年のスウェーデンのバンドはこういう形態が多いのは何故なのかな。なお、本作は2001年にZ Recordsからリリースされましたが、既に廃盤となっていて再発もされず、長い間非常に入手しづらい状況が続いています。

さて音のほうですが、いかにも北欧風のすっきりしたメロディアス・ハードロック。先行するスウェーデンのバンドのエッセンスをあちこちに感じます。一番近いと思ったのはOut of This World、Prisoners in ParadiseのころのEuropeで、エリック・モーテンソンの声質と歌唱スタイルもその当時のジョーイ・テンペストを思わせるものがあります。もちろん曲ごとのバラエティは豊富で、様々なタイプの楽曲が楽しめます。特徴的なのは、曲のアレンジが凝っていてスタイリッシュなこと。これがこのバンドを個性的に感じさせるポイントでしょうか。メロディ・ラインよりアレンジ、アンサンブルが耳に残る感じです。その点ではWork of Artにも通じていると思いました。全曲が佳曲以上の出来で、デビュー作にしてこの充実ぶりはさすがはエリック・モーテンソンです。ただ、文句なしの名曲というレベルの楽曲はないのが残念。

リード・ギターのマグナス・ヘンリクソンは、上手い上にちょっとトリッキーなとろもあって中々面白いと感じました。#8"Songs Of Yesterday"ではゲストのキー・マルセロ(ex-Europe)がエモーショナルなギター・ソロを聴かせてくれ、マグナス・ヘンリクソンとの違いが見えて興味深いです。ゲストと言えば、マッツ・オラウソンが一部の曲でキーボードを弾いていますが、この人2015年に亡くなっていたんですね。知りませんでした。

 評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Midnight Train (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
02. The Truth (Erik Mårtensson)
03. The Only One (Anders Berlin/Erik Mårtensson)
04. Message of Love (Erik Mårtensson)
05. I Believe in You (Magnus Henriksson/Erik Mårtensson/Anders Berlin)
06. I Thought I Had It All (Erik Mårtensson)
07. The Way I Feel (Erik Mårtensson/Anders Berlin)
08. Songs of Yesterday (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
09. A Little More (Erik Mårtensson)
10. Too Far (Magnus Henriksson/Erik Mårtensson)
11. How Many Times (Erik Mårtensson)
12. I Won´t Hide (Erik Mårtensson)

■Personnel
Erik Mårtensson - Vocals, All Rhythm Guitars, Bass
Anders Berlin - Hammond Organ, Keyboards, Drums, Percussion
Magnus Henriksson - Lead Guitars

Mats Olausson - Lead Keyboards on #11, All Keyboards on #9
Kee Marcello  - Lead Guitar on #8
David "Galen Gotlänning"Wallin - Backing Vocals
Madeleine Johansson - Cello on #8, #12
Anneli Magnusson - Backing Vocals on #10, #12

Producer - Eclipse, Fredrik Folkare

Human Clay / Human Clay (1996)

0319Human Clay









Talismanのマルセル・ヤコブとジェフ・スコット・ソートによるユニット、Human Clayの1stアルバム。Talismanは1995年4thアルバムLife リリース後にギタリストのフレドリック・オーケソンが脱退、バンドは活動休止状態となっており、その間を埋めるように1996年に発表されています。日本語ライナーノーツに記載されたマルセル・ヤコブの弁によれば、Talismanでやれなかったことにトライしたかったとのことです。しかし、本作はファンク要素がオミットされている以外にTalismanと大きな違いはなく、この説明は額面通りには受け取れません。また、収録曲がHuman Clay用に書き下ろされ新規録音されたのかどうかも怪しいところです。リズム・トラックは全てマルセル・ヤコブが制作(ドラムは打ち込み)、それにボーカル・パートをかぶせただけで、ミックスもかなりラフ。全体に音響・音質的にはチープなもので、いかにもデモ音源に若干手を加えてアルバムに仕立てました感が否めません。いずれにしても、Talisman再始動までのつなぎにチャチャっと制作したものを、レコード会社との関係上Talisman名義は使えず別名義でリリースしたのではないかと推察されます。

じゃあ、このアルバムは聴く価値がないのかというと、それがまた困ったことにそこそこ良いアルバムになっているのです。マルセル・ヤコブとジェフ・スコット・ソートが組めば、駄作・凡作は生まれようがありません。前述した通りファンク要素はないものの、いかにもTalismanらしいメロディアスなハードロックでしかも佳曲揃い。また、リズム・ギターだけでなくほとんどの曲のギターソロはマルセル・ヤコブが弾いているのですが、これがそこら辺のギタリスト以上に上手くて驚かされます。#4"Jealousy"はイングヴェイ・マルムスティーン、#7"Now It's Time"はブライアン・ヤング、ジョン・ノーラムのTotal Control 収録曲#14"Eternal Flame"はフレドリック・オーケソンがリードギターを弾いており、これらゲスト・ギタリストのプレイも楽しみの一つです。サウンド的にチープなことに目をつぶれば、Talismanファンなら気に入る作品だと思います。

なお、ボーナス・トラックの2曲は他の曲と明らかに音が違い、ドラムも生ドラムに聴こえます。特に、辞めたばかりのフレドリック・オーケソンがゲストでソロを弾きに来るというのもおかしな話で、もしかしたら#14"Eternal Flame"は実はTalismanの音源なのではないかと憶測してしまいました。後にHuman Clayの1st、2ndをまとめたThe Complete Recordings という2枚組アルバムが発売されており、もしかしたらそこに何か記されているかもしれませんが、未入手なので詳しいことは分かりません。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. 2 Your Heart
02. Golden Years
03. Heaven on Earth
04. Jealousy
05. Outside Lookin' In
06. Without U
07. Now It's Time
08. Don't Look Back
09. Holdin' On
10. I Wanna Go Home
11. Vows in Stone
12. I'd Rather Have the Blues (Than 2 Spend My Life With U)
13. In the Line of Fire [Bonus]
14. Eternal Flame [Bonus]
All songs written by Jacob/Soto
except "Eternal Flame" by Norum/Jacob

■Personnel
Jeff Scott Soto
Marcel Jacob

Ingwie J. Malmsteen - Lead Guitars on #4
Brian Young - Lead Guitars on #7
Fredrik Åkesson - Lead Guitars on #14

Producer - Marcel Jacob & Jeff Scott Soto

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ