メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

イギリス(UK)

When Angels Call / Heartland (1999)

0399When Angels Call









英国メロハー・バンドHeartlandの6枚目のアルバム。今回はアコースティック企画盤で、既発曲と書き下ろし曲がアコースティック・アレンジで計14曲収録されています。レコーディング・メンバーは、クリス・ウーズィー(vo)とスティーヴ・モリス(g)に加えてスティーヴ・ギブソン(ds)となっています。で、その出来栄えは、まさにエクセレント!名盤1st以降、どこか不満の残るアルバムが続きましたが、これは素晴らしいです。シンプルなアコースティック・アレンジが、クリス・ウーズィーの本来の旨さを際立たせています。スティーヴ・モリスは相変わらず重ね録りしまくっていますが、エレキと違って音の壁になっておらず奥行きとか空気感が感じられるし、スティーヴ・ギブソンの小気味良いドラムも秀逸の一言。いや~、いいですね!

01. Carrie Ann (Ousey/Sharp)
1stアルバムHeartland(1991)収録曲。オリジナルは雄大な景色が目の前に広がるようなサウンド、クリス・ウーズィーの熱唱が印象的な名曲でした。アコースティック・ハージョンは小ぢんまりとしつつも独特の空気感があって、これまたいいです。

02. Knife Edge (Ousey/Bold)
クリス・ウーズィーがHeartland以前に在籍していたVirginia Wolfの1stアルバムVirginia Wolf(1986)収録曲。オリジナルは結構派手目なサウンドですが、ここではちょっとジャズっぽい渋い仕上がりになっています。

03. Never Never Land (Ousey/Morris)
本作のための書き下ろし曲。グルーヴィなノリがカッコいいです。

04. Wide Open (Ousey/Sharp)
2ndアルバムWide Open(1994)のタイトル曲。アコースティック・アレンジに加えて若干テンポが速くなってずいぶんイメージが変わりました。オリジナルの粘っこさが薄れて、フォークロックのような味わいが出ています。

05. Indian Ground (Ousey/Sharp)
これもWide Open収録曲。静謐なバラードですが、パーカッションが良いアクセントになっています。

06. Try Me (Ousey/Morris)
Wide Open収録曲が続きます。オリジナルはレトロ感のあるハードポップでお気に入りの曲でした。本作のバージョンは更に歌唱に味わいが増して最高です。なお、インナースリーヴに記されたクレジットにOusey/Morrisとありますが、Ousey/Sharpの間違いだと思います。

07. Keeping the Faith Alive (Ousey/Morris)
またまたWide Open収録曲。オリジナルもアコースティカルだったので、あまりイメージは変わっていません。これもOusey/Morris作ではなくOusey/Sharp作でしょう。

08. One Night (Ousey/Bold)
Virginia Wolfの2ndアルバムPush(1987)収録曲。AORとかシティ・ポップとか呼ばれるオシャレ系の音で、オリジナルの雰囲気がアコースティックで上手く再現されています。

09. Voodoo Eyes (Ousey/Morris)
3rdアルバムIII(1995)収録曲。タイトル通りブルージーでダークな曲調が魅力的なナンバー。オリジナルはリズム打ち込みだしギターはくどいし、断然こっちの方が良いです。

10. When Angels Call (Ousey/Morris)
これも3rdアルバムIII収録曲。元々いい曲ですが、やはりリズムが生なので更に良くなりました。抑え気味の歌唱にクリス・ウーズィーの上手さが光ります。本バージョンは名曲レベルですね。

11. Carved in Stone (Ousey/Morris)
本作のための書き下ろし曲。軽めのグルーヴ感、都会的なAOR風の曲調がいいですね~。

12. Make It Tonight (Ousey/Bold)
Virginia Wolf収録曲。オリジナルはあまり面白くない曲でしたが、新アレンジでStaple Singersが歌いそうな、ソウルフルで味わい深い曲になりました。

13. I Count the Days (Ousey/Morris)
5thアルバムMiracles by Design(1998)に入っていた曲。他の収録曲とちょっと音質が違うのは、ライナーによれば元々日本のラジオ局での放送用に録音された音源だからだそうです。

14. Only Time Will Tell (Ousey/Morris)
ラストは書き下ろし新曲です。悪くないけれど、これはちょっと地味すぎるかな。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Personnel
Chris Ousey - Vocals
Steve Morris - Guitars, Bass, Keyboards
Steve Gibson - Drums, Percussion

Producer - Steve Morris
Co-producer - Chris Ousey
Executive-producer - Khalil Turk

Native Sons / Strangeways (1987)

0390Native Sons









スコットランドのグラスゴー出身のイアン・J・スチュワート(Gt)、デイヴ・スチュワート(B)兄弟を中心とするメロディアス・ハードロック・バンドStrangewaysの2ndアルバム。本作から二代目ボーカリストとしてアメリカ人シンガーのテリー・ブロックが加入しています。後にThe Sign、Slamer、GiantTなど多くのバンド、プロジェクトで活躍する名ボーカリストだけあって、さすがに前任者とは雲泥の差と言わざるをえません。柔らかでありながらハリのある歌声、繊細な表現力が素晴らしいです。ただ、サウンドの方は前作と同じくバリバリ80年代風のポップなAORハードで、やっぱり好みから外れます。この手の音はアレンジとサウンド・プロダクションが不可分なので、もうどうにもなりません。リバーブかけ過ぎで団子になってるし、スネアの音がパンパンとウザイし、オシャレなキーボードが陳腐だし、なんでこういうのが流行ったのか。60~70年代の素朴な味、2000年代以降のクリアな音像の方が全然いいと思うんだけどなぁ。メロディそのものはいいんです。特に#2"Only a Fool"は名曲レベル。全曲再アレンジで再録音してくれたらうれしいけど無理でしょうね。

なお、筆者の聴いているのは、イギリスのMajestic Rockによる2006年リマスター再発盤で、ボーナス・トラックとして4曲のライブ音源が収録されています。熱気が感じられる良い演奏なのですが、音質的にイマイチなのが残念です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Dance With Somebody (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
02. Only a Fool (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
03. So Far Away (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. D. Stewart)
04. Where Do We Go From Here (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
05. Goodnight L.A. (Lyrics & Music:T. Brock)
06. Empty Streets (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
07. Stand Up and Shout (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
08. Shake the Seven (Lyrics & Music:I. J. Stewart)
09. Never Gonna Lose It (Lyrics & Music:I. J. Stewart)
10. Face to Face (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
Bonus Tracks
11. Stand Up and Shout (Live)
12. Breakin' Down the Barriers (Live)
13. Dance With Somebody (Live)
14. Never Gonna Lose It (Live)

■Personnel
Terry Brock - Vocals
Jim Drummond - Drums
David Stewart - Bass Guitar
Ian Stewart - Lead Guitar

Dave Moore - Keyboards

Producer - John Punter

Precious Ones / Gary Hughes (1998)

0386Precious Ones









UKメロハー・バンドTenのゲイリー・ヒューズの3枚目のソロ・アルバム。リリースは1998年、既にTenの活動は始まっていて、3rdThe Robeと4thSpellboundの間の時期ということになります。音的にはややソフトでAOR色が強いものの、ほとんどTenと変わりません。全曲をゲイリー・ヒューズが書き、基本トラックの録音はTenのヴィニー・バーンズ(g)とグレッグ・モーガン(ds)とゲイリー・ヒューズによって行なわれているので、当然と言えば当然です。また、追加ミュージシャンとしてMilleniumのラルフ・サントーラとトッド・プラントの名前があって「おやっ」と思いますが、どこに参加しているのかはよく分かりません。

本作のハイライトはなんと言っても#1"In Your Eyes"でしょう。哀愁に満ちたメロディとメランコリックな歌声が聴く者の胸に迫ります。ゲイリー・ヒューズの長所が100%発揮されており、ソロ作、Tenを通じてベストの部類に入る名曲だと思います。サビの部分でモータウン風にドラムが倍になるかと思いきやそのままで、一方ベースは終始トットットットッと倍で刻んでおり、これでのっぺりしたバラードにならずに躍動感が出ているのが心憎い。弾いているのはゲイリー・ヒューズ自身です。上手いですね~。その他も、不思議な浮遊感のあるアンサンブルがカッコいい#2"Don't Ever Say Goodbye"、まるっきりTen風のハードなナンバー#4" Give My Love a Try"、#5"Divided We Fall"、ヴィニー・バーンズが泣きまくるスローなブルースロック#11"Heart of a Woman"などは申し分の無い出来だと思います。その一方でバラード曲#3"The Colours of My Life"、#6"The Night the Love Died"、#12"Precious Ones"は、ベタ過ぎと言うかありがちと言うか通俗的と言うか、あまり感心できません。加えて、予算の関係もあるでしょうが、せめてバラードでは「ピアノ音」「ストリングス音」ではなく本物のピアノとストリングスを使ってほしいと思いました。

なお、本作と2ndソロ作Gary Hughesのカップリング盤が2000年に発売され、こちらにはボーナス・トラックとして#13"The Miracle Is You"、#14"Be My Fantasy Tonight"、#15"All Fall Down"の3が収録されています。いずれもオリジナル盤未収録で日本盤EPIn Your Eyesだけに収録されていたものです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. In Your Eyes
02. Don't Ever Say Goodbye
03. The Colours of My Life
04. Give My Love a Try
05. Divided We Fall
06. The Night the Love Died
07. First Light (Instrumental)
08. Wrecking Machine
09. Perfect Ten
10. This Time
11. Heart of a Woman
12. Precious Ones
13. The Miracle Is You [bonus track]
14. Be My Fantasy Tonight [bonus track]
15. All Fall Down [bonus track]
All songs written by Gary Hughes

■Personnel
Gary Hughes - Vocals. Keyboards, Bass Guitars, Guitars
Vinny Burns - Guitars
Greg Morgan - Drums

Todd Plant - Backing Vocals
Jason Thanos - Backing Vocals
Mark 'Kiske' Ashton - Backing Vocals
Ray Brophy - Backing Vocals
Aziz Ibrahm - Guitars
Ralph Santolla - Guitars

Producer - Gary Hughes

Excess All Areas / SHY (1987)

0382Excess All Areas









1987年リリースされた英国産メロディアス・ハードロック・バンドSHYの3枚目の作品。メジャー・レーベルであるRCAのバックアップの下、プロデューサーにDokkenやマイケル・ボルトンを手がけた実績のあるニール・カーノンを迎え、マイケル・ボルトン、デュアン・ヒッチングス(ex-Cactus)、ドン・ドッケン、マイケル・ジェイ等の外部ソング・ライターも動員して、万全の体制で制作されたアルバムです。シングル・カットも3曲に及んでいます。しかしながらレーベル側が期待したほどにはアルバムは売れず、バンドはRCAとの契約を失ってしまうという結果に終りました。

一般の売れ行きは別にして、メロハー・ファンの間では以前からこのアルバムを名作と評する声が多いようです。スティーヴ・ハリスは2011年に、トニー・ミルズも2019年に死去しており、オリジナル・メンバーでのSHYは二度と聴くことはできなくなりました。そんなこともあって、このアルバムを聴くとつい感傷的になってしまいます。哀愁を帯びた旋律、トニー・ミルズの透明感のあるハイトーン・ボイス、スティーヴ・ハリスの華麗なギター、そしてキラキラとしたキーボードといった要素は、北欧メタルのイメージに通じるものがあって魅力的です。楽曲も粒選りで、とりわけ哀愁バラード#9"When the Love Is Over"は名曲レベルだし、#1"Emergency"、#2"Can't Fight the Nights"、#3"Young Heart"、#4"Just Love Me"、#8"Talk to Me"、#10"Telephone"と良曲がテンコ盛り。ただ、#5"Break Down the Walls"、#7"Devil Woman"(クリフ・リチャードのカバー)はイマイチかな。また、やはりトニー・ミルズのボーカルが一本調子に感じられて仕方ありません。同じハイトーンでも、たとえばトニー・ハーネルの上手さには及ばないと思ってしまいます。そして、スティーヴ・ハリスのギターはランディ・ローズを意識したかのような構築美が特徴ですが、精緻なフレーズを正確になぞるのにいっぱいいっぱいなあまり、パッションとかエモーションとかそういう要素に欠けてしまっている印象。あえてやっているのだと思いますが、ラインで録ったかのような線の細いトーンもその印象を強めており、そり辺りがどうも気になってしまいます。

なお、オリジナルLPは10曲収録でしたが、CD化にあたってシングル盤のカップリング曲3曲がボーナス・トラックとして追加収録されています。#12"Only You"、#13"Don't Wanna Lose Your Love"は本編に劣らない佳曲なので、これはありがたいボーナスだと思いました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Emergency (Michael Bolton, Duane Hitchings)
02. Can't Fight the Nights (Michael Jay, Steve Harris, Tony Mills)
03. Young Heart (Duane Hitchings, Steve Harris, Tony Mills)
04. Just Love Me (John Parker, Tony Mills)
05. Break Down the Walls (Don Dokken, SHY, Alan Kelly, Neil Kernon)
06. Under Fire (Steve Harris, Tony Mills, Alan Kelly)
07. Devil Woman (Terry Britten, Kristine Sparkle)
08. Talk to Me (Steve Harris, Paddy McKenna, Alan Kelly)
09. When the Love Is Over (Michael Jay, Steve Harris, Tony Mills)
10. Telephone (Steve Harris, Alan Kelly)
Bonus Track
11. Run for Cover (Steve Harris, Paddy McKenna, Tony Mills)
12. Only You (Steve Harris)
13. Don't Wanna Lose Your Love (Steve Harris, Tony Mills)

■Personnel
Tony Mills - Vocals
Alan Kelly - Drums
Steve Harris - Guitar
Pat McKenna - Keyboards
Roy Stephen Davis - Bass

John Sinclair - Backing Vocals
Peter Goalby - Backing Vocals

Producer - Neil Kernon
except #13 Mark Freegard


Loveland / John Sykes (1997)

0375Loveland









ジョン・サイクスの既発アルバムに収録されなかった曲を中心に、バラードだけを集めた編集盤。録音時期がまちまちなので、本人以外のメンバーは曲によって異なっています。バラード集ということであまり食指が動かなかったのですが、聴いてみるとこれがまた素晴らしいアルバムでした。この前後に発表された作品よりむしろこっちの方がいいです。まずなんと言っても曲が粒選りで名曲・佳曲が目白押し状態。ジョン・サイクスのコンポーザーとしての優秀さがよく分かります。もちろんボーカルもいいです。ギター・ソロが少ないのが玉に瑕ですが、歌ものと割り切ればあまり気になりません。

01. Everything I Need (Sykes)
メロディも歌唱もギターもロマンチックでセンチメンタル、思わずうっとりしてしまいます。ジョン・サイクスのメロディ・メイカーとしての能力の高さが遺憾なく示された名曲。

02. Didn't We Say (Sykes)
ピアノとストリングスをバックに美しいメロディが展開されます。甘美なギター・ソロにも胸キュンです。

03. Don't Hurt Me This Way (Please Don't Leave Me '97) (Lynott, Sykes)
もはや説明不要のフィル・リノットとの共作曲。オリジナルから15年の歳月を経て蘇りました。フィル・リノットのボーカルはオリジナルのまま、それ以外は再録音されています。ハーモニー・ボーカルがジョン・サイクス自身に挿し代わっているのがミソ。

04. Hold the Line (Sykes)
Beatlesを思わせる静かな小品。マルコ・メンドーサと思われるフレットレス・ベースが印象的です。

05. Thank You for the Love (Sykes)
少しアメリカンな雰囲気の曲。メロディ・ラインの展開がドラマチックです。

06. Wuthering Heights (Sykes)
ミステリアスなメロディといい、コーラスといい、ストリングスといい、これは丸っきりBeatles風ですね。

07. Till the Day I Die (Sykes, Alessandroni)
ナチュラルで素朴なメロディが素晴らしい。ギターの官能的なフレーズ、艶のある音色も最高です。

08. Haunted (Sykes)
このアルバムの中では一番ロックっぽさのある曲。やはりフレットレス・ベースがいい味を出しています。叫ぶようなギター・ソロもカッコいい!

09. I'll Be Waiting (Sykes)
美しく切ないメロディが印象に残る静かな曲。ジョン・サイクスがピアノの弾き語りをしているような絵が浮かびますが、彼が弾いている訳ではないんですよね。

10. Don't Say Goodbye (Sykes)
ジョン・レノンへの敬愛の念を表した曲。アレンジもBeatles風だし、歌詞にBeatlesの曲名がたくさん出てきます。この曲だけトニー・フランクリンがベースを弾いていますが、やっぱりさすがにカッコいいです。

 評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Personnel
John Sykes - Lead Vocals, Guitars
Philip Lynott - Lead Vocals on #3
Alex Alessandroni - Keyboards, Piano
Jamie Muhoberac - Keyboards, Piano
Marco Mendoza - Bass
Reggie Hamilton - Bass
Abe Laboriel Jr. - Drums
Curt Bisquera - Drums
Tommy O'Steen - Drums on #8
Jim Sitterly - First Violin Concert Master
Kavan - Cello

Tony Franklin - Bass on #10
Nick Green - Keyboards on #10

Producer - John Sykes

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ