メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ドイツ(Germany)

No Substitute / Affair (2002)

0288No Substitute










ボビー・アルトヴェイター(Gt)を中心としたドイツのメロディアスHR/HMバンド、Affair(アフェアー)の5年ぶりの2ndアルバム。前作の時点では実質的にはプロジェクト的グループだったようですが、本作はバンド編成となってレコーディングされています。ボーカルは引き続きベルギー出身のピーター・デ・ウィント(ex-Mystery)。他はベースにはBonfireのウーヴェ・コーラー、ドラムにはボビー・アルトヴェイターと共にCherry Moonにも参加していたミッヒ・シュワッガー、キーボードにはEternal Flame、Bonfireのトーマス・シュトレック。彼はボビーがプロデュースしたSerumでプレイした経歴もあります。ゲストのバッキング・ボーカルの中にはBrunorockことブルーノ・クレーラーの名前もありますが、彼のアルバムにもボビーが参加。というように、ボビーと関わりのあるミュージシャンで固められたラインナップです。

このバンド、硬質なメロディック・メタル寄りのサウンドとメロディアスな楽曲が特徴ですが、本作では1stにも増して充実した内容になっています。暑苦しく男臭く、勇壮に歌い上げるピーター・デ・ウィントの歌唱と、ジョージ・リンチに通じる薄刃のカミソリのようなボビー・アルトヴェイターのギターが絡み合う様は絶品です。固定メンバーが揃って、バンドらしさが感じられるのも好印象。残念ながらこのアルバム以後新作のリリースがないので、おそらくバンドは分解したものと思われます。ボビーのほうはBrunorockやSam Alexのアルバム等で活動継続していますが、ピーター・デ・ウィントは音沙汰無しで淋しい限り。忘れられるにはもったいないボーカリストだと思います。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. No Substitute
02. Get Going
03. Inside Out
04. Return Forever
05. Life On A Wire
06. Magic Radio
07. Game Of Love
08. Keep Me Alive
09. Back In The Race
10. Fire Still Burning
11. Why, Why
12. Smile On Your Face (Japanese bonus track)

■Personnel
Peter De Wint - Lead Vocals
Bobby Altvater - Guitars, Vocals
Michi Schwager - Drums
Thomas Streck - Keyboards
Uwe Köhler - Bass

Brunorock - Backing Vocals

Producer - Bobby Altvater


Point Blank / Bonfire (1989)

0286Point Blank










ドイツ産HRバンドBonfire(ボンファイアー)の1989年リリースの3rdアルバム。一作ごとに同郷の先輩バンドScorpionsの影響が薄れ、Bon Jovi色というかアメリカ指向が強まってきています。前作に引き続き、ジャック・ポンティ、デズモンド・チャイルドといったBon Joviにつながるヒット・メーカーとの共作曲を入れ込み、楽曲面での充実度は更に向上。俗に言うアリーナ・ロック風なメジャー・バンド感が出てきました。メイン・ギターがハンス・ツィラーから新規加入のエンジェル・シュライファー(ex-Sinner)にチェンジしたことによって、インスト面も格段に強化されています。ただ、惜しむらくは決定的なキラー・チューンがないこと。うーん、あと一歩、あと半歩という感じです。一曲一曲はコンパクトでキャッチーなんですが、箸休め的な小品2曲を含めて全17曲収録というのも、さすがに詰め込みすぎな気がします。2009年Yesterrockの再発盤は更に7曲のライブ録音がボーナスで追加されており、嬉しいようなお腹一杯なような。。。

なお、前身バンドCacumen以来のギタリスト2人のうち、ホルスト・マイヤー・ソーンは録音前に脱退、ハンス・ツィラーはミックス中に脱退しています。ハンス・ツィラーのパートがどの程度残っているのか不明ですが、彼はAdditional Guitars、エンジェル・シュライファーはAll Guitarsとクレジットされています。ドラムは前作では助っ人のケン・メリーが叩いていましたが、本作では固定メンバーとしてエドガー・パトリック(ex-Sinner, Samson)が参加しています。クラウス・レスマン(vo)、ヨルグ・ダイジンガー(b)は変わらず、プロデュースも2ndと同じくマイケル・ワーグナーが手がけています。バッキング・ボーカルにフレディ・カーシ(ex-Sheriff, Alias)の名前があるのがちょっと意外。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Bang Down The Door
(Music & Lyrics: B. Halligan Jr./G. Schleifer/C. Lessmann/J. Ziller)
02. Waste No Time
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
03. Hard On Me
(Music & Lyrics: J. Ponti/S. Swirsky/C. Lessmann/G. Schleifer/J. Deisinger/E. P. Witzemann/J. Ziller)
04. Why Is It Never Enough
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
05. Tony's Roulette
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
06. Minestrone
(Music & Lyrics: H. Maier-Thorn/E. P. Witzemann)
07. You're Back
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
08. Look Of Love
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
09. The Price Of Loving You
(Music: D. Child, Lyrics: D. Child/C. Lessmann/G. Schleifer/J. Ziller)
10. Freedom Is My Belief
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
11. Gimme Some
(Music & Lyrics: J. Ponti/K. Keeling/L. Bulen/M. Wagener/C. Lessmann/J. Deisinger/G. Schleifer/E. P. Witzemann/J. Ziller)
12. Say Goodbye
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
13. Never Surrender
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
14. (20th Century) Youth Patrol
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
15. Jungle Call
(Music & Lyrics: H. Maier-Thorn)
16. Know Right Now
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
17. Who's Foolin' Who
(Music & Lyrics: M. Ribler/C. Lessmann/G. Schleifer/J. Ziller)

■Personnel
Claus Lessmann - Lead & Backing Vocals, Acoustic Guitars
Jörg Deisinger - Bass, Backing Vocals, Mouth Drums
Edgar Patrik - Drums, Percussion, Backing Vocals
Angel Schleifer - All Guitars, Backing Vocals

Hans Ziller - Additional Guitars
Fred Curci - Additional Backing Vocals

Producer – Michael Wagener


Live In Japan / Fair Warning (1993)

0268Live In Japan










なんか忘れていると思ったら、Fair Warning(フェア・ウォーニング)の1993年初来日ライブ盤がまだでした。リリース順のレビューという形は崩れますが、取り上げておきたいと思います。

彼らの初来日は93年4月で、14日名古屋、16日大阪、17、18日川崎と4回の公演が行なわれており、アルバムには最終日18日クラブチッタ川崎でのライブが収録されています。また映像収録も行なわれ、VHSビデオ(後にDVD化)が発売されました。1stアルバムをリリースしたばかりで初来日公演、そしてライブ盤収録となったわけで、当初からこのバンドがいかに日本のファンに支持されていたかがよく分かります。あらためてこのライブ盤を聴いてみると、まだ若々しく溌剌としたFair Warningのライブ・パフォーマンスと、心からライブを楽しんでいる日本の観客の反応が感じ取れます。ライブDVDは更にこちらに訴えかけるものがあって、ちょっと感動的ですらあります。もう四半世紀も前のライブなんですが、良いものは何年経っても良いですね。

収録曲は当然1stアルバムからのものが大半ですが、前身バンドとも言えるZenoのレパートリーから#5"Eastern Sun"、#16"A Little More Love"、更にプレスリーの#11"In The Ghetto"、坂本九の#12"Sukiyaki"(上を向いて歩こう)、スモーキー・ロビンソンとミラクルズの#17"Mickey's Monkey"なんていうのまで演っていて楽しませてくれます。全17曲(DVDは19曲)というボリュームで、デビュー間もないFair Warningの圧巻のパフォーマンスを再体験できる貴重なライブ盤だと思います。特にまだ元気なアンディ・マレツェクの情感溢れるプレイはファンにとって涙モノです。

 評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Sunset (Intro) (U. W. Ritgen) 
02. Out on the Run (U. W. Ritgen) 
03. Longing For Love (U. W. Ritgen) 
04. When Love Fails (H. Engelke)
05. Eastern Sun (Z. Roth)
06. Take Me Up (U. W. Ritgen) 
07. Long Gone (U. W. Ritgen) 
08. The Heat of Emotion (Z. Roth)
09. Take a Look at the Future (U. W. Ritgen) 
10. The Call of the Heart (U. W. Ritgen) 
11. In The Ghetto (M. Davis)
12. Sukiyaki (H. Nakamura/R. Ei)
13. Hang on (U. W. Ritgen) 
14. The Eyes of Rock (U. W. Ritgen) 
15. One Step Closer (H. Engelke)
16. A Little More Love (U. W. Ritgen) 
17. Mickey's Monkey (E. Holland/L. Dozier/B. Holland)

■Personnel
Tommy Heart – Lead Vocals
Helge Engelke – Guitars, Backing Vocals
Andy Malecek – Guitars
Ule W. Ritgen – Bass, Backing Vocals
C. C. Behrens – Drums

Torsten Lüderwald - Keyboards

Producer – Fair Warning

Soul Doctor / Soul Doctor (2001)

0256Soul Doctor










Fair Warning脱退後トミー・ハートが結成したSoul Doctorr(ソウル・ドクター)の1stアルバム。トミーのFair Warning脱退の経緯については本作ライナーノーツに詳述されていますが、簡単に言ってスタジオ録音がメインでライブに消極的なバンドの姿勢が不満だったということらしいです。Fair Warningの主導権はウレ・リトゲンとヘルゲ・エンゲルケが握っており、曲作りも独占されていることにもフラストレーションが溜まっていたのでしょう。2000年の来日公演を前にアンディ・マレツェクが一足先に脱退しており、公演後にトミーが抜けFair Warningは解散状態に陥ることになります。

さて、このトミー・ハートの新バンドSoul Doctor、トミー以外のメンバーですが、まずギターにクリス・ライン。トミーの幼馴染だそうで、1980年代にトミーと共にHeartlyneというバンドを組んでいました。ハートとラインでハートラインなわけですね。ベースはJ.D.ことBonfireのヨルグ・ダイジンガー。ドラムはザッキーことアタナシオス・ツォウカス(Athanasios Tsoukas)、なんだかビザンツ皇帝のようなスゴイ名前のこの人はドイツのメタル・バンドAttackの出身です。そして、プロデューサーのジム・ヴォックスはドイツのHRバンドSkew Siskinのギタリスト。ついでにAdditional musiciansですが、クラッシュ・クリックはSkew Siskinのドラマー、アレクサンダー・ストローチは元Heartlyneのキーボード奏者。イゴール・フラッハは故人ですがドイツのブルース・ハープ奏者。ちなみに、Skew Siskinのベーシストであるヨギー・ラウテンベルクは元Heartlyneのメンバーで、後にSoul Doctorにも参加します。こうして見てくると、Soul Doctor、Heartlyne、Skew Siskinは相互に関係が深く、Zeno~Fair Warning系のつながりとは別のトミーの人脈が伺えます。

そういう人脈を反映して本作のサウンドも、Zeno~Fair Warningに共通した叙情的なメロディアス・ハードロックとは異なり、ロックン・ロールとブルースをベースにした、オーソドックスなハードロックとなっています。Fair Warningにはその要素が全くなかった泥臭ささえ感じられるものの、乾いた感じは受けない音、たとえて言うなら初期Gotthardに類似しているかな。そんなわけで、Soul DoctorにFair Warningの面影を見出すのは難しいでしょう。もちろん、高揚感に満ちたトミー・ハートの声と歌いまわしは変わらないので、その点ではFair Warning同様に不安なく楽しめます。ロックン・ロール調の曲だとロバート・プラントを思わせるような歌いっぷりで、これはこれでまたカッコいいです。なお、Foreignerのカバー#1"Soul Doctor"以外は、収録曲は全てバンドとスティーヴ・プランケット(Autograph)によって書かれたもの。ストレートかつシンプルですが、ライブ映えしそうな曲ぞろいです。なるほどトミーはこういう音楽がやりたかったのかと納得できます。しかしまあ、これだけのテンションとパワー感を、スタジオ録音に詰め込んだこのバンドとプロデューサーの力量は大したもんだなぁと感心しました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Soul Doctor
02. Shake 'Em On Down
03. Goodbye
04. Before The Night Is Over
05. Unspoken Words
06. What Do U Want
07. Who Will Be There
08. You're All That I Want
09. Down The Blvd.
10. Emotion In Motion
11. Does It Feel Like Love
12. Wild And On The Run [bonus track]
All songs written by T. Heart, C. Lyne, J. Deisinger, Zacky and Steve Plunkett
except "Soul Doctor" written by M. Jones/L. Gramm

■Personnel
Tommy Heart - Vocals
Chris Lyne - Guitar
J.D. - Bass
Zacky - Drums

Additional musicians - Crash Klick, Alexander Strauch, Andreas Kemper, Igor Flach

Producer - Soul Doctor
Co-producer - Jim Voxx

The 13th Apostle / S.I.N. (2007)

0240The 13th Apostle










ドイツのHR/HMグループS.I.N.の3rdアルバム。1st、2ndでボーカルを担当したジェイソン・マークスは喉の不調のために脱退、替わってノルウェーのハードロック・バンドHushのパトリック・シモンセンが参加しています。またベース専任でヤン・エバートが新メンバーとなっています。デディ・アンドラー(Gt、Key)、ウォルフガング・フランク(Gt、Key、Ba)、アレックス・フロウシェク(Dr)の3人はこれまで通りです。さらに、バッキング・ボーカルにカーステン・シュルツ(Domain、Evidence One)、コニー・アンドレスカ(Crystal Ball、Circle Of Pain)、ボバン・ミロイェヴィッチ(Snake Eye)などが参加しています。

S.I.N.は、曲はメロハーでサウンドはメタルという一貫したスタイルを保っているバンドです。前作は「ドラマチック・メロハー」と名付けたくなる劇的な曲調で楽しませてくれましたが、本作はより一層メタル寄りの音となり、またコンセプト・アルバムということでナレーションが入ったり組曲風な複雑な曲展開となっており、正直「?」となりました。これは筆者にはダメです。前作までのジェイソン・マークスのボーカルが好みではなかったので、Hushでの渋めの歌唱が気に入っていたパトリック・シモンセン加入にはとても期待したのですが。。。曲の部分部分はカッコいいのに、何度聴いてもメロディが心に残らず、アルバム全体の印象が散漫。大きな会場で、ロック・オペラみたいなライブ・パフォーマンスを体験したら、それはそれで楽しいのかも知れないけれど、CDで聴いてもあんまり面白くない。なんでコンセプト・アルバムとかやりたがるのかなぁ。

S.I.N. はこのアルバムの後、今のところ新作が出ていないし、バンドのサイトも2009年から更新されておらず、もしかしたら自然消滅しちゃってるのかもしれません。2ndの路線でもっとやってくれたらいいんだけどなぁ。もったいないです。ちなみにHushのほうはバンド活動は続いているのようなので、パトリック・シモンセンのファンとしては一安心です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。 

■Tracks
01. Prelude
02. Signs Of Doubt
03. Awakening
04. Junia's Eyes
05. Chosen Are Few
06. In Your Darkest Hour
07. The Faithful Offer
08. Sealed With A Kiss
09. Tears Of Gethsemane
10. Failure
11. For Eternity And Beyond
12. His 13th Apostle
13. Circuit
14. Are We Still One? [Bonus Track for Japan]
All music written by Andler, Frank, except 14 written by Andler, Hlousek
All lyrics by Ana Kugli, except 14 by Hlousek

■Personnel
Deddy Andler – guitars, keyboards
Wolfgang Frank – guitars, bass, keyboards, backing vocals
Alex Hlousek – drums, percussions
Patrick Simonsen - vocals, backing vocals
Jan Ebert - bass

Carsten "Lizard" Schulz - backing vocals, narration
Renee Walker - backing vocals
Connie Andreszka - backing vocals, guitar solo on 8
Boban Milojevic - backing vocals

Producer - Deddy Andler, Wolfgang Frank 

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ