メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

Faithfull

Horizons / Faithfull (2008)

0341Horizons









ポルトガルのメロハー・バンドFaithfull、5年ぶりの2ndアルバムです。1stは日本盤も発売されていましたが今回は無し。日本ではあまり売れなかったのかもしれません。この2ndも基本路線は前作同様に明朗なハードポップで、Danger Danger、Terra Novaあたりを想起させる曲調とサウンドです。ただ、小ぢんまりとおとなし目だった演奏が、グッとタイトでダイナミックになっています。また楽曲の出来も向上しバリエーションも1stより豊かになって、全体にワンランク上がった印象。ジョン・ボン・ジョヴィやポール・レインを粘っこくしてクラウス・マイネをプラスしたようなボーカルも個性的でイイ感じです。アルバム後半はやや息切れ気味となるものの、心地よい爽快系メロハー#1"Time Flies"、#2"Somehow"、#7"Blindfold"、リフやメロディがHarem Scaremを思わせる#3"Save the Clowns"、ちょっとScorpions風の#4"In My Defense"、#6"Do You Give a Damn"など佳曲も多く、聴いて損はありません。3枚目も聴いてみたいところですが、残念ながらバンドは活動停止か解散したらしく、今のところ本作以降のアルバム発表はありません。バンド・メンバーのうち、ルイ・マーティンズ(gt)とマリオ・バルボサ(b)はIntuitiveというバンドを結成、アルバムもリリースしているようですのでいつか聴いてみたいと思っています。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Time Flies (Music & Lyrics: R. Martins)
02. Somehow (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
03. Save the Clowns (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
04. In My Defense (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
05. Who's the Face (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
06. Do You Give a Damn (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
07. Blindfold (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
08. The Best of Me (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
09. "Never" Came Today (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
10. You Walked Away (Music: R. Martins, Lyrics: Liliiana Pereira)

■Personnel
Sabino – vocals, backing vocals
Martins – guitars, backing vocals
Barbosa – bass
Ramos – drums

Liliiana Pereira - backing vocals
Rui Rocha - keyboards on 1, 4, 6, 8, 9, 10
Julio Guerreiro - keyboards on 2, 5

Producer - Faithfull

Light This City / Faithfull (2003)

0246Light This City









ポルトガルのメロハー/ハードポップ・バンド、フェイスフル(Faithfull)の1stアルバムです。メジャー・キーの明るく爽やかな曲が多く、テラ・ノバあたりに近い印象。ライナーには、ボーカリストの声がジョン・ボン・ジョヴィやポール・レインを思わせるとありますが、確かにその系統の声と歌唱です。ただ何故かマイナー・キーの曲になると、ちょこっとクラウス・マイネみたいになるのがおもしろい。曲調もスコーピオンズ風の#5"You Won't Get Me Now"、#7"Melting Your Ice"、#11"Way Back"とか、迫力があってカッコいいです。

バックの演奏は歌ものバンドとしてはまずまずなんですが、やや地味でおとなしいかな。ギター・ソロはもう少し見せ場が欲しいし、リズム隊も基本的なことしかやっていないので、もう一頑張りして欲しいところです。全体として、レコーディング用の慎重なパフォーマンスに終始している印象で、結果として小ぢんまりとした仕上がりになってしまったのかなと想像します。曲のほうは、メロディ自体はかなり良いのですが、曲調、テンポ、構成が同じような楽曲が多く、バリエーションに乏しいのが痛い。演奏面でも曲作りの面でも、この時点ではまだまだ発展途上のバンドなのかもしれません。しかしながらこのフェイスフル、2ndが出てから音沙汰ないところを見ると、活動停止か解散状態となった模様です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Light This City (R. Martins)
02. There's No Turning Back (R. Martins, S. Sabino)
03. All I Want, All I Need (R. Martins)
04. I've Been Missing You (R. Martins)
05. You Won't Get Me Now (R. Martins)
06. Ending Song (R. Martins, L. Pereira, S. Sabino)
07. Melting Your Ice (R. Martins, L. Pereira)
08. Learned My Lesson (R. Martins)
09. Like a Shadow (R. Martins, L. Pereira)
10. The Way I Am (R. Martins)
11. Way Back (R. Martins, S. Sabino)
12. Cast Out the Rain (Bonus Track) (R. Martins)

■Personnel
Sérgio Sabino – vocals, backing vocals
Rui Martins – guitars, backing vocals
Nuno Ledesma – bass
Sérgio Ramos – drums

Luis Barros - all keyboards, backing vocals
Paulo Barros - 2nd guitar solo on 11

Producer - Luis Barros

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ