メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

Soul Doctor

Systems Go Wild! / Soul Doctor (2002)

0381Systems Go Wild









Fair Warning脱退後トミー・ハートが結成したドイツのハードロック・バンドSoul Doctorの2ndアルバム。バンド・メンバーは前作と変わらず、クリス・ライン(G)、J.D.ことヨルグ・ダイジンガー(B)、ザッキーことアタナシオス・ツォウカス(Ds)。音の方もやはり前作同様の路線で、ロックン・ロールをベースにしたオーソドックスでソリッドなハードロックです。収録曲は全てバンドとスティーヴ・プランケット(Autograph)によって書かれており、この点も前作と同じです。

バンドにとって2作目となるこのアルバムは、シンプルな楽曲、高い演奏力、装飾を排したプロダクションが相まって、前作以上にタイトな印象を受けます。加えて、若干ですがメロディに叙情味が増しているので、更にGotthardやShakraといったスイス勢の音に近くなったように感じます。再結成後のややまったりし過ぎたFair Warningより、このSoul Doctorの方がむしろいいかなぁ。聴いていてとても気持ちがいいんですよね。楽曲は全曲素晴らしいのですが、特にお気に入りなのは、突進するリフがカッコいい#1"Livin' the Life"、リフがJudas Priestっぽい#3"Get It On"、ブルージーでメロディアスなバラード#4" See You In Heaven"、高揚感溢れるロックンロール#6"Cheap Talk"といったところ。Led Zeppelinの影響が顕著ですがメロディアスな要素もある、#8"Our Time"、#9"Good Time's Slippin' Away"、#10"Just Can't Get Over You"の3連発もカッコいいです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Livin' the Life (Steve Plunkett, Peter Beckett)
02. Wrong or Right (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
03. Get It On (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
04. See You In Heaven (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
05. All Systems Go! (Tommy Heart, Chris Lyne, Zacky, Steve Plunkett)
06. Cheap Talk [Japanese bonus track] (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
07. Somebody (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
08. Our Time (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
09. Good Time's Slippin' Away (Tommy Heart, Chris Lyne, Zacky, Steve Plunkett)
10. Just Can't Get Over You (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
11. Waitin' (Sinisha Licanin, Tommy Heart, Chris Lyne, Zacky)

■Personnel
Tommy Heart - Vocals
Chris Lyne - Guitar
J.D. - Bass
Zacky - Drums

Sinisha Licanin - Keyboards

Producer - Tommy Heart, Chris Lyne


Amazon商品リンク

Soul Doctor / Soul Doctor (2001)

0256Soul Doctor









Fair Warning脱退後トミー・ハートが結成したSoul Doctor(ソウル・ドクター)の1stアルバム。トミーのFair Warning脱退の経緯については本作ライナーノーツに詳述されていますが、簡単に言ってスタジオ録音がメインでライブに消極的なバンドの姿勢が不満だったということらしいです。Fair Warningの主導権はウレ・リトゲンとヘルゲ・エンゲルケが握っており、曲作りも独占されていることにもフラストレーションが溜まっていたのでしょう。2000年の来日公演を前にアンディ・マレツェクが一足先に脱退しており、公演後にトミーが抜けFair Warningは解散状態に陥ることになります。

さて、このトミー・ハートの新バンドSoul Doctor、トミー以外のメンバーですが、まずギターにクリス・ライン。トミーの幼馴染だそうで、1980年代にトミーと共にHeartlyneというバンドを組んでいました。ハートとラインでハートラインなわけですね。ベースはJ.D.ことBonfireのヨルグ・ダイジンガー。ドラムはザッキーことアタナシオス・ツォウカス(Athanasios Tsoukas)、なんだかビザンツ皇帝のようなスゴイ名前のこの人はドイツのメタル・バンドAttackの出身です。そして、プロデューサーのジム・ヴォックスはドイツのHRバンドSkew Siskinのギタリスト。ついでにAdditional musiciansですが、クラッシュ・クリックはSkew Siskinのドラマー、アレクサンダー・ストローチは元Heartlyneのキーボード奏者。イゴール・フラッハは故人ですがドイツのブルース・ハープ奏者。ちなみに、Skew Siskinのベーシストであるヨギー・ラウテンベルクは元Heartlyneのメンバーで、後にSoul Doctorにも参加します。こうして見てくると、Soul Doctor、Heartlyne、Skew Siskinは相互に関係が深く、Zeno~Fair Warning系のつながりとは別のトミーの人脈が伺えます。

そういう人脈を反映して本作のサウンドも、Zeno~Fair Warningに共通した叙情的なメロディアス・ハードロックとは異なり、ロックン・ロールとブルースをベースにした、オーソドックスなハードロックとなっています。Fair Warningにはその要素が全くなかった泥臭ささえ感じられるものの、乾いた感じは受けない音、たとえて言うなら初期Gotthardに類似しているかな。そんなわけで、Soul DoctorにFair Warningの面影を見出すのは難しいでしょう。もちろん、高揚感に満ちたトミー・ハートの声と歌いまわしは変わらないので、その点ではFair Warning同様に不安なく楽しめます。ロックン・ロール調の曲だとロバート・プラントを思わせるような歌いっぷりで、これはこれでまたカッコいいです。なお、Foreignerのカバー#1"Soul Doctor"以外は、収録曲は全てバンドとスティーヴ・プランケット(Autograph)によって書かれたもの。ストレートかつシンプルですが、ライブ映えしそうな曲ぞろいです。なるほどトミーはこういう音楽がやりたかったのかと納得できます。しかしまあ、これだけのテンションとパワー感を、スタジオ録音に詰め込んだこのバンドとプロデューサーの力量は大したもんだなぁと感心しました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Soul Doctor
02. Shake 'Em on Down
03. Goodbye
04. Before the Night Is Over
05. Unspoken Words
06. What Do U Want
07. Who Will Be There
08. You're All That I Want
09. Down the Blvd.
10. Emotion in Motion
11. Does It Feel Like Love
12. Wild and on the Run [bonus track]
All songs written by T. Heart, C. Lyne, J. Deisinger, Zacky and Steve Plunkett
except "Soul Doctor" written by M. Jones/L. Gramm

■Personnel
Tommy Heart - Vocals
Chris Lyne - Guitar
J.D. - Bass
Zacky - Drums

Additional musicians - Crash Klick, Alexander Strauch, Andreas Kemper, Igor Flach

Producer - Soul Doctor
Co-producer - Jim Voxx

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ