0039Music From The Fab Box

イタリアのロック・シーンでキャリアを積んできた二人のミュージシャン、ファブリツィオ・ウゴリーニとマッシモ・ボッジによるメロディック・ロック・デュオ、ファブ・ボックスのデビュー・アルバム。リリースはドイツのAOR/メロハー専門レーベルAvenue of Allies Musicから。ジャケットを見て想像がつくように、アコースティック・ギター主体のソフトなサウンドなんですが、肝心のメロディはこれがまた、メロハー者なら一聴して分かる「メロハー的メロディ」のオンパレード!しかも哀愁系、さわやか爽快系の両刀遣いです。いや~気持ちいいですね。部屋の外で聴くと一段と気持ちいい。草に寝転んで真夏の白い雲を追いかけながらとか、行きつけの喫茶店で街に降る雨を眺めながらとか、季節や時間帯によって色んな聴こえ方がするメロディです。二人とも声の質がさっぱりしていて、淡白だけど味わい深いサウンドとよく合っています。一番のお気に入りは、ダニー・ヴォーン(Waysted, Tyketto, Vaughn)との共作曲#14"Always"です。どこか懐かしいメロディに胸がキュンとなってしまいます。また、ジョセフ・ウィリアムズ(TOTO)と歌詞を共作した#7"Together"や、#9"Reason of the Heart"も出色のメロディ。"Together"はジョセフ・ウィリアムズ本人が歌うVertigo2 にも収録されているようですが筆者は未聴です。

一応ドラム&ベース、エレクトリック・ギターの入ったバンド編成の音になっていますが、リズム・セクションはほとんど打ち込みなのが少し残念。2曲だけベースを弾いているのはファブリツィオ・グロッシ。メロディック・ロック界隈で主としてプロデューサーとして活躍していますがプレイヤーでもあるんですね。前述のVertigo2 でも、プレイとプロダクションの両方に関わっています。また、トニー・ハーネルとマグナス・カールソンのStarbreakerでもメンバーとしてベースをプレイしていたし、ミケーレ・ルッピとトミー・デナンダーのLos Angelesでもベースとプロデュースを担当と八面六臂の活躍ぶりです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Tell Her I'm Alright (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi)
02. Nobody Tonight (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi)
03. Inside (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi)
04. The Key (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi)
05. A Matter of Time (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi)
06. Let Me Try (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi)
07. Together (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi, Joseph Williams)
08. I Still Believe (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi)
09. Reason of the Heart (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi)
10. Call My Name (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi)
11. You Are the One (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi)
12. Always (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi, Danny Vaughn)
13. Yesterday (Fabrizio Ugolini, Massimo Bozzi)

■Personnel
Fabrizio Ugolini – Lead and backing vocals, guitars, harmonica
Massimo Bozzi – Lead and backing vocals, guitars, keyboards

Paolo Pedretti – Lead guitar on 1, 2, 7, 9, 10
Tonino Landini – Lead guitar on 3, 8
Andrea Leonardi – Lead guitar on 4
Paolo Gennari – Lead guitar on 6, 10, 12
Fabrizio Grossi – Bass on 1, 10
Elyan Fernova – Drums on 1, 10
Melissa Ugolini – Backing vocals on 4, 5, 8, 11
Marco Bozzi – Backing vocals on 7

Producer - Massimo Bozzi & Fabrizio Ugolini
Executive Producer - Gregor Klee