メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

ドイツ(Germany)

Systems Go Wild! / Soul Doctor (2002)

0381Systems Go Wild









Fair Warning脱退後トミー・ハートが結成したドイツのハードロック・バンドSoul Doctorの2ndアルバム。バンド・メンバーは前作と変わらず、クリス・ライン(G)、J.D.ことヨルグ・ダイジンガー(B)、ザッキーことアタナシオス・ツォウカス(Ds)。音の方もやはり前作同様の路線で、ロックン・ロールをベースにしたオーソドックスでソリッドなハードロックです。収録曲は全てバンドとスティーヴ・プランケット(Autograph)によって書かれており、この点も前作と同じです。

バンドにとって2作目となるこのアルバムは、シンプルな楽曲、高い演奏力、装飾を排したプロダクションが相まって、前作以上にタイトな印象を受けます。加えて、若干ですがメロディに叙情味が増しているので、更にGotthardやShakraといったスイス勢の音に近くなったように感じます。再結成後のややまったりし過ぎたFair Warningより、このSoul Doctorの方がむしろいいかなぁ。聴いていてとても気持ちがいいんですよね。楽曲は全曲素晴らしいのですが、特にお気に入りなのは、突進するリフがカッコいい#1"Livin' the Life"、リフがJudas Priestっぽい#3"Get It On"、ブルージーでメロディアスなバラード#4" See You In Heaven"、高揚感溢れるロックンロール#6"Cheap Talk"といったところ。Led Zeppelinの影響が顕著ですがメロディアスな要素もある、#8"Our Time"、#9"Good Time's Slippin' Away"、#10"Just Can't Get Over You"の3連発もカッコいいです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Livin' the Life (Steve Plunkett, Peter Beckett)
02. Wrong or Right (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
03. Get It On (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
04. See You In Heaven (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
05. All Systems Go! (Tommy Heart, Chris Lyne, Zacky, Steve Plunkett)
06. Cheap Talk [Japanese bonus track] (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
07. Somebody (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
08. Our Time (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
09. Good Time's Slippin' Away (Tommy Heart, Chris Lyne, Zacky, Steve Plunkett)
10. Just Can't Get Over You (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
11. Waitin' (Sinisha Licanin, Tommy Heart, Chris Lyne, Zacky)

■Personnel
Tommy Heart - Vocals
Chris Lyne - Guitar
J.D. - Bass
Zacky - Drums

Sinisha Licanin - Keyboards

Producer - Tommy Heart, Chris Lyne


Amazon商品リンク

Food for Thought / Pink Cream 69 (1997)

0339Food For Thought










多国籍バンドPink Cream 69の5thアルバム。リリースは1997年です。ラインナップは前作Change と同じく、デヴィッド・リードマン(vo)、アルフレッド・コフラー(gt)、デニス・ワード(b)、コスタ・ツァフィリオ(ds)の4人。ボーカルがデヴィッド・リードマンに変わってからは2作目で、前作同様のダークでヘヴィな作風が継続しています。Change は、HR/HM系バンドがグランジ/オルタナ路線に舵を切った作品群の中では、あまり不自然さを感じさせず結構好きなアルバムでしたが、今回はいけません。もちろんいくつかカッコいい曲もあるし、若干メロディアスさが戻った感じもあるものの、楽曲の平均点としては落ちてしまいました。ドンヨリして退屈な曲が増えた印象が強いです。カバー曲も、前作の"20th Century Boy"は面白かったけれど、今回のQueenの"We Will Rock You"はまったくつまらない。無くてもよかったというより無いほうがよかった。もっとも、デヴィッド・リードマンの歌唱は迫力があるし、バンドの演奏も相変わらずタイトで唸らせられるという点では、十分聴き応えのあるアルバムであることは間違いありませんが。この試行錯誤を経て、Pink Cream 69は次作以降再びメロディアスな方向性に転換することになります。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Snap [Japan-only Special Version]
02. Big Shot
03. Anger
04. Diggin' Through the Past
05. Better Days
06. Until I Wake
07. Fate
08. We Will Rock You
09. Dead Man's Scream
10. Pass You By
11. Other Side
12. Fly On
13. Sorry
14. (Down) My Way
15. Easy [Japan-only Bonus Track]
All songs written by Pink Cream 69 except "We Will Rock You" written by Brian May

■Personnel
David Readman – vocals
Alfred Koffler - guitar
Dennis Ward - bass
Kosta Zafiriou - drums

Achim Reichelt. – keyboards
Peter Eptinger – timpani

Producer - Pink Cream 69


Amazon商品リンク

Brother's Keeper / Fair Warning (2006)

0322Brother's Keeper









解散状態だったFair Warningの復活第一作。残念ながらアンディ・マレツェク(Gt)は再結成に加わっていませんが、トミー・ハート(Vo)、ヘルゲ・エンゲルケ(Gt)、ウレ・リトゲン(Ba)、C.C.ベーレンス(Ds)とオリジナル・メンバー4人が顔を揃えました。

久しぶりのFair Warningの新作ということで、期待は大きく膨らんでいましたが、#1"Don't Keep Me Waiting"を聴いた途端、その期待が裏切られなかったことを確信して嬉しかったです。今まで通りの分厚いサウンド、ドラマチックなメロディ、そして天空から降りそそぐギターの音色、全てにうっとりしてしまいます。これは文句なく名曲ですね。残りの楽曲も概ね出来が良く、アルバムを通してFair Warningらしさを十分に堪能できます。しかしながら、「あれ?なんか前に聴いたことがあるような」と感じる場面が少なからずあり、その点はちょっと失望を禁じえません。このバンドはメロディやフレーズの使い回しが以前からありました。本作ではそれがさらに増えています。過去作からか、DreamtideかはたまたZenoからか、一々確認はしていませんがあまり印象は良くありません。マンネリという声も聞かれますが、マンネリとはちょっと違うような気がします。作風や路線を大きく変えないという意味では、マンネリが必ずしも悪いとは言えないけれど、過去の楽曲のパーツのつぎはぎで曲を仕立てるのはミュージシャン・シップのレベルが低いことの表れだと思うのです。うーむ、この作品で初めてFair Warningを聴いたのなら間違いなく名盤と認定しただろうなぁ。。。なんとも複雑な感想を抱いてしまいました。

なお、本作の国内盤CDは、2006年オリジナル盤(13曲収録)が2種(ドキュメンタリー映像を収録したDVD付き初回限定盤とCDのみの通常盤)、2009年紙ジャケSHM-CD仕様(15曲収録で曲順も異なる)、2016年リマスター盤(12曲収録)が流通しています。毎度のことながら、あー、めんどくさ。。。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Don't Keep Me Waiting (Ule W. Ritgen)
02. Tell Me Lies (Helge Engelke)
03. In the Dark (Ule W. Ritgen)
04. Wasted Time (Ule W. Ritgen)
05. No Limit (Ule W. Ritgen)
06. Generation Jedi (Helge Engelke)
07. The Way (Ule W. Ritgen)
08. All of My Love (Ule W. Ritgen)
09. Once Bitten Twice Shy (Ule W. Ritgen)
10. The Cry (Ule W. Ritgen)
11. All I Wanna Do (Ule W. Ritgen)
12. Rainbow Eyes (Ule W. Ritgen)
13. Push Me On (Ule W. Ritgen)

■Personnel
Tommy Heart – vocals
Helge Engelke – guitars
Ule W. Ritgen – bass
C. C. Behrens – drums

Producer – Fair Warning


Amazon商品リンク

Knock Out / Bonfire (1991)

0317Knock Out









ドイツのハードロック・バンドBonfireの4thアルバム。一作ごとに楽曲面・演奏面で向上してきて、前作Point Blank はバンドの代表作と言って差し支えない充実振りを示していました。ところが、ところが、この大事な4作目でずっこけてしまいます。アメリカン・ハードロック路線が更に強まったのは構わないとしても、その悪いところばかり増幅したような内容にはがっかりです。馬鹿丸出しの下品なパーティ・ロック、悪ふざけというか楽屋オチ的なお遊び、歯の浮くような嘘臭いバラードばかり目立ちます。なんでこうなってしまったのか?バンドのせいなのか、Queenのプロデューサーとして名の知れたラインホルト・マックのプロデュースが裏目に出たのか、よく分かりません。 何曲か佳曲もあるのに実にもったいないです。本作の出来の悪さが影響したのか、この後バンドは空中分解。自分で自分をノックアウトしたというシャレにならない状況です。オリジナル・メンバーのクラウス・レスマンとハンス・ツィラーによってバンドは数年後に復活しますが、こちらの聴く気は復活しないままです。

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Streets of Freedom
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
02. The Stroke
(Music & Lyrics: B. Squier)
03. Dirty Love
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
04. Rivers of Glory
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
05. Home Babe
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
06. Shake Down
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
07. Hold You
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
08. Down and Out
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
09. Take My Heart and Run
(Music & Lyrics: C. Lessmann/M. Voss-Schön)
10. All We Got
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
11. Fight for Love
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
12. Tonmeister
(Music & Lyrics: E. Patrik/J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann/R. Mack)

■Personnel
Claus Lessmann - Lead & Backing Vocals, Acoustic Guitars
Jörg Deisinger - Bass, Backing Vocals
Edgar Patrik - Drums, Percussion, Backing Vocals
Angel Schleifer - Guitars, Backing Vocals

Producer – Mack (Reinhold Mack)


Amazon商品リンク

No Substitute / Affair (2002)

0288No Substitute









ボビー・アルトヴェイター(Gt)を中心としたドイツのメロディアスHR/HMバンド、Affair(アフェアー)の5年ぶりの2ndアルバム。前作の時点では実質的にはプロジェクト的グループだったようですが、本作はバンド編成となってレコーディングされています。ボーカルは引き続きベルギー出身のピーター・デ・ウィント(ex-Mystery)。他はベースにはBonfireのウーヴェ・コーラー、ドラムにはボビー・アルトヴェイターと共にCherry Moonにも参加していたミッヒ・シュワッガー、キーボードにはEternal Flame、Bonfireのトーマス・シュトレック。彼はボビーがプロデュースしたSerumでプレイした経歴もあります。ゲストのバッキング・ボーカルの中にはBrunorockことブルーノ・クレーラーの名前もありますが、彼のアルバムにもボビーが参加。というように、ボビーと関わりのあるミュージシャンで固められたラインナップです。

このバンド、硬質なメロディック・メタル寄りのサウンドとメロディアスな楽曲が特徴ですが、本作では1stにも増して充実した内容になっています。暑苦しく男臭く、勇壮に歌い上げるピーター・デ・ウィントの歌唱と、ジョージ・リンチに通じる薄刃のカミソリのようなボビー・アルトヴェイターのギターが絡み合う様は絶品です。固定メンバーが揃って、バンドらしさが感じられるのも好印象。残念ながらこのアルバム以後新作のリリースがないので、おそらくバンドは分解したものと思われます。ボビーのほうはBrunorockやSam Alexのアルバム等で活動継続していますが、ピーター・デ・ウィントは音沙汰無しで淋しい限り。忘れられるにはもったいないボーカリストだと思います。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. No Substitute
02. Get Going
03. Inside Out
04. Return Forever
05. Life on a Wire
06. Magic Radio
07. Game of Love
08. Keep Me Alive
09. Back in the Race
10. Fire Still Burning
11. Why, Why
12. Smile on Your Face (Japanese bonus track)

■Personnel
Peter De Wint - Lead Vocals
Bobby Altvater - Guitars, Vocals
Michi Schwager - Drums
Thomas Streck - Keyboards
Uwe Köhler - Bass

Brunorock - Backing Vocals

Producer - Bobby Altvater


Amazon商品リンク

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ