メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

24K

Bulletproof / 24K (2001)

0147Bulletproof










ムラデン(Von Groove/Final Frontier)とフィル・ナーロ(Naro/Tango Down/D Drive)を中心としたカナダのハードロック・バンド24Kの2ndアルバム。この2人は元々1980年代に24Kというバンドを組んでいたことは前作のレビューでも触れました。彼ら以外のメンバーも、カナダのハードロック・グループやプロジェクトでお互い度々共演しているメンツです。ベースのスタン・ミツェク(マイチェック?ミクジック?)は前作から引き続きの参加。フィル・ナーロと共にBlood Red Flower、Mark St. John Projectでプレイしています。またHarem Scaremのダレン・スミスのBlack Starに参加している他、Harem Scaremの2013年日本ツアーにも加わっています。ドラムのロジャー・バンクスも前作からの横すべり組。前述のMark St. John Projectでフィル・ナーロ、スタン・ミツェクと共演、Sarasin A.D.でフィル・ナーロ、ジョン・ロジャースと共演。そのジョン・ロジャースは本作から参加したキーボーディストですが、フィル・ナーロのソロ・アルバムでフィル・ナーロ、ムラデン、ロジャー・バンクスと共演。というような具合です。

このアルバムも前作同様Von Grooveに通じるヘヴィな音です。そこに70年代ハードロックの様々なエッセンスや、ビートルズ風味をまぶしているのが特色。#9"Last Time I Fall In Love"などメロハー寄りの楽曲もあるものの、アルバム全体としてはメロハーのストライク・ゾーンからはやや外れます。しかし何度か聴くうちに、ひねりが効いた妙にポップな24Kサウンドに結構ハマってしまいます。それから、前作でもがんばっていたスタン・ミツェクのベース・ラインがすこぶるカッコいい。このバンド、今のところ(2014年)3rdは出ていません。このメンツでもっとやればいいのに。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Black & Blue
02. Consider Yourself Lucky
03. Get It While You Can
04. Bulletproof
05. Anything For You
06. Pennsylvania
07. Put The Blame On Me
08. 2000 Years
09. Last Time I Fall In Love
10. Bad Day
11. Stone Heart [Bonus Track]
All songs written by Mladen & Phil Naro

■Personnel
Mladen - Guitars
Stan Miczek - Bass Guitar
Roger Banks - Drums
John Rogers - Keyboards
Phil Naro - Vocals

Producer - Mladen 

Pure / 24K (2000)

0027Pure

ヴォン・グルーヴのムラデン、タラス(ミスター・ビッグのビリー・シーンのバンド)のフィル・ナーロが組んだメロディアス・ハードロックのプロジェク トの1st。ライナーを読むと、実はこの2人は、ヴォン・グルーヴ結成以前の1987年頃24Kというバンド名を名乗って、地元カナダで活動していた時期があったそうです。そして、凄腕プロデューサーのエディ・クレイマーとともにデモテープ制作まで至ったのに、結局アルバムとして陽の目をみないまま24Kは解散してしまいました。月日は流れ、それぞれにキャリアを積んだ2人が、久しぶりに24Kを復活させて制作したアルバムが、このPureというわけです。

ハー ドでメロディアス、そしてなんだか掴みどころがないというか、ややひねりが効いているというのは、やはりヴォン・グルーヴに似ています。1曲だけゲスト参加したビリー・シーンが凄まじいベースを聴かせる"Black Sheep Of Society"、サビのメロディがどこか懐かしい"Standing In The Middle"、エアロスミスっぽい"The Gypsy In Me"など、曲調はバラエティ豊かで飽きさせません。筆者のお気に入りは、擬似ライブを演出した"After The Show"。「ショーが済んで、音楽が終わり明かりが消えたら、愛し合おう」みたいな、ロマンチックというか、フザケた歌詞が哀愁のメロディに乗って歌われていて最高です。作曲はムラデンとフィル・ナーロですが、"Surrender (In The Name Of Love)"だけ、KISSのピーター・クリスとの共作になっています。ナーロが一時期ピーター・クリスのソロ活動に加わっていた関係からだと思います。なお、"The Gypsy In Me"と"Masquerade"の2曲のみ、ギターソロはムラデンではなくスラヴ・シマニックとなっています。旧ユーゴのセルビア生まれのカナダ人で、 彼のソロ・アルバムにはフィル・ナーロも参加しています。ムラデンは同じ旧ユーゴ、クロアチア生まれのカナダ人、これも何かの縁でしょうか。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Black Sheep Of Society (Mladen, Phil Naro)
02. Standing In The Middle (Mladen, Phil Naro)
03. Meeting This Way (Mladen, Phil Naro)
04. Surrender (In The Name Of Love) (Mladen, Phil Naro, Peter Criss)
05. The Gypsy In Me (Mladen, Phil Naro)
06. Broken Promises (Mladen, Phil Naro)
07. After The Show (Mladen, Phil Naro)
08. Call Out To Me (Mladen, Phil Naro)
09. Now's The Time (Mladen, Phil Naro)
10. Masquerade (Mladen, Phil Naro)
11. Stone Heart (Mladen, Phil Naro)

■Personnel
Phil Naro - Vocals
Mladen - Guitars, Keyboards, Harp

Billy Sheehan - Bass

Roger Banks - Drums
Stan Miczek - Bass
Chris Sevdalis - Keyboards
Omar Davis - Keyboards
Slav Simanic - Additional guitar

Producer - Mladen

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ