メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

Dreamtide

Dream and Deliver / Dreamtide (2008)

140Dream and Deliver










フェア・ウォーニングのギタリスト、ヘルゲ・エンゲルケ率いるドリームタイドの3rdアルバム。過去二作と同様、ドラマチックな歌メロ展開とヘルゲの緩急自在なギターが楽しめる好盤となっています。勇壮な曲からエスノ風味をまぶした曲までバラエティ豊富なのもこれまで通り。フェア・ウォーニングもそうですが、アレンジが緻密で飽きさせないんですよね。本作の特徴としては、ヘルゲのギターにこれまで以上にジミヘンの影響をストレートに感じさせる場面が多くなっていること。ジェフ・ベックへのオマージュとも取れるフレーズが出てくるのも面白い。また、オラフ・ゼンクバイルの節回しも、このバンドに無くてはならない味と感じられるまでになりました。ただし、これまでのギラつくような迫力がやや後退し、よく言えば落ち着いた、悪く言うとパワー・ダウンした印象を受けてしまいました。2005年のフェア・ウォーニング復活でモチベーションが落ちたとか?いや、復活後のフェア・ウォーニングよりドリームタイドの方が曲の出来は良いし、そんなことはないと思うのですが。いずれにしても、2014年時点でこの3rd以降もう6年もアルバムが出ていないのが寂しいところです。

このアルバムの参加メンバーは、ヘルゲ・エンゲルケ(gt)、オラフ・ゼンクバイル(vo)、C.C.ベーレンス(dr)、トーステン・リューダーヴァルト(key)とここまでは前作と同じです。ベースはオーレ・ヘンペルマンがレコーディングに参加できなかったため、フランシス・ブッフホルツ(ex-Scorpions)が代役を務めています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作 
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. A Fools Crusade
02. I Don't Wanna Wait
03. Same Star
04. Your Beat
05. Dancing When The Night Falls
06. King Of Scum
07. Download A Dream
08. Tell me How It Feels
09. Stronger
10. To Everybody
11. Keep From Falling
12. The Vow
13. Help Me
14. Download A Dream (Reprise)
All songs written by Helge Engelke except track 13 by Olaf Senkbeil

■Personnel
Olaf Senkbeil – vocals
C.C. Behrens – drums
Francis Buchholz - bass
Torsten Lüderwaldt – keyboards
Helge Engelke – guitar

Oscar Lücke - additional backing vocals

producer – Dreamtide 

 
 

Dreams for the Daring / Dreamtide (2003)

0069Dreams for the Daring
フェア・ウォーニングのギタリスト、ヘルゲ・エンゲルケ率いるドリームタイドの2ndアルバム。前作はヘルゲ・エンゲルケが書き溜めていた楽曲をとにかく形にするためにレコーディンクしたという経緯もあり、全体としてやや散漫な印象がありましたが、本作はドリームタイドというバンドならではのサウンドが提示されています。フェア・ウォーニングの特徴だった高揚感に加えて、勇壮なイメージを喚起する旋律・アレンジが目立つようになりました。またイントロなどに、フォーキーというのか民族音楽的というのか、ちょっと変わった味付けがされているのも印象的です。統一感あるサウンド・メロディ・曲調であるにも関わらず、金太郎飴にならずに一曲一曲を個性的に仕上げるという、中々難しい仕事を成功させていると感じました。曲にそれぞれのドラマを仕込むヘルゲのソングライティングの手腕には脱帽です。はっきり言って、やたらにバラードばかりになってしまった本家フェア・ウォーニングのアルバムより、こちらのほうがよほどいいと筆者は感じてしまいました。2作目ということでバンドの一体感は強固となり、オラフ・ゼンクバイルのボーカルも力強さと安定感を増しているのも好印象です。もちろんヘルゲ・エンゲルケのスカイ・ギターも、予定調和的と言いたくなるほど完璧に、泣きまくり飛翔しまくりです。#9"Out There"のラスト、ツェッペリンの"Stairway to Heaven"に似てるな~と思っていたら、ギターソロの最後の最後で、まんま"Stairway to Heaven"と同じフレーズが出てきてニヤリとさせられます。もちろんリスペクトの意図を込めたものだと想像します。

プロデュースは前作と同じくバンド自身がクレジットされていますが、音圧が高すぎるのが唯一難点かと思いました。特に楽器パートの低音にボリューム有り過ぎて、ヘッドホンで聴くとうるさいくらいです。元々フェア・ウォーニング時代も含めてヘルゲのギターは音量が必要以上にデカい傾向がありますが、これはちょっとやり過ぎでしょう。レコーディング・メンバーも前作と変わらず、ヘルゲ・エンゲルケ、オラフ・ゼンクバイルに加え、ドラムにフェア・ウォーニングのC.C.ベーレンス、キーボードにはフェア・ウォーニングのツアー・メンバーのトーステン・リューダーヴァルト、ベースに元サンダーヘッドのオーレ・ヘンペルマンとなっています。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。 

■Tracks
01. Dream Real
02. Live And Let Live
03. I'll Be Moving On
04. All Of My Dreams
05. I'm Not With Yoiu
06. Man On A Mission
07. Eden
08. Land Without Justice
09. Out There
10. Dreams Are Free
11. Along The Way [bonus]
12. Sweet Babylon
13. You Can't Burn My Heart Out 
All songs written by Helge Engelke

■Personnel
Olaf Senkbeil – vocals
Helge Engelke – guitar
Torsten Lüderwaldt – keyboards
Ole Hempelmann – bass
C.C. Behrens – drums

producer – Dreamtide

Here Comes the Flood / Dreamtide (2001)

0038Here Comes the Flood

2000年に一度解散したフェア・ウォーニング、そのギタリストだったヘルゲ・エンゲルケがリーダーとなって結成されたバンドがドリーム・タイドです。メンバーは、ボーカルに、ドイツのいくつかのバンドやスタジオ・ミュージシャンとしてのキャリアのあるオラフ・ゼンクバイル、ベースに元サンダーヘッドのオーレ・ヘンペルマン、ドラムはフェア・ウォーニングのメンバーだったC.C.ベーレンス、キーボードにはフェア・ウォーニングのツアー・メンバーのトーステン・リューダーヴァルトという布陣です。フェア・ウォーニングから派生した3つのグループ(アンディ・マレツェクのラスト・オータムズ・ドリーム、トミー・ハートのソウル・ドクター、ドリーム・タイド)の中では、もっとも色濃くフェア・ウォーニングのサウンドを継承しています。ヘルゲ・エンゲルケはフェア・ウォーニングの曲も書き、彼のスカイ・ギターがバンドのウリの一つになっていたし、メンバーのうち3人がフェア・ウォーニングの関係者ですから、まあそれは当然なわけですが。

曲とサウンドのほうは、前述の通りフェア・ウォーニングに近いメロディアスハードですが、エンゲルケのスカイ・ギターがより大きくフューチャーされ、更にウリ・ロートやジーノ・ロートを思わせるような荘厳な雰囲気を持つ曲も収められています。全体として、フェア・ウォーニングのファンの期待を裏切らない内容ではないでしょうか。ボーカルのオラフ・ゼンクバイルの鼻にかかったような声は少しクセがありますが、ドイツの田舎のオジさん風で、筆者としてはなんとなく親しみを感じました。面白かったのは、#2"Your Life"。サーフィン・サウンド(ベンチャーズを想像すると分かりやすい)に乗せて、モット・ザ・フープルの"All The Young Dudes"そっくりのメロディが歌われ、サビはアメリカン・オールディーズ・ポップスになるという、キテレツな曲です。フェア・ウォーニング・サウンドの継承ということにいつまでも捉われず、こういう変なことをどんどんやってくれたらいいなと思います。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. What You Believe In (Helge Engelke)
02. Your Life (Helge Engelke)
03. Come with Me (Helge Engelke)
04. Dreamers (Helge Engelke)
05. Fighter (Helge Engelke)
06. Ten Years Blind (Helge Engelke)
07. Sundance (Helge Engelke)
08. Moment of Truth (Helge Engelke)
09. I Take the Weight Off Your Shoulders (Helge Engelke)
10. Crashed (Helge Engelke)
11. Phoenix Tears (Helge Engelke)
12. Promised Land (Helge Engelke)
13. Heaven Knows (Helge Engelke)

■Personnel
Olaf Senkbeil – vocals
Helge Engelke – guitar, backing vocals
Torsten Lüderwaldt – keyboards
Ole Hempelmann – bass
C.C. Behrens – drums

Britta Riedmiller – violin
Anja Gabriel – violin
Cornelia Schwarzenberg – viola
Katharina Bernds – cello
Karen Engelke – backing vocals
Günther Helmke – backing vocals
Anke Hansen – backing vocals

Producer – Dreamtide


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ