メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

Streets

Crimes In Mind / Streets (1985)

0257Crimes in Mind










元Kansasのスティーヴ・ウォルシュと元City Boyのマイク・スラマーが結成したStreets(ストリーツ)の2ndにしてラストのスタジオ・アルバムです。路線的には前作と変わらず、メロディアスなハードロック+隠し味的プログレ風味というもの。ただ、前作ではスティーヴ・ウォルシュ単独で書かれた曲の比率が高かったのに比べて、ほとんどマイク・スラマーとの共作曲となっています。また、70~80年代に売れっ子コンポーザーだったランディ・グッドラムが、いくつかの曲作りに参加しているのも前作と異なる点です。そのせいか曲はよりメロディアスに、よりキャッチーになっており、また平均して曲の長さが短くなっています。あえて言うなら、前作は演奏を聴かせる方に、本作は曲を聴かせる方に重点が置かれているような印象。リズム隊の見せ場が減ってしまったのは残念ですが、マイク・スラマーのギターは、スリリングさが増して非常にカッコいい。こんなギターを弾きたいと思わせるギタリストです。

プロデューサーは前作のニール・カーノンからボー・ヒルにチェンジしていますが、サウンドは前作と変わらず80年代の典型的な音。今でもこういうの好きな人は好きなんでしょうね。筆者は苦手なので、大浴場で叩いているようなドラム、特にトコトコトコトコとわざとらしいタムとか多少イラっとします。まあ、そういう時代だったんだから仕方ない。

なお、本作も前作同様CD化が遅く、2002年Wounded Bird Recordsが最初にCD化、次いで2013年Rock Candyからリマスター盤が再発されています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Don't Look Back (Slamer/Goodrum/Walsh)
02. The Nightmare Begins (Slamer/Goodrum/Walsh)
03. Broken Glass (Walsh/Slamer/Goodrum)
04. Hit 'N Run (Walsh/Slamer)
05. Crimes In Mind (Walsh/Slamer)
06. I Can't Wait (Walsh)
07. Gun Runner (Walsh/Slamer)
08. Desiree (Walsh/Slamer)
09. Rat Race (Slamer/Goodrum/Walsh)
10. Turn My Head (Walsh/Slamer)

■Personnel
Steve Walsh - vocals, keyboards
Mike Slamer - guitars
Billy Greer - bass guitar, vocals
Tim Gerht - drums, percussion, vocals

Producer - Beau Hill

Streets / 1st (1983)

0180First










元Kansasのスティーヴ・ウォルシュと元City Boyのマイク・スラマーが結成したStreets(ストリーツ)のデビュー・アルバム。曲調はポップでメロディアスかつハード、そこに風味付け程度のプログレ要素入れましたという感じ。音作りのほうは今となっては少々古めかしい80年代的ゴージャス・サウンドです。本作の主なカラーは、シングル・カットされた#1"If Love Should Go"や#2"Move On"のようなポップ・ロックですが、スティーヴ・ウォルシュのソウルフルでアクの強いボーカルは、むしろHumble Pie風の#3"One Way Street"ような曲でメロディをくずしながら歌うほうがイキイキしています。#8"Blue Town"なんかもそうだけど、まるでスティーヴ・マリオットみたいにカッコいいです。また、マイク・スラマーのギターは、この当時から粘りがあってキレもあり、さすがの職人技です。

ベースのビリー・グリアーは、Streets解散後スティーヴ・ウォルシュとともに再結成Kansasに参加、また後年マイク・スラマーとSeventh Keyを結成するなどしています。ドラムのティム・ゲルトはスティーヴ・ウォルシュの1stソロ・アルバムSchemer Dreamer (1980)に参加していたミュージシャン。Streets以降は、Joshua、Angry Anderson、Glenn Hughesのアルバムでプレイしています。プロデュースは、1970年代からYes、Hall & Oatesなどを手がけたニール・カーノン。このブログの対象とするバンドでは、Dokken、FM、Heavens Edge、Shyなどの数多くのアルバムをプロデュースしています。

なお、このCDは復刻・再発専門レーベルである米国Wounded Bird Recordsから2002年に出されており、おそらく他にはCD化されていないと思われます。
※追記2017年2月
英国の復刻専門レーベルRock Candyからも2013年に再発され、現在2種類のCD盤が出回っています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. If Love Should Go (Steve Walsh/Mike Slamer)
02. Move On (Steve Walsh)
03. One Way Street (Steve Walsh)
04. Lonely Woman's Cry (Steve Walsh)
05. Everything Is Changing (Steve Walsh)
06. Cold Hearted Woman (Marty Conn)
07. So Far Away (Steve Walsh)
08. Blue Town (Steve Walsh/Mike Slamer/Tim Gerht/Billy Greer)
09. Fire (Steve Walsh/Mike Slamer/Tim Gerht)

■Personnel
Steve Walsh - vocals, keyboard
Mike Slamer - guitars
Billy Greer - bass, vocals
Tim Gerht - drums, percussion

Producer - Neil Kernon

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ