メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

イギリス(UK)

So Far, So Bad / Burn (1993)

0337So Far, So Bad









1993年にリリースされたイギリスのハードロック・バンドBurnの1stアルバム。ベタなバンド名とダサいジャケットとは裏腹にこれは中々の好盤です。いかにもメインストリーム(当時の)的な明るい音作りといい、ボーカルの歌唱スタイルや元気いっぱいのコーラスといい、明らかにBon Joviの線を狙っている印象。Bon Joviより少しばかりハードロック色は強いかな。いずれにしても、イギリスのバンドとしては暗さや湿り気が少なく、アメリカンなサウンドになっているのが特徴だと思います。ハードポップ調をメインに、アコースティカルなバラード、16ビートのハネもの等々曲調の幅は広く、飽きさせません。メロディラインもキャッチーで、アレンジ、アンサンブルにも工夫のあとが伺えます。というわけで収録曲全て佳曲なんですが、#3"So Far, So Bad"、#5"Boy's Night Out"、#7"Time and Time Again"、#8"We Are the Young"、#10"Into the Fire"は特に気に入りました。また、特筆すべきはバンドの演奏力の高さ。とりわけベースの躍動感、グルーヴ感は見事の一言です。このベースのおかげでインストパート全体のクォリティが上がっている感じです。

バンド・メンバーはジェフ・オグデン(vo)、ラブ・デヴェニー(g)、カール・ビー(ds)、マーク(b)とバーニー(key)のスタックハウス兄弟という5人編成。この後、メンバー・チェンジや活動停止といった紆余曲折を経ながら、スタックハウス兄弟を中心に現在でも活動を継続しているようです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Knock Me Out
02. Maybe It's Love
03. So Far, So Bad
04. Standing on the Edge
05. Boy's Night Out
06. Rip It Up
07. Time and Time Again
08. We Are the Young
09. Doctor's Orders
10. Into the Fire
All songs Written by Stackhouse/Ogden/Stackhouse/DeVenney/Bee

■Personnel
Jeff Ogden - Vocals
Marc Stackhouse - Bass Guitar
Karl Bee - Drums
Barney Stackhouse - Keyboards
Rab DeVenney - Lead Guitar

Producer - Burn

Dead Man's Shoes / FM (1995)

0334Dead Man's Shoes









イギリスのハードロック・グループFMの5thアルバム。R&B、ブルースをベースとした伝統的ブリティッシュ・ロックへの路線転換を果たした前作Aphrodisiac に続いて、本作も同様のブルージーで地味目なサウンドとなっています。ただ、ところどころにポップな要素もあって、渋くなり過ぎていないのがこのバンドらしいところ。結果として前作に勝るとも劣らない傑作に仕上がっていると感じました。メンバーは前作と同じくスティーヴ・オーヴァーランド(vo)、アンディ・バーネット(g)、マーヴ・ゴールズワーシー(b)、ピート・ジャップ(ds)の4人、そして新しく元Tobrukのジェム・デイヴィス(key)が加わった5人編成。プロデュースは引き続きバンド自身とアンディ・ライリーです。

#1"Nobody's Fool"
オープニングはミドルテンポの渋いブルース・ロック。粘っこいリフがカッコいい!コクのある演奏・歌唱が絶品です。
#2"Ain't No Cure for Love"
ブルージーでありながらキャッチー、FMの本領発揮の哀愁メロハーの名曲。本作のハイライトの一つでしょう。
#3"Get Ready"
得意のモータウン・サウンドのカバー。これがまたカッコいい。元々はスモーキー・ロビンソン作の1966年Temptationsのヒット・ナンバーですが、ロック・ファンには1970年のRare Earthのカバーの方がお馴染みだと思います。FMのアレンジはグッとテンポを落としていますが、Rare Earthバージョンを下敷きにしているようです。
#4"Don't Say"
カントリー・ブルースのフィーリングに溢れたナンバー。ドブロの響きが渋い!スティーヴ・オーヴァーランドの上手さが光ります。
#5"Mona"
ブルース・ロックですが、珍しくラテン・リズムを取り入れたちょっとオシャレな曲。極初期のサンタナみたいです。
#6"Sister"
末期Freeを思わせる渋い曲。ボーカルもリード・ギターも切なく胸に迫ります。
#7"You're the One"
どことなく牧歌的でアーシーな曲です。スティーヴ・オーヴァーランドのソウルフルなボーカルは、ここではポール・ロジャースよりミラー・アンダーソンを思わせます。
#8"Tattoo Needle"
ジャクソン・ブラウンやイーグルスを髣髴とさせる軽快なナンバー。メロディアス・フォークロックと名付けたくなるような曲調です。とにかくメロディが素晴らしいしギターのハモリも楽しくて、このアルバムのハイライトの一曲。
#9"Misery"
ブルージーでメロディアス、これぞFMの必殺哀愁メロハー!後半の胸が高鳴るようなドラマティックな展開が秀逸です。これもまた名曲!
#10"Dead Man's Shoes"
西部劇をモチーフにしたようなジャケット(表裏とも)の印象通り、ウエスタン映画のエンドロールで流れそうな曲。シャリシャリした生ギターの音が、熱風や砂埃といったイメージを増幅させます。本作全体にイギリスのバンドらしからぬ乾いた空気感が漂っていますが、このタイトル曲を締めくくりに持ってくることでその印象をいっそう強めています。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Nobody's Fool
02. Ain't No Cure for Love
03. Get Ready
04. Don't Say
05. Mona
06. Sister
07. You're the One
08. Tattoo Needle
09. Misery
10. Dead Man's Shoes
All songs Written by Overland, Goldsworthy, Jupp, Barnett, 
Except "Get Ready" Written by Smokey Robinson

■Personnel
Steve Overland - Lead Vocals, Guitar
Pete Jupp - Drums, Vocals
Merv Goldsworthy - Bass, Vocals
Andy Barnett - Lead Guitar, Vocals
Jem Davis - Keyboards

Producer - FM, Andy Reilly

Miracles by Design / Heartland (1998)

0330Miracles By Design









1998年にリリースされたHeartlandの5枚目のアルバム。クリス・ウーズィー(vo)とスティーヴ・モリス(g)がコンビを組んで3作目となります。他の参加メンバーは、前作から復帰したオリジナル・メンバーのスティーヴ・ギブソン(ds)に加え、前年にThe Distanceで共演したケニー・ケイオス・ロニー(g)、デイヴ・ホピア (ba)、ジョン・カウンセル(key)の3人のカナダのミュージシャンです。ライナーノーツによると、前作でキーボードを担当したクリス・ロイドはメンバーとしてクレジットはありますが、交通事故のため録音には不参加とのこと。

さて本作の出来ですが、大名盤の1stにはまだまだ及ばないものの1作ごとに良くなっている印象を受けます。まずリズム・セクションが素晴らしい。スティーヴ・ギブソンもデイヴ・ホピアも優秀なプレイヤーで、躍動感のあるリズムが心地よいです。肝心のクリス・ウーズィーのボーカルも相変わらずパワフルでありながら渋くて聴き応えがあります。問題はスティーヴ・モリスです。筆者としては彼のギターとアレンジがだんだん鼻についてきました。なんでもかんでもハモればいいというものではないでしょ。楽曲そのものはいいのにアンサンブルがくどい。凝れば凝るほど、せっかくのボーカルとリズムのダイナミックさが損なわれてチマチマした印象を受けてしまいます。クリス・ウーズィーとスティーヴ・モリスの相性の問題なのかなあ。しかし、このコンビで90年代半ばから2000年代初めまでコンスタントにアルバムを制作して日本盤もリリースされ続けているので、欧州や日本では結構人気はあったのでしょうね。まあ、個人的な感想ということで勘弁してください。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. A Leap in the Dark (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
02. Miracles Take Time (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
03. Even Angels Cry (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
04. I Count the Days (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
05. Into the Flame (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
06. X Marks the Spot (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
07. Total Eclipse (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
08. Catch You If You Fall (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
09. Show Me the Way (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
10. Always the Love Will Survive (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
11. Let It Roll (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)

■Personnel
Chris Ousey - Lead Vocals, Backing Vocals
Steve Morris - Lead Guitars, Guitars, Keyboards
Steve Gibson - Drums
Chris Lloyd - keyboards
Kenny 'Kaos' Loney - Guitars
Dave Hopia - Bass
John Counsel - Guest Keyboards

Producer - Steve Morris, Paul Dean

Snakecharmer / Snakecharmer (2013)

0321Snakecharmer









元Whitesnakeのミッキー・ムーディ(Gt)、ニール・マーレイ(Ba)、元Wishbone Ashのローリー・ワイズフィールド(Gt)、Heartlandのクリス・ウーズィー(Vo)、Thunderのハリー・ジェイムズ(Ds)、そしてリック・ウェイクマンの息子でBlack Sabbathなどでプレイしているアダム・ウェイクマン(Key)という、錚々たる顔ぶれによって結成されたSnakecharmerの1stアルバム。バンド名から分かるように、初期Whitesnakeを支えたメンバーがやってきた一連の「スネイクなんちゃら」というバンドの最新版ですね。もういい加減「スネイク」は卒業すればいいのにと思いますが、いかがなものでしょうか。あと、ローリー・ワイズフィールドがまだ現役だったのには驚きました(失礼)。音のほうは、初期WhitesnakeやBad Companyなどを髣髴とさせるもの。つまりブルース、R&Bに根ざした伝統的なブリティッシュ・ハードロック以外の何物でもありません。1970年代にはブリティッシュ・ブルース出身のミュージシャンがワンサカいて、こういうサウンドはありふれていたわけですが、今となっては逆に新鮮に感じてしまいます。まあとにかく嬉しい作品です。

まず、クリス・ウーズィーが素晴らしい。奇をてらったところが全くないシンプルでナチュラルなブルース・ロックこそがやはりこの人にはピッタリで、水を得た魚のように伸び伸びとした歌唱を披露しています。いや~、Heartlandを聴くたびに感じていたモヤモヤが嘘のよう。渋くてブルージーなのに何故かHeartlandよりメロディアスに感じられるのが不思議です。もっと早くこのメンツでやって欲しかったなぁ。ミッキー・ムーディとローリー・ワイズフィールドのギターもいい感じです。ほとんどペンタトニック一発勝負。タッピングでピロピロとかアーミングとかも一切やってません。リズム・セクションもキーボードもさすがに安定感抜群で文句の付けようがないです。メンバーの皆さんは結構高齢者も多いので、もう余計なことはしないでこのバンドに集中してアルバム制作してほしいし、できればツアーもやってもらいたいですね。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. My Angel (Moody, Ousey, Wisefield)
02. Accident Prone (Wisefield, Ousey)
03. To the Rescue (Wisefield, Ousey)
04. Falling Leaves (Wisefield, Ousey)
05. A Little Rock & Roll (Ousey, Moody, Wherry, Moody)
06. Turn of the Screw (James, Moody, Murray, Ousey, Wakeman, Wisefield)
07. Smoking Gun (Moody, Ousey)
08. Stand Up (James, Ousey)
09. Guilty as Charged (Wisefield, Ousey)
10. Nothing to Lose (James, Moody, Murray, Ousey, Wakeman, Wisefield)
11. Cover Me in You (Ousey, Moody, Wherry, Moody)
12. White Boy Blues [Bonus Track] (Moody, Ousey)

■Personnel
Chris Ousey - Lead Vocals
Micky Moody - Guitars, Vocals
Laurie Wisefield - Guitars, Vocals
Adam Wakeman - Hammond Organ, Keyboards
Neil Murray - Bass
Harry James - Drums

Gareth Roberts - Additional Percussion

Producer - Snakecharmer

Demorabilia / Praying Mantis (1999)

0316Demorabilia









Praying Mantisのデビュー20周年を記念して日本で企画・リリースされたコンピレーション盤。いまだに日本盤しか出ていないと思われます。中身は、1981年の1stアルバムTime Tells No Lies と1991年の2ndPredator in Disguise の間の空白期間に制作されたデモ音源集です。具体的には、1981年8月録音の旧メンバーでの幻の2ndアルバム用音源から、1983年11月録音のバーニー・ショウとクライヴ・バー参加の新バンドEscapeのデモまで、2枚のCDに全27曲が収録されています。録音時期、録音場所も多岐に渡り、またクォリティにバラつきがありますが、StratusのThrowing Shapes とともにバンドのミッシングリンクを埋める貴重な音源集と言えるもの。年代順に収録されていないのが難点と言えば難点ですが、トロイ兄弟による懇切丁寧な解説があるので年代を追いかけながら聴くことも可能です。ああ、この曲はあの曲の原曲だなとか、このキメはあの曲でも出てくるなとか、聴いていると色々気付くのも楽しい。80年代初頭のステージ写真満載のブックレット、ティノ・トロイが書き記した詳細なバンド系譜図という嬉しいオマケまで付いてきて、熱心なプレマン・ファンなら必ず入手して家宝にしているであろう作品集だと思います。逆に言えば、そこまで熱心なファンでなければ、他に聴くべきものはあるということになりますが。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
disc 1
01. One of These Days
02. Wasted Love
03. Fantasy
04. Woman of the Night
05. I Don't Take Prisoners
06. Born Evil
07. The Horn
08. Top of the Mountain
09. All Over Again
10. Romancer
11. Your Number
12. Give Me a Reason
13. Heartache
disc 2
01. A Question of Time
02. I Need Your Loving
03. Battle Royal
04. Time Slipping Away
05. Got to Get It
06. Over and Over
07. Never Say No
08. Heat of the Moment
09. Whose Life Is It Anyway?
10. Enough Is Enough
11. Raining in Kensington
12. Nightmares
13. Give Me a Reason
14. The Story

■Personnel
Bernie Shaw - Lead vocal
Tom Jackson - Lead vocal
Tino Troy - Guitar, Keyboards
Steve Carroll - Guitar, Lead vocal
Chris Troy - Bass, Lead vocal
Clive Burr - Drums
Dave Potts - Drums
Don Garbett - Keyboards
Jon Bavin - Keyboards
 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ