メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

Eclipse

Second to None / Eclipse (2004)

0404Second To None









エリック・モーテンソン率いるスウェーデンのハードロック・バンドEclipseの2ndアルバム。エリック・モーテンソン(Vo, G)とマグナス・ヘンリクソン(G)は変わりませんが、ベースはフレドリック・フォルケ(Unleashed)、ドラムはマグナス・ウルフステットとなっています。他にサポート・メンバーとして、前作に続いてキーボードのマッツ・オラウソン、バック・ボーカルにヨハン・ファールベリ(Jaded Heart)が参加しています。

いかにもスウェーデンのメロディアスハードらしい音楽性でデビューしたEclipseですが、本作は1stに比べて若干ヘヴィさが増しているようです。それは良いとしても、メロディの魅力がイマイチで、曲の展開もちょっとチグハグかなと感じました。たとえば#1"Always Standing"のサビなんかはどう聴いても素っ頓狂だし、タイトル曲#3"Second to None"もヴァースはいいもののサビはあまりカッコいいとは言えないし、#5"I'll Ask for You"はやや退屈とさえ感じました。先走ってしまいますが、次作Are You Ready to Rockは文句無しの傑作となるわけで、本作はそこに至る試行錯誤の産物ではないかと思います。とは言うもののこのアルバムだって、そんじょそこらのバンドの及ばない高品質なもので、決して駄作・凡作の類ではありません。特に演奏面ではマグナス・ヘンリクソンのギターがますます本領発揮でブッ飛びまくっていて、これには思わずニヤニヤしてしまいます。

 評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Always Standing (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
02. All I Do (Erik Mårtensson)
03. Second to None (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
04. Streets of Gold (Erik Mårtensson)
05. I'll Ask for You (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
06. Nothing Between Us (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
07. Road to Forever (Erik Mårtensson)
08. Body and Soul (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
09. Light of Day (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
10. Season of Life (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
11. Better World (Erik Mårtensson)
Bonus Track
12. Masterpiece Girl (Erik Mårtensson) 

■Personnel
Erik Mårtensson - Vocals, Guitar
Magnus Henriksson - Lead & Rhythm Guitar
Magnus Ulfstedt - Drums
Fredrik Folkare - Bass

Mats Olausson - Hammond, Mellotron, Synthesizers
Johan Fahlberg - Background Vocals

Producer - Eclipse

The Truth and a Little More / Eclipse (2001)

0323The Truth And A Little More









スウェーデンのメロハー・バンドEclipseの1stアルバム。このところ、ジェフ・スコット・ソート、ロバート・サールとのW.E.T.や、ロニー・アトキンスとのNordic Unionの他、プロデューサー、ソングライターとしても八面六臂の活躍を示し、すっかりシーンのキー・パーソンの一人となったエリック・モーテンソンのリーダー・バンドのデビュー作です。メンバーは、ボーカル、リズム・ギター、ベースを兼任するエリック・モーテンソンの他、リード・ギターのマグナス・ヘンリクソン、ドラムとキーボードのアンダース・ベルリンというトリオ編成。不完全な編成なのでメンバーだけではライブが出来ませんね。Work of Artといい、Houstonといい、近年のスウェーデンのバンドはこういう形態が多いのは何故なのかな。なお、本作は2001年にZ Recordsからリリースされましたが、既に廃盤となっていて再発もされず、長い間非常に入手しづらい状況が続いています。

さて音のほうですが、いかにも北欧風のすっきりしたメロディアス・ハードロック。先行するスウェーデンのバンドのエッセンスをあちこちに感じます。一番近いと思ったのはOut of This World、Prisoners in ParadiseのころのEuropeで、エリック・モーテンソンの声質と歌唱スタイルもその当時のジョーイ・テンペストを思わせるものがあります。もちろん曲ごとのバラエティは豊富で、様々なタイプの楽曲が楽しめます。特徴的なのは、曲のアレンジが凝っていてスタイリッシュなこと。これがこのバンドを個性的に感じさせるポイントでしょうか。メロディ・ラインよりアレンジ、アンサンブルが耳に残る感じです。その点ではWork of Artにも通じていると思いました。全曲が佳曲以上の出来で、デビュー作にしてこの充実ぶりはさすがはエリック・モーテンソンです。ただ、文句なしの名曲というレベルの楽曲はないのが残念。

リード・ギターのマグナス・ヘンリクソンは、上手い上にちょっとトリッキーなとろもあって中々面白いと感じました。#8"Songs Of Yesterday"ではゲストのキー・マルセロ(ex-Europe)がエモーショナルなギター・ソロを聴かせてくれ、マグナス・ヘンリクソンとの違いが見えて興味深いです。ゲストと言えば、マッツ・オラウソンが一部の曲でキーボードを弾いていますが、この人2015年に亡くなっていたんですね。知りませんでした。

 評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Midnight Train (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
02. The Truth (Erik Mårtensson)
03. The Only One (Anders Berlin/Erik Mårtensson)
04. Message of Love (Erik Mårtensson)
05. I Believe in You (Magnus Henriksson/Erik Mårtensson/Anders Berlin)
06. I Thought I Had It All (Erik Mårtensson)
07. The Way I Feel (Erik Mårtensson/Anders Berlin)
08. Songs of Yesterday (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
09. A Little More (Erik Mårtensson)
10. Too Far (Magnus Henriksson/Erik Mårtensson)
11. How Many Times (Erik Mårtensson)
12. I Won´t Hide (Erik Mårtensson)

■Personnel
Erik Mårtensson - Vocals, All Rhythm Guitars, Bass
Anders Berlin - Hammond Organ, Keyboards, Drums, Percussion
Magnus Henriksson - Lead Guitars

Mats Olausson - Lead Keyboards on #11, All Keyboards on #9
Kee Marcello  - Lead Guitar on #8
David "Galen Gotlänning"Wallin - Backing Vocals
Madeleine Johansson - Cello on #8, #12
Anneli Magnusson - Backing Vocals on #10, #12

Producer - Eclipse, Fredrik Folkare


Amazon商品リンク

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ