Night Ranger(ナイト・レンジャー)のブラッド・ギルス、ジャック・ブレイズが在籍し、ケリー・ケイギーもツアー・メンバーとして関わっていたファンク・ロック・バンドRubicon(ルビコン)。Sly & The Family Stoneのジェリー・マルティーニを中心に結成され、Rubicon(1978)、America Dreams(1979)という2枚のアルバムを残して消えていったバンドです。また、1978年のカリフォルニア・ジャム2に出演し、その映像は日本のTVでも放映されました。筆者はLP時代に聴き倒し、カリフォルニア・ジャム2も出はじめのベータ・ビデオで録画して何度も見た記憶があります。長らくLPでしか聴くことができなかった彼らのアルバムが、ようやく2009年にRenaissance Recordsから1stと2ndを1枚のディスクに合わせて収録したCDが出されて、気軽に楽しめるようになったのは嬉しい限りです。

さて、このRubiconは、Sly & The Family Stone、Cold Blood、Tower of Powerといったベイエリアのファンク・バンド(いわゆるオークランド・ファンク)のお仲間なわけですが、珍しくハードロック的要素を持っているのが特色で、一方AOR/メロハーっぽいポップでメロディアスな曲もあったりします。その辺がNight Rangerにつながる要素なのかなと。ジャック・ブレイズのスラッピング(当時はチッョパー・ベースと言っていた)はジェリー・マルティーニ請われて加入しただけあって最高にカッコよく、二十歳そこそこのブラッド・ギルスも最初っから上手いです。普通にファンクとしてハイ・クォリティだし、Night Rangerの中核メンバーがキャリアの初期にどんな音楽をやっていたのかという興味の持ち方でも聴けるし、また米米クラブとか好きな方にもお薦めできるようなバンドです。筆者なんかはNight Rangerよりこっちの方が好きだったりします。

■Personnel
Jerry Martini - Sax
Max Haskett - Trumpet
Dennis Marcellino - Sax
Jim Pugh - Keyboards
Greg Eckler - Drums
Jack Blades - Bass
Brad Gillis - Guitars



※筆者は前述のRenaissance Recordsのニコイチ盤を購入しましたが、その後2011年に日本のAir Mail Recordingsから、1st「シスコの熱風」、2nd「夢のアメリカ」とLP時代の邦題で、リマスター&紙ジャケ仕様のCDも発売されています。


※カリフォルニア・ジャム2のライヴ盤。2曲のみRubiconが収録されています。DVDもあるはずなんですが、Amazonでは扱っていないようです。