メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

イギリス(UK)

Nowhere to Hide / Praying Mantis (2000)

0354Nowhere To Hide









イギリスのメロディアス・ハードロック・バンドPraying Mantisの6枚目のオリジナル・アルバム。前作Forever in Time で起用されたトニー・オホーラが引き続きボーカルを担当しており、同じボーカリストが2枚連続して歌うプレマン初の作品となっています。他のメンバーも不動のラインナップで、ティノ・トロイ(g)、クリス・トロイ(b)、デニス・ストラットン(g)、ブルース・ビスランド(ds)、プロデュースはデニス・ストラットンのバンドLionheartのメンバーだったスティーヴ・マンが務めています。

Praying Mantisは大好きなバンドなのですが、これまでの名作と比べるとやや失速気味と感じてしまいました。プレマンらしい叙情的なメロディはふんだんに詰め込まれているものの、曲の構成に不安を感じたり、メロディの繋がりにちょっとした違和感があったり、いま一つ歯車がかみ合っていない印象があるのです。更に、テンポや曲調が似通っている点、ギターのミュート音でリフを刻むパターンが多すぎる点も気になります。今までは気にならなかった6分を超える長尺の曲も、冗長に感じてしまう場面がありました。しかし、そうは言ってもそこはプレマン、良い曲はもちろんあります。特に#5"Future of the World"は本作のハイライトとなる名曲でしょう。メロディ・ラインも、インスト・パートの組み立てもまさにパーフェクト。ただ、これがデニス・ストラットン作というのが、バンドの中核たるトロイ兄弟の不調を何より象徴的に示していると思うのです。サウンド・プロダクション的には、今回なぜかドラムの音が小さくてパンチに欠けるのもマイナス・ポイント。そのせいかいつもよりベースが前に出ていて、クリス・トロイのプレイヤーとしての力量の高さがよく分かるは良かったです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Nowhere to Hide (music C. Troy/T. Troy - lyrics C. Troy)
02. Cruel Winter (music C. Troy/T. Troy - lyrics C. Troy)
03. The Clocktower (music C. Troy - lyrics C. Troy)
04. Can't Stop the Fire (music C. Troy - lyrics D. Stratton)
05. Future of the World (music D. Stratton - lyrics D. Stratton)
06. Whenever I'm Lost (music D. Stratton - lyrics D. Stratton)
07. You'll Never Know (music C. Troy - lyrics C. Troy)
08. River of Hope (music C. Troy/Bisland/O'Hora/T. Troy/Stratton - lyrics C. Troy)
09. S.O.S. (music T. Troy/C. Troy - lyrics T. Troy)

■Personnel
Dennis Stratton - Guitars, Backing Vocals
Tino Troy - Guitars, Backing Vocals, Keyboards
Tony O'Hora - Lead and Backing Vocals
Bruce Bisland - Drums, Percussion, Backing Vocals
Chris Troy - Bass Guitar, Backing Vocals, Keyboards

Joe Di Libero - Additional Backing Vocals

Producer - Steve Mann, Tino Troy
 

Babylon / Ten (2000)

0348Babylon









イギリスのメロディアス・ハードロック・バンドTenの5thアルバム。バンド・メンバーとしてクレジットされているのは、リーダーのゲイリー・ヒューズ(vo)の他、ヴィニー・バーンズ(gt)、ジョン・ハリウェル(gt)、スティーヴ・マッケンナ(ba)、グレッグ・モーガン(ds)の5人。キーボードのジェド・ライランズが抜け、替わりにゲストとしてドン・エイリー(!)が参加しています。本作はコンセプト・アルバムということで、内容は「世界大戦後の近未来で恋人を殺された男の復讐劇」というストーリーだそうです。ちょっとマンガチックなお話だし、ジャケットもダサ過ぎ。まあ、テーマやコンセプトがあっても別に構わないのですが、曲間のセリフ(ナレーション?)は勘弁して欲しい。音楽だけ聴きたいリスナーにとって、いちいちセリフが入るのはなんとも邪魔です。

音の方はいつもながらのTenで、そこは安定しています。ブルージーで叙情的なメロディとブリティッシュ・バンドらしいサウンドが堪能できます。ゲイリー・ヒューズの憂いを帯びた歌声、ヴィニー・バーンズのエモーショナルなギター、今回も実に素晴らしいです。楽曲も概ね佳曲揃いと言えると思います。ただし、MSG"Into the Arena"クリソツな#9"Thunder in Heaven"はいただけない。なんでよりによってあんな有名曲をパクるの。それから#10"Valentine"の出だしは「ゴッドファーザー 愛のテーマ」じゃん。暴走族か。最初聴いたとき吹き出してしまいましたよ。極めつけは、リリース直前に収録曲から外されたという"Dawn Star"。再発盤にはボーナスとして収録されているのですが、これのリフは丸っきりパープルの"Burn"です。元々Tenの曲はなんとなくどこかで聴いたことある感が漂っているのが多いとは言え、今回は度を越しているというか余りに稚拙かな。というわけで、「セリフ入り」「パクリ過ぎ」で残念ながら減点2です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Stranger
02. Barricade
03. Give in This Time
04. Love Became the Law
05. The Heat
06. Silent Rain
07. Timeless
08. Black Hearted Woman
09. Thunder in Heaven
10. Valentine
All songs written by Gary Hughes,

■Personnel
Gary Hughes – vocals
Vinny Burns – guitars
John Halliwell – guitars
Steve McKenna – bass guitar
Greg Morgan – drums

Don Airey - keyboards

Producer - Gary Hughes 

I Don't Wanna Live My Life Like You / Sykes (1995)

0347I Don't Wanna Live My Life Like You









ジョン・サイクスの名を冠したバンドSykesが日本限定でリリースしたEP。バンドのメンバーは、マルコ・メンドーサ(Ba)、トミー・オスティーン(Ds)、ニック・グリーン(Key)です。タイトル曲はアルバムOut of My Tree 収録曲ですが、その他にライヴ音源が3曲収録されているのでこれはぜひ聴いておきたいところでしょう。たった3曲とは言え、同じメンバー(Blue Murder名義)でのScreaming Blue Murder に勝るとも劣らない熱いパフォーマンスは圧巻です。特にやっぱりマルコ・メンドーサのプレイは凄い!ただし、その3曲中2曲がアコースティック・ナンバーというのが残念。どうせならジョン・サイクスがエレキで弾きまくるのを聴きたいというのが人情というもの。

なんてボヤいていたら、なんと今月(2020年7月)にこのEPと同じライブを完全収録したアルバムがリリースされました!このライブは1995年6月23日にLA近郊サンタアナ(Santa Ana)のGalaxy Theatreで開催されたテレビ&ラジオ用プロモーション・コンサートで、映像は日本では当時WOW WOWで放送されたとのことです。この時のFMラジオ放送用のマスターが見つかりCDとしてリリースされることになったらしいのです。その上、Blue Murderの1989年来日公演(東京)のライブ盤まで同時に出ました。ずいぶん長い間音沙汰の無いジョン・サイクスですが、この2タイトルのリリースにはまさに嬉しい悲鳴です!

 評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. I Don't Wanna Live My Life Like You
02. Jelly Roll (Live)
03. She Knows (Live)
04. Standing at the Crossroads (Live)
All songs written by John Sykes

■Personnel
John Sykes - Guitar and Lead Vocals
Marco Mendoza - Bass and Vocals
Tommy O'Steen - Drums and Vocals 
Nick Green - Keyboards

So Far, So Bad / Burn (1993)

0337So Far, So Bad









1993年にリリースされたイギリスのハードロック・バンドBurnの1stアルバム。ベタなバンド名とダサいジャケットとは裏腹にこれは中々の好盤です。いかにもメインストリーム(当時の)的な明るい音作りといい、ボーカルの歌唱スタイルや元気いっぱいのコーラスといい、明らかにBon Joviの線を狙っている印象。Bon Joviより少しばかりハードロック色は強いかな。いずれにしても、イギリスのバンドとしては暗さや湿り気が少なく、アメリカンなサウンドになっているのが特徴だと思います。ハードポップ調をメインに、アコースティカルなバラード、16ビートのハネもの等々曲調の幅は広く、飽きさせません。メロディラインもキャッチーで、アレンジ、アンサンブルにも工夫のあとが伺えます。というわけで収録曲全て佳曲なんですが、#3"So Far, So Bad"、#5"Boy's Night Out"、#7"Time and Time Again"、#8"We Are the Young"、#10"Into the Fire"は特に気に入りました。また、特筆すべきはバンドの演奏力の高さ。とりわけベースの躍動感、グルーヴ感は見事の一言です。このベースのおかげでインストパート全体のクォリティが上がっている感じです。

バンド・メンバーはジェフ・オグデン(vo)、ラブ・デヴェニー(g)、カール・ビー(ds)、マーク(b)とバーニー(key)のスタックハウス兄弟という5人編成。この後、メンバー・チェンジや活動停止といった紆余曲折を経ながら、スタックハウス兄弟を中心に現在でも活動を継続しているようです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Knock Me Out
02. Maybe It's Love
03. So Far, So Bad
04. Standing on the Edge
05. Boy's Night Out
06. Rip It Up
07. Time and Time Again
08. We Are the Young
09. Doctor's Orders
10. Into the Fire
All songs Written by Stackhouse/Ogden/Stackhouse/DeVenney/Bee

■Personnel
Jeff Ogden - Vocals
Marc Stackhouse - Bass Guitar
Karl Bee - Drums
Barney Stackhouse - Keyboards
Rab DeVenney - Lead Guitar

Producer - Burn

Dead Man's Shoes / FM (1995)

0334Dead Man's Shoes









イギリスのハードロック・グループFMの5thアルバム。R&B、ブルースをベースとした伝統的ブリティッシュ・ロックへの路線転換を果たした前作Aphrodisiac に続いて、本作も同様のブルージーで地味目なサウンドとなっています。ただ、ところどころにポップな要素もあって、渋くなり過ぎていないのがこのバンドらしいところ。結果として前作に勝るとも劣らない傑作に仕上がっていると感じました。メンバーは前作と同じくスティーヴ・オーヴァーランド(vo)、アンディ・バーネット(g)、マーヴ・ゴールズワーシー(b)、ピート・ジャップ(ds)の4人、そして新しく元Tobrukのジェム・デイヴィス(key)が加わった5人編成。プロデュースは引き続きバンド自身とアンディ・ライリーです。

#1"Nobody's Fool"
オープニングはミドルテンポの渋いブルース・ロック。粘っこいリフがカッコいい!コクのある演奏・歌唱が絶品です。
#2"Ain't No Cure for Love"
ブルージーでありながらキャッチー、FMの本領発揮の哀愁メロハーの名曲。本作のハイライトの一つでしょう。
#3"Get Ready"
得意のモータウン・サウンドのカバー。これがまたカッコいい。元々はスモーキー・ロビンソン作の1966年Temptationsのヒット・ナンバーですが、ロック・ファンには1970年のRare Earthのカバーの方がお馴染みだと思います。FMのアレンジはグッとテンポを落としていますが、Rare Earthバージョンを下敷きにしているようです。
#4"Don't Say"
カントリー・ブルースのフィーリングに溢れたナンバー。ドブロの響きが渋い!スティーヴ・オーヴァーランドの上手さが光ります。
#5"Mona"
ブルース・ロックですが、珍しくラテン・リズムを取り入れたちょっとオシャレな曲。極初期のサンタナみたいです。
#6"Sister"
末期Freeを思わせる渋い曲。ボーカルもリード・ギターも切なく胸に迫ります。
#7"You're the One"
どことなく牧歌的でアーシーな曲です。スティーヴ・オーヴァーランドのソウルフルなボーカルは、ここではポール・ロジャースよりミラー・アンダーソンを思わせます。
#8"Tattoo Needle"
ジャクソン・ブラウンやイーグルスを髣髴とさせる軽快なナンバー。メロディアス・フォークロックと名付けたくなるような曲調です。とにかくメロディが素晴らしいしギターのハモリも楽しくて、このアルバムのハイライトの一曲。
#9"Misery"
ブルージーでメロディアス、これぞFMの必殺哀愁メロハー!後半の胸が高鳴るようなドラマティックな展開が秀逸です。これもまた名曲!
#10"Dead Man's Shoes"
西部劇をモチーフにしたようなジャケット(表裏とも)の印象通り、ウエスタン映画のエンドロールで流れそうな曲。シャリシャリした生ギターの音が、熱風や砂埃といったイメージを増幅させます。本作全体にイギリスのバンドらしからぬ乾いた空気感が漂っていますが、このタイトル曲を締めくくりに持ってくることでその印象をいっそう強めています。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Nobody's Fool
02. Ain't No Cure for Love
03. Get Ready
04. Don't Say
05. Mona
06. Sister
07. You're the One
08. Tattoo Needle
09. Misery
10. Dead Man's Shoes
All songs Written by Overland, Goldsworthy, Jupp, Barnett, 
Except "Get Ready" Written by Smokey Robinson

■Personnel
Steve Overland - Lead Vocals, Guitar
Pete Jupp - Drums, Vocals
Merv Goldsworthy - Bass, Vocals
Andy Barnett - Lead Guitar, Vocals
Jem Davis - Keyboards

Producer - FM, Andy Reilly

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ