メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

Various Artists

Hollywood Underground (1996)

0206Hollywood Underground










Warrantのエリック・ターナーとジェリー・ディクソン主宰による、LAメタル同窓会セッション・アルバムです。参加しているのはWarrant、Keel、Southgang、Roxy Blue、Black’N’ BlueなどのLAメタル系バンドのメンバー、元メンバーたち。筆者はLAメタルには関心が薄いので、知っている名前はケリー・ケイギーとジェイムス・コタック、それにブッチ・ウォーカー程度でした。じゃあ、なんで買ったのかというと、ジェフ・スコット・ソートが1曲("Arms Of Love")だけ歌っているから。Eyewitnessの1枚目でトッド・プラントが歌っている哀愁メロハーです。レコーディングの順番からすると本作のほうが後なので、おそらくEyewitnessに提供した曲なんでしょうね。トッド・プラント・バージョンもいいのですが、やっぱりジェフ・スコット・ソートは一味違います。ハリのあるソウルフルな歌い回しで哀愁度二割増しです。他にもLAメタルとメロハーの両方の要素をもつ曲が多くて意外に楽しめました。アコギの使い方も、いかにもアメリカンっぽくて好印象です。ただラストの曲だけはなんだか変に「モダン」で、アルバムの趣旨に合っておらず浮いている感じ。それから、全体にサウンド・プロダクションが酷すぎます。シロウトじゃないんだから、いくらなんでもこの音質はないでしょう。。。。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Honey (Erik Turner, Butch Walker)
02. Arms Of Love (Jerry Dixon, Galen Walker)
03. Does It Matter (Jerry Dixon, Erik Turner, Joey Cagle, Strven Chamberlin, Todd Poole)
04. Faraway Eyes (Erik Turner, Tommy Thayer, Jani Lane)
05. Cry Baby (Erik Turner, Brad Bailey)
06. Girl (Erik Turner, Butch Walker)
07. Feel (Jerry Dixon, Erik Turner, Joey Cagle, Strven Chamberlin, Lee Kaights)
08. I'll Get By (Jerry Dixon, Erik Turner, Joey Cagle, Strven Chamberlin, Pat Briggs)
09. Lap Of Luxury (Jerry Dixon, Erik Turner, Joey Cagle, Strven Chamberlin, Pat Briggs)
10. Best I Can (Erik Turner, Todd Meager)
11. When Will It End  (Rick Steier, Todd Pinnock, Bruce Nauman)
12. In Confusion (Mark Ferrari, Michael Mulholland, Danny Gill)

■Personnel
Jeff Scott Soto - vocals
Butch Walker - guitar
Todd Poole - vocals
Joey Allen - guitar
Tommy Thayer - guitar
Brad Bailey - guitar
Jerry Dixon - bass
Erik Turner - guitar
Pat Briggs - vocals
Lee Kaights - vocals
David Brookes - vocals
Jani Lane - vocals
Galen Walker - guitar
Kelly Keagy - drums, vocals
Jesse Hart - vocals
James Kottak - drums
Bruce Nauman - vocals
Rick Steier - guitar
Mark Ferrari - guitar
Michael Mulholland - vocals

Producer - Erik Turner, Jerry Dixon
Excutive produce - Obi Steinman

虹伝説 - 虹を継ぐ覇者 (1998)

0193Niji Densetsu










森川之雄(Vo - Anthem, Goldbrick)、梶山章(Gt - Precious, Goldbrick)を中心とする日本人HR/HM系ミュージシャンによる、1998年リリースのレインボー・トリビュート・アルバム。この手のトリビュート盤の中でも屈指のクォリティを誇るアルバムです。森川、梶山以外のバンド・メンバーは、ドラムに工藤義弘(Earthshaker, Gracias)、キーボードに永川敏郎(Gerard, Earthshaker)と岡垣正志(Terra Rosa, Jill's Project)、ベースに加瀬竜哉と内田雄一郎(筋肉少女帯)というラインナップとなっています。またゲストとして、レインボーに在籍したジョー・リン・ターナー、デヴィッド・ローゼンタールが加わっているのもすごいです。

本作ではなんと言っても梶山章のギターの巧みさが際立っています。リッチーのニュアンスを再現しながら、より現代的なテクニックをプラスしてメリハリのあるドラマチックなソロを組み立てています。もちろんバッキングも完璧だし、トーン・コントロールもニヤリとさせるし、全くもって脱帽です。いや~、ストラトってほんとうにいい音だな~って感じさせてくれます。本作をきっかけに、ジョー・リン・ターナーのプロジェクトに度々抜擢されるのも頷ける充実したプレイですね。やはり問題はボーカル。抜群に上手いんですよ、もちろん。しかし、これは森川氏に限った話ではないのですが、自分が日本人だからか、どうしても日本人HR/HMシンガーの声の出し方や歌いまわしに厳しくなってしまう。JLTとのデュエット曲などに顕著ですが、やっぱりなんか違うなぁという感じが拭えないのです。ラストの"Rainbow Eyes"のような静かな歌い方はいいのですが、力んだ歌唱にどうも不自然さとか、気恥ずかしさすら感じてしまいます。これは一種のアレルギーみたいなものかもしれません。その辺に目をつぶれば、全体として演奏の水準も高く、レインボーの曲の良さを改めて認識できる好盤だと思います。え?レインボーの方がいい?それを言っちゃお終いです。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Over the Rainbow (E.Y. Harburg/Harold Arlen)~Kill the King (R. Blackmore/R. J. Dio/C. Powell)
02. Spotlight Kid (R. Blackmore/R. Glover)
03. Eyes of the World (R. Blackmore/R. Glover)
04. Man on the Silver Mountain (R. Blackmore/R. J. Dio)~Mistreated (R. Blackmore/D. Coverdale)
05 Road to Babylon (D. Rosenthal)~Gates of Babylon (R. Blackmore/R. J. Dio)
06. All Night Long (R. Blackmore/R. Glover)
07. Starstruck (R. Blackmore/R. J. Dio)
08. Street of Dreams (R. Blackmore/J. L. Turner)
09. Drinking With the Devil (R. Blackmore/J. L. Turner)
10. Lost in Hollywood (R. Blackmore/R. Glover/C. Powell)
11. Light in the Black (R. Blackmore/R. J. Dio/R. Padavona)
12. Over the Rainbow (Reprise)
13. Rainbow Eyes (R. Blackmore/R. J. Dio)

■Personnel
森川之雄 - Lead & Backing Vocals
梶山章 - Electric & Accoustic Guitars
工藤義弘 - Drums, Percussion
永川敏郎 - Keyboards (3, 6, 8, 9, 10, 11)
岡垣正志 - Keyboards (1, 4, 7, 11)
加瀬竜哉 - Bass (2, 3, 5, 6, 8, 9, 10, 11), Accoustic Guitar (8)
内田雄一郎 - Bass (1, 4, 7)

Joe Lynn Turner - Lead & Backing Vocals (2, 9)
David Rosenthal - Keyboards (2, 5)

Producer - 梶山章、森川之雄

Rock For Japan (2011)

0017Rock For Japan

2011年3月11日の東日本大震災・福島第一原発事故の被災者へのチャリティCDを企画した、ドイツのメロハー/AORレーベルAOR Heavenの呼びかけに応え、世界中のメロハー/AORアーティストが曲を持ち寄り制作されたRock For Japan。ライナーによると、震災直後の呼びかけメールに対して、わずか24時間以内に20組以上のアーティストからの参加了承と未発表音源の提供申し 出があったそうです。このジャンルは特に日本で根強い人気があり、ミュージシャン側でも日本に対して格別の思いがあるのですね。ライナーには参加アーティ ストからのメッセージが、輸入盤にも関わらずきちんとした日本語で掲載されていますが、たとえばハーレム・スキャーレムは次のように語りかけています。
親愛なる日本の皆さんへ
HAREM SCAREMの20年のキャリアの中で日本はいつも私たちにとってとても特別な場所でした。過去15年間の間に14回以上来日し、沢山の友達と出会うこと ができました。永続的な交友関係も多く、日本での時間は私たちの人生の中でも最高の経験でした。日本が危機に直面している今、私たちの気持ちがあなたたち と共にあること、そして明るい明日が皆さんを待っていることを忘れないでください。
日本人として、しみじみありがたい気持ちでいっぱいになります。裏ジャケの「甦れ日本!」という文字には、不覚にもウルウルしてしまいました。

そ れにしても、AOR Heavenとアーティストの行動の素早さには驚かされます。Rock For Japanのフェイスブックを見ると、震災発生からわずか5日後の3月16日には、Rock For Japanというタイトルと30曲以上の収録が発表されています。3月24日には4月29日のリリースが予告され、3月30日にはジャケット写真が掲載さ れています。そして、実際に4月29日にCDがリリースされているのです。なお、この2枚組CDの売り上げによって得られた利益は、全て日本赤十字社への 寄付を通じて被災者のために役立てられるそうです。筆者自身は、未聴のバンドや名前すら知らなかったバンドの曲も数多く収録されているので、サンプル集と しても役立つと考え購入しました。John Lennon、U2、Bob Dylanといったメジャー・アーティストのSONGS FOR JAPAN に比べれば、その売り上げは微々たるものかも知れませんが、今となってはマイナーな存在のメロハー者としても、アーティストの心意気に応えたいと強く思った次第です。

以下、Rock For Japanのフェイスブックから詳細なトラックリストを転記させていただきました。
http://www.facebook.com/rockforjapan

CD 1:
1. FM – Kissed
(previously unreleased in Europe)
2. Tommy Heart - And I Know
(previously unreleased)
3. Grand Illusion - Yumi‘s Eyes
(previously unreleased, recorded during the ‘Brand New World’ sessions)
4. Harlan Cage - Sinner‘s Groove
(new recording)
5. Fiona - Love Along The Way
(new recording)
6. Dan Reed - I Don’t Mind
(previously unreleased, recorded during the ‘Coming Up For Air’ sessions)
7. Tony Harnell - One Way Ride
(previously only released on a digital only, self-released EP)
8. Grand Design - Love Will Shine The Way
(new recording)
9. Doogie White/ Pontus Norgren – Message Of Love
(previously unreleased cover of the Journey song of the same name)
10. Hartmann feat. Tobias Sammet - Brother’s (Live)
(recorded live at the Colossaal, Aschaffenburg, Germany in 2009; this version previously unreleased in Europe)
11. Brian McDonald - In Too Deep
(new recording)
12. Shotgun Symphony - The One
(new recording)
13. Brett Walker - Good Enough
(new recording)
14. Peter Beckett - Too Many Reasons
(new recording)
15. Poison Sun - Russian Racketeers
(previously unreleased; from the ‘Virtual Sin’ sessions)
16. Big Nature - One Way Ride
(feat. Chandler Mogel from Outloud & Talon on vocals; previously unreleased)
17. Legs Diamond - Missing A Part
(previously unreleased; from the sessions for the album ‘Diamonds Are Forever’)

CD2:
1. Soul Doctor - You’re All That I Want (Single Remix)
(2011 shortened remix of the song which originally appeared on the album ‘Soul Doctor’; this version previously unreleased)
2. Crown Of Thorns - I Won’t Wait
(previously available on the compilation album ‘Crown Jewels’; from the recording sessions of the album ‘Crown Of Thorns’)
3. Harem Scarem – Easier
(previously unreleased song)
4. Robin Beck - The One
(previously released on the 2011 album ‚The Great Escape‘)
5. Torben Schmidt - Run Away
(previously unreleased on CD)
6. Mark Spiro - Say Your Prayers
(previously unreleased)
7. House Of Lords - Spirit Of Love
(previously released on the album ‘Demons Down’)
8. Mitch Malloy - Anything At All (Live)
(recorded live at Firefest 2008; previously unreleased on CD)
9. Dogface - Fired
(previously unreleased)
10. Kane’d - Rock Against The D.J.
(previously unreleased)
11. Royal Hunt - Back To Square (Live)
(recorded live in Atlanta, USA in 2009; previously unreleased)
12. M.ill.ion - What I Want
(previously unreleased; from the sessions for the album ‘Kingsize’)
13. Johnny Lima - Nowhere Left To Go
(previously unreleased)
14. Tommy Denander - Where Is The Fire
(previously unreleased on CD; feat. Mikkey Dee on drums and John Leven on bass)
15. Chris Laney - Coming Home
(previously unreleased)
16. Bulletrain - Take Me To The Sun
(previously unreleased on CD; from the self-financed EP of the band)
17. Subsignal – Wingless
(previously unreleased demo version)

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ