メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

イギリス(UK)

Brave The Storm / SHY (1985)

0289Brave The Storm










英国産メロディアス・ハードロック・バンド、SHYの2ndアルバム。RCAからリリースされたメジャー・デビュー盤です。メンバーは前作と同じトニー・ミルズ(Vo)、スティーヴ・ハリス(Gt)、パット・マッケンナ(Key)、アラン・ケリー(Ds)、新加入のロイ・ディヴィス(B)の5人。インディーズで制作された1stのチープ過ぎるサウンドに比べて、さすがに格段に良好な音になっています。プロデュースはHR/HM系ではSamson、Krokus、Motörhead、Uriah Heep等を手がけた実績のあるトニー・プラット。80年代風のゴージャスなサウンドなのは間違いないけれど、逆にオーバー・プロデュース気味というか、1stで感じられた荒削りで生々しい勢いが抑えられてしまった印象です。その割りにドラムが相変わらずドタバタして落ち着きません。ウリであるトニー・ミルズのハイトーン・ボーカル、確かにすごいのですがやや一本調子なのも気になります。

一方、バンドの要のスティーヴ・ハリスは実力に磨きがかかっています。曲作りの才能、ギターを歌わせるセンスは、アマチュア然とした1stでも感じ取れましたが、本作ではその器の大きさをまざまざと示しました。特に、1st収録曲の再録音である#3"Reflections"のソロの素晴らしさはどうでしょう!フレーズはほとんど同じなので聴き比べてみるのも面白いです。泣かせてやろうと言わんばかりに力んだ1stバージョン、孤独と空虚を抱え込んで静かに涙する2ndバージョンといったところでしょうか。概して曲の出来は良く、タイトル・トラックの#6"Brave The Storm"、#8"Caught In The Act"あたりは名曲レベル。アメリカ指向のバンドとよく言われますが、歌メロといいギター・フレーズといい、ちっともカラっとしてないのはやはりブリティッシュ・ロックならではです。

なお、オリジナルLP収録は9曲でしたが、CD化にあたって"Hold On (To Your Love)"のシングル・バージョン、本作のアウトテイク(というか未完成トラック)"Strangers In Town"、ライブ(客無しなのでリハか?)曲"Two Hearts"と"Behind Closed Doors"、計4曲が収録されました。"Behind Closed Doors"はメタリックな演奏と美しいメロディが印象的で、珍しく嬉しいボーナスです。さらに日本盤には1st収録曲"Deep Water"と"Give Me A Chance"が追加で収められています。ミックス違いのような表記がありますが、実際は同じものです。2曲だけですが、入手しずらい1stの雰囲気を知る手がかりにはなります。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Hold On (To Your Love) (S. Harris/P. McKenna/A. Kelly)
02. My Apollo (S. Harris/T. Mills)
03. Reflections (S. Harris)
04. Keep The Fires Burning (S. Harris/A. Kelly)
05. The Hunter (S. Harris)
06. Brave The Storm (S. Harris/T. Mills)
07. Wild, Wild Woman (S. Harris/T. Mills)
08. Caught In The Act (S. Harris/P. McKenna)
09. Was I Wrong? (S. Harris/T. Mills/A. Kelly)
Bonus Tracks
10. Hold On (To Your Love) (Extended Version)
11. Strangers In Town (S. Harris/T. Mills)
12. Deep Water ("Once Bitten" Mix) (S. Harris)
13. Give Me A Chance ("Twice Shy" Mix) (S. Harris/A. Kelly)
14. Two Hearts (Live) (S. Harris)
15. Behind Closed Doors (Live) (A. Kelly)

■Personnel
Tony Mills - Vocals
Alan Kelly - Drums
Steve Harris - Guitar
Pat McKenna - Keyboards
Roy Stephen Davis - Bass

John Sinclair - Backing Vocals
Peter Goalby - Backing Vocals

Producer – Tony Platt


Hot Tonight / Lionheart (1984)

0275Hot Tonight









元Iron Maidenで、後にPraying Mantisに合流するデニス・ストラットンが結成したLionheart(ライオンハート)。彼らが1984年に1枚だけ残した作品です。他のバンド・メンバーは、チャド・ブラウン(Vo)、ロッキー・ニュートン(B)、スティーヴ・マン(Gt, Key)。この3人は後にそれぞれMcAuley Schenker GroupやAndy Scott's Sweetに参加しています。ドラムはセッション・ドラマーのボブ・ジェンキンスとなっています。録音はLA、プロデュースは70~80年代にREO SpeedwagonやJefferson Starshipを手がけてきたケヴィン・ビーミッシュということで想像がつくような、当時日本で「産業ロック」とくくられたサウンドとなっています。

実績ある外部ライターも起用されており、おまけにサックスまで入れて、まあコテコテの売れ線狙いのAOR寄り「アメリカン産業ロック」なんですが、その割りに楽曲が耳に残らない。チャド・ブラウンのボーカルは、高い声が出ますってだけで歌唱力は大したことないし旨味も感じられない。筆者にとってはあまり良い印象のない作品です。スティーヴ・マンのリード・ギターぐらいしか聴き所がない。Praying Mantisとの共通性が云々されることもありますが、デニス・ストラットンには悪いけど、この路線とマンティスとは似て非なるものだと思います。

オリジナルはLP時代に出されその後何度かCDで再発されており、2012年に日本のルビコン・ミュージックからリリースされた盤はリマスター&紙ジャケ仕様でボーナス・トラック3曲が収録されているようです。蛇足ですが、イカだとばかり思っていたジャケット絵、実はオシャレなサングラスだったと最近気付きました。。

※なんとLionheartが再結成して、Praying Mantisと一緒に今年6月~7月来日公演を行うとのこと。驚きました。編成はオリジナル・メンバーのデニス・ストラットン、スティーヴ・マン、ロッキー・ニュートンの他、ボーカルは元Shyのリー・スモール、ドラムはLionheartにも一時在籍し、UFOやRococoで叩いていたクライブ・エドワーズだそうです。
 
評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Wait For The Night (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)
02. Hot Tonight (D. Stratton, K. Stewart, R. Newton, S. Mann)
03. Die For Love (R. Bugatti, M. Rymaszewski, R. Gavin)
04. Towers Of Silver (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)
05. Don't Look Back In Anger (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)
06. Nightmare (C. Towns)
07. Living In A Dream (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)
08. Another Crazy Dream (G. Norbis, J. Swan)
09. Dangerous Game (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)

■Personnel
Rocky Newton - Bass Guitar, Backing Vocals
Dennis Stratton - Guitar, Backing Vocals
Steve Mann - Lead Guitar, Keyboards, Backing Vocals
Chad Brown - Lead Vocals

Bob Jenkins - Drums
Gary Herbig - Saxophone on #1, #8
Ray Kelly - Cello on #1

Producer – Kevin Beamish
Executive-Producer – Nigel Thomas

 

Forever In Time / Praying Mantis (1998)

0273Forever In Time









1998年リリースされたPraying Mantis(プレイング・マンティス)の5thアルバム。前作To The Power Of Ten は、ダミ声で歌い回しも個性的なゲイリー・バーデンを起用し、楽曲もこれまでのマンティスからするとやや異色で、ちょっと冒険的要素のあるアルバムでしたが、本作はいかにもマンティスらしい作品となっています。新ボーカルのトニー・オホーラは、癖のない伸びやかな歌唱でA Cry for the New World のコリン・ピールと同タイプ、楽曲も叙情的で哀愁に満ちた完全マンティス路線で、ファンには堪えられません。流麗なツイン・リード・ギター、分厚いハーモニー・ボーカルは、伝説の1stTime Tells No Lies を思わせ、メロディ・ラインの美しさ、クサさはA Cry for the New World に匹敵。これはもうマンティス史上屈指の名作と断言できます。ただ、あまりにプレマン度が高く、期待通りの楽曲が揃っているため、マンティス愛の深すぎる筆者としては「予定調和」という言葉が脳裏に浮かびました。マンティスらしさを保ちつつも、期待を裏切って欲しい、過去の名盤を凌駕して欲しい、このアンビバレンツな思いを共有していただける方はいるかなぁ。。。まあそんなわけで、以下はどうしてもマンティスだと力が入ってしまう各曲レビューです。

#1"Wasted Years"
柔らかなキーボードに導かれてスタートする、典型的マンティス流叙情メロハー。いいメロディだなぁ。しかし全曲そうなんですが、ドラムの音が軽く、スネアに至ってはデンデン太鼓のようで情けないことこの上ない。対照的にベースはゴリゴリし過ぎ。本作唯一の欠点です。プロデューサーのクリス・タンガリーディス、責任取れ!

#2"The Messiah"
うっとりするようなツインリードに続いて、中近東風な音階を使った暗めの歌い出し、そして明るい雰囲気のブリッジから美しく力強いコーラスへというドラマチックな展開が秀逸。終盤のギター・ソロもリリカルで美しい。作詞はゲイリー・バーデンなので、彼が在籍時に出来ていた曲と思われます。ゲイリー・バージョンがもしあるのなら、それも聴いてみたいような、みたくないような。。。

#3"Best Years"
イントロのツインリード・ギター・フレーズからしてこれでもかというくらい感傷的で、ヴァースもコーラスもメロディはあまりにクサく、あまりに歌謡曲的。これは褒め言葉です。80年代にチェッカーズとかが日本語でカバーしたら、ザ・ベストテン連続4週1位間違いなしでしょう。本作のハイライト曲であり、マンティスの数多い名曲の中でも1、2を争う出来。マジにうっすら涙ぐんでしまうことがある曲です。クレジットを見ると、デニス・ストラットンが作曲のイニシアチブをとっているんですね。過ぎ去った青春を追想するほろ苦い歌詞も彼の書いたもの。ライオンハートやPredator in Disguise の良くないイメージがあったけど、見直したぜ、デニス!!
「この曲を聴け!」というサイトで、筆者と同じようにマンティス病に罹患した人達が色々書いていますが、一々納得で思わず笑ってしまいました。

#4"Blood Of An Angels"
この曲もメロディが素晴らしいです。ブリッジ部分や、コーラスが特に印象的で、一度聴いたら忘れられません。ライブでみんなで大合唱したくなる名曲です。

#5"Valley Of The Kings"
歌詞の壮大なテーマにふさわしいスケールの大きな曲。後半テンポ・アップしてからのツイン・リード・ギターと、"ride on warrior~"と繰り返すコーラスは、曲調は違うもののツイン・リードの先輩格Wishbone Ashの"Warrior"を思い出させます。

#6"Changes"
これもジャパニーズ歌謡曲的で、耳にしっくり馴染みます。サビがちょっと弱いけれど、ヴァース部分のメロディはかなり良いです。曲の最後のほうで、ボーカルとギターが絡み合うところが哀愁も高揚感も最高潮でグッと来るなぁ。

#7"Man Behind The Mask"
#2"The Messiah"と同様、作詞がゲイリー・バーデンなので、彼が歌うのを前提に作られたのでしょう。そのせいか、なんとなくTo The Power Of Ten の作風に近いものを感じます。この曲はなんと言ってもサビの"あーい、あーい"が最高。やはりライブで大合唱したくなる曲です。リード・ギターも壮絶なプレイを聴かせるというより、楽曲のアンサンブルに組み込まれていて、そこがマンティスらしくて好ましいです。

#8"Remember My Name"
このアルバム唯一のスローなバラード曲。ここまでずっと名曲の目白押しで息もつけない展開でしたが、ちょっと一段落です。書いたのはトニー・オホーラで、やはりトロイ兄弟の楽曲とは違う感じがしますね。このアルバムは6分、7分の長尺の曲が多く、この曲も6分以上あります。悪くないメロディですが、この曲に限っては長尺ゆえの冗長感が否めないのが惜しい。

#9"The Day The Sun Turned Cold"
ムード歌謡ですかっていう甘いイントロから一気に加速して、マンティスには珍しいケルティックなメロディへ、そしてフラメンコ風のギター・パートへと、目まぐるしくドラマチックに変化する曲展開が素晴らしい。

#10"Forever In Time"
怒涛のように名曲・佳曲が続いた本作を締めくくるのはタイトル・トラックで、これまたマンティス史上に残る名曲。トロイ兄弟が亡くしたばかりの父親に捧げた曲で、美しく、哀しく、劇的で、しかもスケールが大きい。最後のサビで一度だけ歌われる、"forever, forever, forever, forever in time"というフレーズに込められた万感の思いに、魂を揺さぶられてしまいます。一生の宝物になる歌に出会えて良かった。 

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Wasted Years (music : C. Troy/T. Troy lyrics : C. Troy)
02. The Messiah (music : C. Troy/T. Troy lyrics : G. Barden)
03. Best Years (music : D. Stratton/T. Troy/C. Troy lyrics : D. Stratton)
04. Blood Of An Angels (music : C. Troy lyrics : C. Troy)
05. Valley Of The Kings (music : C. Troy/T. Troy lyrics : C. Troy)
06. Changes (music : T. Troy/C. Troy lyrics : C. Troy)
07. Man Behind The Mask (music : C. Troy/T. Troy lyrics : G. Barden)
08. Remember My Name (music : T. O'Hora lyrics : T. O'Hora)
09. The Day The Sun Turned Cold (music : C. Troy lyrics : C. Troy)
10. Forever In Time (music : C. Troy lyrics : C. Troy)

■Personnel
Tony O'Hora - Lead and Backing Vocals
Chris Troy - Bass Guitar, Backing Vocals, Keyboards
Bruce Bisland - Drums, Percussion
Dennis Stratton - Guitars, Backing Vocals
Tino Troy - Guitars, Backing Vocals, Keyboards

Jazz O'Hora - Additional Backing Vocals
Jan Parker - Additional Backing Vocals
Paul Heeren - Additional Backing Vocals

Producer - Chris Tsangarides, Praying Mantis

 

Out Of My Tree / Sykes (1995)

0267Out of My Tree










Blue MurderからSykesにバンド名を変えて1995年にリリースされたジョン・サイクスのアルバム。リズム隊はBlue Murder時代と同じくマルコ・メンドーサ(Ba)、トミー・オスティーン(Ds)で、トリオ編成となっています。んー、これはいわゆる問題作ですね。Nothin' But TroubleではSmall Facesのカバーや軽めなR&Rノリを取り入れ、古典的で重厚なハードロックからの脱却という変化が垣間見れましたが、その指向が更に強まっています。Sweet+パンクな#2"I Don't Wanna Live My Life Like You"に、まずゲッ?となりました。その後もBeatles風だったりモロにグランジ風だったりする曲が目立ち、何もここまでやらなくてもいいだろうというのが第一印象でした。しかし何年も聴いていると、それなりに耳に馴染んできて、不思議とこれはこれでアリかと思えてきます。本人がインタビューで言っているように、アルバム全体を通してイギリスっぽさが貫かれているのも感じ取れました。逆にセルフ・コピーっぽい#8"Do Or Die"はいただけないと感じてしまいました。もちろん従来路線の#1"Soul Stealer"、#6"Black Days"、得意のロマンチック&センチメンタルなバラード#9"If You Ever Need Love"、ジミヘン風の#4"Standing At The Crossroads"などは文句なしにカッコいいです。ま、ギター・ソロは良くも悪くもいつも同じ趣向なんですが。それからマルコ・メンドーサのベース、こいつは相変わらず最高です!

 評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Soul Stealer
02. I Don't Wanna Live My Life Like You
03. She's All Action
04. Standing At The Crossroads
05. I Don't Believe In Anything
06. Black Days
07. Jesus & Mary
08. Do Or Die
09. If You Ever Need Love
10. Sleep On
All songs written by John Sykes

■Personnel
John Sykes - Guitar, Vocals, Background Vocals. Bass
Marco Mendoza - Bass
Tommy O'Steen - Drums

Jim Siterly - Strings

Producer - John Sykes

 

Blood From Stone / Dare (1991)

0623Blood From Stone










イギリスのメロハー・バンドDare(デアー)の1991年にリリースされた2ndアルバムです。Dareはハードロックと呼ぶにはいささか静かでふんわりしたサウンドが特徴なわけですが、どういうわけかこのアルバムだけはギンギンのハードロックをやってます。それが災いしたのかどうか、本作リリース後DareはA&Mから切られて解散(活動休止?)となり、数年後に独立系レーベルで復活作を発表と、多くのHR/HM系バンドと同じ道を歩むことになります。

さてこのアルバムは、心に響くケルト風メロディと劇的な曲展開が印象的な#1"Wings Of Fire"、#2"We Don't Need A Reason"で、まずガツンとやられます。続く、哀愁メロハーと言うには力強すぎる#3"Surrender"では、ヴィニー・バーンズのギターもマイケル・シェンカーばりに歌いまくり、泣きまくりです。ここまでハードなサウンドだと、ダレン・ウォートンのか細いボーカルではちょっとツライものがありますが、とにかく出だしの3曲は上出来です。ところが、ところが。。。その後はずっとヴァン・ヘイレン+ボン・ジョビ状態になります。アメリカン・ロック風のメロディと乾いたサウンドだったり、妙に明るく燥いだ感じだったりしてがっかりです。Dareにこういう音は求めていないんだよなぁ。なんか無理してる感じがつきまとってるし。頭3曲と残り7曲の差が有り過ぎです。

バンドのメンバーは、リーダーのダレン・ウォートン(Vo)、ヴィニー・バーンズ(Gt)、ブライアン・コックス(Key)の3人は1stと変わらず。ベースはナイジェル・クラッターバックに、ドラムはグレッグ・モーガンにチェンジしています。また、Additional musicianとして、ドラムにジェイムス・コタック、ベースにジェフ・ピルソン、バック・ボーカルにトミー・ファンダーバークとジョン・レヴェックがクレジットされています。プロデューサーはキース・オルセン、エンジニアはシャイ・ベイビー。ダレン・ウォートンは1991年Wild Horsesというバンドで、コタック、ピルソン、レヴェックと共にアルバムを1枚出しており、こちらもプロデューサーはオルセン、エンジニアはシャイ・ベイビー。まんま横すべりのメンツです。

蛇足ながら、このブログ記事を書くに当たって初めてyoutubeにある当時のビデオを見たのですが、ナリもフリもまるでヘア・メタル・バンドのようではありませんか!Dareってこうだったの?気恥ずかしいことこの上ない。今はウォートン氏をはじめ皆さんデブっちょのオッサンと化しているので、この落差に軽く眩暈がします。。。
 
評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Wings Of Fire (Darren Wharton)
02. We Don't Need A Reason (Darren Wharton)
03. Surrender (Darren Wharton)
04. Chains (Darren Wharton/Vinny Burns)
05. Lies (Darren Wharton/Vinny Burns)
06. Live To Fight Another Day (Darren Wharton/Vinny Burns)
07. Cry Wolf (Darren Wharton/Vinny Burns)
08. Break Out (Darren Wharton/Vinny Burns)
09. Wild Heart (Darren Wharton/Vinny Burns)
10. Real Love (Darren Wharton)

■Personnel
Darren Wharton - Vocals
Vinny Burns - Guitars
Brian Cox - Keyboards
Nigel Clutterbuck - Bass
Greg Morgan - Drums

James Kottak - Drums
Jeff Pilson - Bass
Tommy Funderburk
John Levesque

Producer - Keith Olsen


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ