0270Indigo Dying









チリ出身の女性ボーカリスト、ギザ・ヴァッキーを主役にすえたメロハー・プロジェクトIndigo Dying(インディゴ・ダイング)の、今のところ唯一作。楽曲はオリジナルではなく、オルタナティヴ系からポップ・ソウルまで様々なアーティストの曲をカバーしています。リリースはイタリアのメロハー・レーベルFrontiers Recordsで、同じ頃ミケーレ・ルッピをフィーチャーして制作されたLos Angelesと同様の企画です。プロデュースはFrontiersお抱えのファブリツィオ・グロッシでベースも兼任。その他バックを勤めたプレイヤーは、ジョン・マカルーソ(Ds)、モルディ・ハウザー(Gt)、トミー・デナンダー(Gt)、ジェイミー・テラモ(Key)と、これもLos Angelesとだいぶ重なっています。また、マイケル・キスク(Helloween、Unisonic etc)とマーク・ボールズ(Yngwie Malmsteen、Ring of Fire etc)がゲスト・ボーカルとして動員され、さすがに堂々とした歌いっぷりを披露しているのも注目点。

さてアルバムの中身ですが、筆者には色々と疑問符が付いてしまうものでした。静かなピアノをバックに歌い出して、歪み切ったギターと大音量のドラムとベースがいきなり入ってくるというようなパターンが多く、それが鼻につきます。ゴシック・メタル・バンドやEvanescenceを想起させるようなサウンドで、静と動を対比させるといった狙いがあるのかも知れませんが、果たして成功しているのかどうか。ギザ・ヴァッキーの歌唱自体は表情豊かで好感が持てるものです。しかし、メロディ・ラインも種々雑多なカバー曲を、同じような強烈なサウンドをバックに、それでも有無を言わせず自分の持ち歌のように聴かせるほどの歌唱力や強烈な個性はありません。むしろボーカルがバンドの爆音に埋もれがちになってしまっています。もちろんそれは、主役を振られたギザ・ヴァッキーや、スタジオで指示通り仕事をしたミュージシャンの責任ではないでしょう。選曲・アレンジからサウンド・プロダクションまで、レコーディング一切を取り仕切ったであろうファブリツィオ・グロッシを含め、レーベル側の問題です。ちょっと無理のある企画だったんじゃないかなぁ。ギザさんは以前ユーミンのアルバムにバック・ボーカルで参加したこともあるらしい。ソロ歌手として初めてのアルバムだったのに、オリジナル曲ではなくカバー企画一発でその後音沙汰なくなってしまったギザさんが、なんだか可哀相に感じてしまうのです。

 評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. All I Never Wanted (Kara DioGuardi/John Shanks)
02. Hear Me (Kelly Clarkson/Kara DioGuardi/Clif Magnes)
03. Breathe In Water (Anggun/Jean Fauque/Jean Pierre Taieb)
04. Better (Tiffany Arbuckle Lee/Shaun Shankel/Matt Bronleewe)
05. Taken (Tiffany Arbuckle Lee/Shaun Shankel/Matt Bronleewe)
06. Superman (Sahaj Ticotin)
07. Island (Debby Holiday)
08. Remember (I.O.U.) (Eric Durrance/Rick Jackson)
09. Real Life Fairytale (Matt Bronleewe/Tiffany Arbuckle Lee)
10. Far Enough (Sahaj Ticotin)
11. Shattered Life (Joseph Rojas/Josh Schwartz/Jeremy Holderfield)
12. Go (Anggun/Jean Pierre Taieb)
13. Go ( Remixed )

■Personnel
Gisa Vatcky - Lead & Backing Vocals
John Macaluso - Drums
Mordechai "Mordy" Hauser - Guitars
Jamie Teramo - Keyboards, B3, Piano
Fabrizio Grossi - Bass, Orchestrations Programming, Sitar, Acoustic Guitar
Tommy Denander - Additional Guitars
Joshua Berkowitz - Additional Guitars
Michael Kiske - Vocals on "Breathe In Water"
Mark Boals - Vocals on "Superman" and "Fair Enough"

Producer – Fabrizio Grossi