メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

イギリス(UK)

Once Bitten...Twice Shy / SHY (1983)

0212Once Bitten Twice Shy










NWOBHM末期にデビューしたバーミンガム出身のSHYの1stアルバム。元々Trojanというバンドを組んでいたスティーヴ・ハリス(Gt)、パディ・マッケンナ(Key)、マーク・バドリック(B)、アラン・ケリー(Ds)に、トニー・ミルズ(Vo)が加わり、バンド名をSHYに変えてバンドはスタートします。メンバー脱退、活動停止、再結成などの紆余曲折を経て、2011年リーダーであるスティーヴ・ハリスの病死により、SHYが終焉を迎えたのはまだ記憶に新しいところです。オリジナルLPはEbony Recordsというインディーズ・レーベルからリリースされ、レコーディングもEbony Records所有のスタジオで行なわれています。プロデュースはEbony Recordsのオーナーであるダリル・ジョンストン。Neat Metalレーベルによって1998年に初CD化され、ボーナス・トラックとして"All on You"を追加、日本盤には加えて"Throwing It All Away"も追加収録されています。

インディーズということで、またジャケットの酷さからも想像がつくように、音質はかなり悪いです。ギリギリの予算で作られた感がモロに出ています。特にギターの音の汚さには萎えます。演奏は全体にバタバタしてせわしなく、楽曲の練り込みも不十分。ただし、それらを補って余りあるのはバンドの「勢い」です。未熟で荒削りとしか言いようのないアルバムなのですが、その若さほとばしる「勢い」に何故か感動してしまいます。NWOBHMにカテゴライズされるバンドとしては、Praying Mantisと並んでメロディアスさが際立っており、後年の完成度には程遠いものの、メロハー好きならぜひ聴いておきたい作品でしょう。ただ、現在は廃盤のため高値となってしまっており、ぜひ再発をお願いしたいところです。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Deep Water (Steve Harris)
02. Take It All The Way (Steve Harris, Paddy McKenna)
03. Give Me A Chance (Alan Kelly)
04. Think Of Me (Steve Harris)
05. Tonight (Steve Harris)
06. Chained By Desire (Steve Harris, Tony Mills)
07. Reflections (Steve Harris)
08. Once Bitten, Twice Shy (Steve Harris, Tony Mills)
09. All On You [Bonus Track] (Steve Harris)
10. Throwing It All Away [Japanese Bonus Track] (Steve Harris)

■Personnel
Tony Mills - vocals
Alan Kelly - drums
Steve Harris - lead guitar
Paddy McKenna - keyboards
Mark Badrick - bass

Producer – Darryl Johnston


Acoustical Intercourse / FM (1992)

0205Acoustical Intercourse









1992年11月14日ロンドンでの公演を収録したFMのアコースティック・ライブ・アルバム。ブックレット記載のピート・ジャップの解説によると、91年から始まったアコースティック・ライブが好評でツアーをやることになり、最終的にライブ・レコーディングにまで至ったとのこと。ブルース、R&Bのカヴァーとオリジナル曲を取り混ぜながら、渋くて熱いパフォーマンスを繰り広げています。アコースティック・ライブとは言うものの、完全生のアンプラグドではないので、ほとんど通常のライブ盤ですね、これは。フリートウッド・マックの"Need Your Love So Bad"、ウィルソン・ピケットの"Midnight Hour"、フリーの"Little Bit Of Love"、Z.Z.トップの"Tush"など大好きな曲をやってくれていてうれしかったなぁ。またメロディアスな初期FMメドレーも、これまたうれしい選曲です。もちろん、名曲"Closer To Heaven"はライブでも抜群に素晴らしく、スティーヴ・オーヴァーランドのしみじみとした歌唱は感動ものです。蛇足ですが、アンディ・バーネットがリード・ボーカルを担当しているのが数曲があって、意外に歌が上手くてびっくりです。

なお本作は当初日本国内のみでのリリースでしたが、後に海外でもNo Electricity Required というタイトルで発売されました。こちらにはダン・リード・ネットワークの"Long Way To Go"が追加収録されています。また、日本企画盤Closer to Heaven に収録されていた"Burning My Heart Down ('93 version)"、"Flesh and Blood"、"Don't Stop ('93 version)"、"All or Nothing (Racket Mix)"の4曲がDisc2としてカップリングされた2枚組仕様のものもあるようです。本作リリース当時、ビデオ・LDも発売されていましたが、残念ながら現時点ではDVD化されていないようです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Seagull (P. Rodgers, M. Ralphs)
02. Need Your Love So Bad (M. John)
03. Rocky Mountain Way (J. Walsh, R. Grace, K. Passarelli, J. Vitale) / Black Velvet (D. Tyson, C. Ward)
04. Burning My Heart Down (S. Overland, C. Overland, D. Child) /Don't Stop (M. Goldsworthy, P. Jupp, D. Digital) /Get Back (J. Lennon, P. McCartney)
05. Blood And Gasoline (FM)
06. Superstition (S. Wonder)
07. Heard It Through The Grapevine (N. Whitfield, B. Strong) / Stone Fox Chase (C. McCoy, P. Haley, K. Buttrey)
08. Some Kind Of Wonderful (G. Goffin, C. King)
09. Midnight Hour (S. Cropper, W. Pickett) / Dancin' In The Street (I. J. Hunter, W. Stevenson, M. Gaye)
10. Face To Face (S. Overland, C. Overland, P. Jupp) / Enter Sandman (J. Hetfield, L. Ulrich) / American Girls (S. Overland, C. Overland) / Other Side Of Midnight (M. Goldsworthy, P. Jupp)
11. Closer To Heaven (FM)
12. Only The Strong Survive (M. Goldsworthy, P. Jupp, S. Overland, A. Barnett)
13. Little Bit Of Love (P. Rodgers, A. Fraser, P. Kossoff, S. Kirke)
14. Rockin' Me (S. Miller)
15. Tush (B. Gibbons, D. Hill, F. Beard)

■Personnel
Steve Overland - vocals, guitar
Merv Goldsworthy - bass, vocals
Pete Jupp - drums, vocals
Andy Barnett - guitar, vocals

Charlie Olins - keyboards
Mitt - harmonica

Producer - FM/Andy Reilly
Executive Producer - Graham Oakes



Bridge of Fools / Heartland (1997)

0194Bridge of Fools










イギリスのメロディック・ロック・グループ、ハートランドの4作目。ハートランドってジャケットのダサいバンドっていうイメージが、もう自分の中で定着してしまってますけど、それにしてもこのジャケット酷すぎ。国内盤はまだましですが。

2ndと3rdは実質クリス・ウーズィーのソロ作品で、しかもリズム・パートは打ち込み多用という、ほとんど宅録自主制作状態だったため、なんとも不完全燃焼の感がありました。本作では、オリジナル・メンバーだったドラムのスティーヴ・ギブソンが戻り、ベースとキーボードにも専任メンバーを加え、久しぶりにバンドらしいサウンドが展開されています。クリス・ウーズィーのボーカルも、バンドの音に乗ってようやく躍動感を取り戻しました。出だしの#1"Tomorrow Won't Wait"、#2"Castles in the Sand"とノリの良い曲が続き、この人ならではのダイナミックな歌唱にワクワクしてきます。哀愁たっぷりの#5"Elena"、#9"Hardworking Man"など楽曲も概ね出来が良いという印象です。

ただし、相変わらず音があまり良くない。ベールを被ったようにこもっていて、どうにももどかしい音です。Escapeレーベルのもとで制作環境は整っていたはずなのに、なんでこうなるのでしょうか。それから、前作でも感じたことですが、スティーヴ・モリスは確かにギターは上手いのものの、音色に魅力がないんです。それは特にディストーションをかけた音に顕著です。また、ギターのアンサンブルに精緻さはあっても、スケールの大きさが感じられない。1st、2ndのゲイリー・シャープが大自然を感じさせたのに比べて、まるで良く出来た箱庭のようなチマチマしたイメージ。申し訳ないけど、やっぱりゲイリー・シャープのほうが良かったなぁ。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Tomorrow Won't Wait
02. Castles in the Sand
03. Where the Pieces Fall
04. I Will Wait for You
05. Elena
06. Front Page News
07. Only a Heartbeat Away
08. Not Till Heaven Falls
09. Hardworking Man
10. Feels Like Magic
11. Still Got my Feet on the Ground
12. Don't Let the Fire Die
13. These are the Days [Bonus Track]
All songs by Steve Morris/Chris Ousey

■Personnel
Chris Ousey - vocals
Steve Morris - guitars, keyboards
Chris Lloyd - keyboards
Steve Gibson - drums
Tim A Duncan - bass

Producer - Steve Morris
Executive Producer - Khalil Turk, Chris Ousey

Truth or Dare / Change of Heart (2005)

0187Truth or Dare










イギリスのメロハー・バンド、Change of Heartの3枚目のアルバム。前作から5年ぶりのリリースとなっており、バンド・メンバーはアラン・クラーク(vo)、ジョン・フッティット(gt)、デイヴ・チャップマン(key)の3人に減っています。過去2作ではHeartlandとThe Distance絡みのミュージシャンがサポートに入っていましたが、本作ではFMのスティーヴ・オーヴァーランドとピート・ジャップが参加しています。また、1stでも関わっていたスティーヴ・モリスも再登板しています。スティーヴ・モリスはHeartlandのメンバーであると同時にスティーヴ・オーヴァーランドとShadowmanを組んでいるので、その流れで両スティーヴが顔を揃えたのかもしれません。

いかにもイギリスのバンドらしい陰りと湿り気のある曲調、サウンドはこれまで通りです。マイナー調の曲はもちろん、メジャーの曲でも爽快さより哀愁を感じさせるというこのバンドの特徴も健在。ただ、切なさが胸に迫るほどだった前作に比べて、楽曲がやや間延びしておりその点が残念です。前作があまりに良すぎたため、もっと上を期待する心理からそう聴こえるのかもしれません。また、クリス・ウーズィーを聴きやすくしたようなアラン・クラークのボーカルも、心なしか前作より不安定。このChange of Heart、本作からもう10年近く新しいアルバムのリリースがありません。まだ活動しているのかも不明ですが、ぜひ2ndを超えるような作品もう一度作ってもらいたいと切望しています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Burned
02. Farlands
03. Desperate Heart
04. Hold On
05. Falling From The World
06. Truth Or Dare
07. Don't Cross The Line
08. Taking My Time
09. Keep On Believing
10. I Will Remember You
11. Never Fall
All songs are written by Alan Clark & Dave Chapman

■Personnel
Alan Clark - lead vocals, bass guitar
Dave Chapman - keyboards, backing vocals
John Footit - guitars

Pete Jupp - drums
Steve Overland - backing vocals
Steve Morris - acoustic guitars

Producer - Steve Morris, Steve Overland
Executive Producer - Khalil Turk

Blue Murder / Blue Murder (1989)

0179Blue Murder










ジョン・サイクスがホワイトスネイク脱退後に結成したブルー・マーダーの1stアルバムです。このバンド、HR/HMを聴く人なら知らない人は少ないだろうし、今さら感はありますが、メンバーはジョン・サイクスの他、ヴァニラ・ファッジ、カクタス、BBA、キング・コブラなど1960年代から豊富なキャリアを持つドラマーのカーマイン・アピス、ジミー・ペイジとポール・ロジャースのザ・ファームに在籍したトニー・フランクリン。当初ドラムにはコージー・パウエルが参加予定だったものの、ボーカリスト選定に手間取っている間に離脱、結局ドラムはカーマイン・アピス、ボーカルはジョン・サイクス自身が担当し本作はレコーディングされました。アディショナル・ミュージシャンは、キーボードにニック・グリーン、ジョン・ウェブスター、バック・ボーカルに、マーク・ラフランス、デヴィッド・スティール。プロデューサーは、本作以前だとキングダム・カム、以降だとモトリー・クルー、メタリカ、スキッド・ロウなどを手がけているボブ・ロックです。

サウンドはホワイトスネイク+シン・リジィ。ジョン・サイクスのキャリアそのまんまやんけ、という感じなのですが、これは古今東西数あるハードロック・アルバムの中でも屈指の名盤だと思います。雷鳴のごときカーマイン・アピスのドラム、ウネリまくりハネまくる暴風のようなトニー・フランクリンのフレットレス・ベース、そしてジョン・サイクスの集中豪雨的ギター・ソロ。これはまさにハリケーンです。タイフーンです。大変なことになっています。当初誰もが一抹の不安を抱いたジョン・サイクスのボーカルも完璧。なによ、歌すげー上手いじゃん!曲調はどれもブルージーでメロディアス、そして男が言うのもなんですがセクシーですな。音がややこもっているのですが、聴きなれると気になりませんし、ピッキング・ハーモニクスが厚雲の中で光る稲妻みたいで逆に雰囲気いいです。ちなみに筆者が聴いているのはオリジナル盤。リマスター盤だと音は良くなっているのかもしれませんが未確認です。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Riot (John Sykes)
02. Sex Child (John Sykes)
03. Valley of the Kings (John Sykes/Tony Martin)
04. Jelly Roll (John Sykes)
05. Blue Murder (John Sykes/Tony Franklin/Carmine Appice)
06. Out of Love (John Sykes)
07. Billy (John Sykes)
08. Ptolemy (John Sykes)
09. Black-Hearted Woman (John Sykes/Tony Franklin/Carmine Appice)

■Personnel
John Sykes - guitars, lead & background vocals
Tony Franklin - bass guitar, background vocals
Carmine Appice - drums, background vocals

Nik Green - keyboards
John Webster - additional keyboard progrmming
Mark LaFrance - additional background vocals
David Steele - additional background vocals

Producer - Bob Rock

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ