メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

H.E.A.T

Freedom Rock / H.E.A.T. (2010)


Freedom Rock











スウェーデンのメロハー・バンドH.E.A.Tの2ndアルバム。メンバーは、1sと変わらずケニー・レクレモ(Vo)、エリック・リヴァース(Gt)、デイヴ・ダロン(Gt)、ジミー・ジェイ(Ba)、クラッシュ(Dr)、ヨナ・ティー(Key)の6人編成。前作も素晴らしい作品でしたが、本作では楽曲の出来が更に良くなり、演奏面でのレベル・アップもうかがえます。このバンドはメンバー全員曲が書けるようなので、アルバムの統一感を保ちつつ各曲の表情が豊かなのが強みですね。また、ハーモニー・ボーカルを全面にフィーチャーして一段とスケールの大きなサウンドになっています。こうなると、ボーカルの魅力がイマイチなのが気になってきます。この後のボーカリスト交代劇につながる要因でしょうね。それから、せっかくのツイン・リード・ギターのハモが聴けなくなってしまったのも惜しまれます。しかしいずれにしても本作は、若々しく溌剌としたこのバンドの魅力が十分に感じられる好盤であることは間違いありません。

なお、国内盤にはボーナス・トラックが2曲収録されていて、2曲とも良い曲なので聴くなら国内盤をお薦めします。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Beg Beg Beg (D. Dalone, J. Tee, K. Leckremo) 
02. Black Night (D. Dalone, J. Tee, K. Leckremo) 
03. Danger Road (D. Dalone, J. Tee, K. Leckremo) 
04. Shelter (J. Tee) 
05. We're Gonna Make It to the End (Crash)
06. Stay (J. Tee) 
07. Nobody Loves You (Like I Do) (D. Dalone)
08. Everybody Wants to Be Someone (D. Dalone, J. Tee)
09. I Know What It Takes (D. Dalone, J. Tee, K. Leckremo) 
10. Living in a Memory [Japanese Bonus Track] (K. Leckremo) 
11. Cast Away (E. Rivers, Leckremo) 
12. I Can't Look the Other Way (J. Jay)
13. Who Will Stop the Rain (D. Dalone, J. Tee, K. Leckremo) 
14. Tonight [Japanese Bonus Track]  (D. Dalone, J. Tee, K. Leckremo) 

■Personnel
Kenny Leckremo - Vocals
Dave Dalone - Guitars
Eric Rivers - Guitars
Jona Tee - Keyboards
Jimmy Jay - Bass
Crash - Drums

Producer – Michael Vail Blum


H.E.A.T / H.E.A.T (2008)

0028HEAT

スウェーデンのメロディアス・ハードロックの新星、H.E.A.Tのデビュー・アルバム。学生バンドを母体に結成され、スウェーデンのロック・フェスティバルで注目を集めて、メジャー・デビューにつながったとのこと。メンバーは、ケニー・レクレモ(Vo)、エリック・リヴァース(Gt)、デイヴ・ダロン(Gt)、ジミー・ジェイ(Ba)、クラッシュ(Dr)、ヨナ・ティー(Key)。2008年アルバム・リリース当時みな22~3歳というのがいいですね。やっぱりロックは本来若者の音楽だし。出てくる音が、若々しく溌剌としていて気持ちがいい。"Intro"のSEに続く、オープニング曲"There For You"のドラマチックなギターから、もうワクワクさせてくれます。収録されている曲は全てメンバーの書き下ろしで、高揚感に満ちた素晴らしいメロディが目白押し。メロハーバンドで意外に少ないツイン・リード編成のハモりも美しい。メロハー者がイメージする「北欧の音」ピッタリです。ブックレットや、ウェブで見る限り、ルックスも中々にいい線いってます。難を言えば、ボーカルがやや不安定か。とにかく、今現在このようなメロディを大事にした音楽が、残念なことに多くの人々から支持を得られない中で、新鮮なメロディアス・ハードロックを聴かせてくれるグループが新たに登場したことが何よりうれしいと思います。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Intro
02. There For You (H.E.A.T)
03. Never Let Go (Dave Dalone, Jona Tee)
04. Late Night Lady (Dave Dalone, Jona Tee, Kenny Leckremo)
05. Keep On Dreaming (Dave Dalone, Jona Tee)
06. Follow Me (Dave Dalone, Jona Tee, Kenny Leckremo)
07. Straight For Your Heart (Dave Dalone, Jona Tee)
08. Cry (Dave Dalone, Jona Tee)
09. Feel It Again (Kenny Leckremo, Crash)
10. Straight Up (Dave Dalone, Kenny Leckremo, Crash)
11. Bring The Stars (Dave Dalone, Jona Tee)
12. You're Lying (Dave Dalone, Jona Tee)
13. Feel The H.E.A.T (Kenny Leckremo)
14. Stay (2008 version) [bonus track] (Jona Tee)

■Personnel
Kenny Leckremo - Vocals
Dave Dalone - Guitars
Eric Rivers - Guitars
Jona Tee - Keyboards
Jimmy Jay - Bass
Crash - Drums

Producer – H.E.A.T & Michael Vail Blum

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ