メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

Strangeways

Native Sons / Strangeways (1987)

0390Native Sons









スコットランドのグラスゴー出身のイアン・J・スチュワート(Gt)、デイヴ・スチュワート(B)兄弟を中心とするメロディアス・ハードロック・バンドStrangewaysの2ndアルバム。本作から二代目ボーカリストとしてアメリカ人シンガーのテリー・ブロックが加入しています。後にThe Sign、Slamer、GiantTなど多くのバンド、プロジェクトで活躍する名ボーカリストだけあって、さすがに前任者とは雲泥の差と言わざるをえません。柔らかでありながらハリのある歌声、繊細な表現力が素晴らしいです。ただ、サウンドの方は前作と同じくバリバリ80年代風のポップなAORハードで、やっぱり好みから外れます。この手の音はアレンジとサウンド・プロダクションが不可分なので、もうどうにもなりません。リバーブかけ過ぎで団子になってるし、スネアの音がパンパンとウザイし、オシャレなキーボードが陳腐だし、なんでこういうのが流行ったのか。60~70年代の素朴な味、2000年代以降のクリアな音像の方が全然いいと思うんだけどなぁ。メロディそのものはいいんです。特に#2"Only a Fool"は名曲レベル。全曲再アレンジで再録音してくれたらうれしいけど無理でしょうね。

なお、筆者の聴いているのは、イギリスのMajestic Rockによる2006年リマスター再発盤で、ボーナス・トラックとして4曲のライブ音源が収録されています。熱気が感じられる良い演奏なのですが、音質的にイマイチなのが残念です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Dance With Somebody (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
02. Only a Fool (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
03. So Far Away (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. D. Stewart)
04. Where Do We Go From Here (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
05. Goodnight L.A. (Lyrics & Music:T. Brock)
06. Empty Streets (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
07. Stand Up and Shout (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
08. Shake the Seven (Lyrics & Music:I. J. Stewart)
09. Never Gonna Lose It (Lyrics & Music:I. J. Stewart)
10. Face to Face (Lyrics:I. J. Stewart, T. Brock  Music:I. J. Stewart)
Bonus Tracks
11. Stand Up and Shout (Live)
12. Breakin' Down the Barriers (Live)
13. Dance With Somebody (Live)
14. Never Gonna Lose It (Live)

■Personnel
Terry Brock - Vocals
Jim Drummond - Drums
David Stewart - Bass Guitar
Ian Stewart - Lead Guitar

Dave Moore - Keyboards

Producer - John Punter

Strangeways / Strangeways (1985)


0303Strangeways









イギリス(スコットランド)のメロディアス・ハードロック・バンド、ストレンジウェイズ(Strangeways)の1stアルバム。Strangewaysというと、後にGiantのボーカリストとなるテリー・ブロックが在籍したことが知られていますが、この1stではトニー・リドルという人がボーカルを担当しています。他のメンバーはイアン・J・スチュワート(Gt)、デイヴ・スチュワート(B)、ジム・ドラモンド(Ds)、アラン・トムソン(Key)。プロデュースはJourneyなどを手がけ80~90年代の売れっ子プロデューサーだったケヴィン・エルソン。

跳ねたリズムの曲が多く、ちょっとオシャレなハードAORという路線でしょうか。しかし、このオシャレ感が今となっては逆に陳腐な印象となってしまっています。80年代特有の深い残響音が災いして、各パートの音にベールを被せたようでこれもマイナス・ポイント。好みもありますが、ボーカリストの苦しげな金切り声もいただけないなぁ。ただ、よく聴くとメロディ・ラインはかなり魅力的だと思いました。なお、筆者の聴いているのは、イギリスの再発レーベルRock Candyによる2011年リマスター再発盤で、ボーナス・トラックとして5曲のデモ音源が収録されています。デモなので音質はより悪く、熱心なファンでなければオマケとしての価値は高くはないでしょう。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Kid Needs Love
02. Hold Back Your Love
03. Close to the Edge
04. Heartbreak Zone
05. Cry Out
06. Power Play
07. Breakin’ Down the Barriers
08. Now It’s Gone
09. More Than Promises
10. Hold Tight
Bonus Tracks
11. All the Wrong Reasons (Demo)
12. Hold On (Demo)
13. Close to the Edge (Demo)
14. Breakin’ Down the Barriers (Demo)
15. Streets on Fire (Demo)
All songs written by Ian J. Stewart 

■Personnel
Ian J. Stewart - Lead Guitar, Background Vocals
David Stewart - Bass Guitar, Background Vocals
Tony Liddell - Lead Vocals
Jim Drummond - Drums, Background Vocals
Alan Thomson - Keyboards

Tony Rivers - Additional Background Vocals
Alan Carvell - Additional Background Vocals

Producer – Kevin Elson


Amazon商品リンク

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ