メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

House of Lords / Giuffria

Giuffria / Giuffria (1984)

0396Giuffria









元Angelのキーボード奏者グレッグ・ジェフリアの名を冠した、アメリカのハードロック・バンドGiuffriaの1stアルバム。後にHouse of Lordsと改名することになるバンドです。この1stアルバムの時点でのグレッグ・ジェフリア以外のメンバーは、リード・ボーカルにデヴィッド・グレン・アイズレー(ex-Sorcery)、ギターにクレイグ・ゴールディ(ex-Rough Cutt)、ベースにチャック・ライト(ex-Quiet Riot)、ドラムは後にLondonに加入するアラン・クリガー。

このバンドのサウンドの最大の特徴は、グレッグ・ジェフリアのキーボードがアンサンブルの中心になっていることでしょう。時にシンフォニックに、時にキース・エマーソン風に、華麗で大袈裟なプレイが全面的にフィーチャーされています。一方、デヴィッド・グレン・アイズレーのボーカル・スタイルは、#3"Don't Tear Me Down"や#4"Dance"に顕著なようにソウルフルで野性的なものです。オーティス・レディングとかウィルソン・ピケット大好きみたいな。グレッグ・ジェフリアが何故ボーカリストとしてデヴィッド・グレン・アイズレーを選んだのかは謎ですが、このミスマッチ感が面白い。ギターのクレイグ・ゴールディも自由奔放に弾きまくっていて、なんだかてんでバラバラな感じ。でも結果として、類型的なアメリカン・ハードロックとは違うサウンドになっていて、それがこのバンドの魅力かなと思いました。

本作からシングル・カットされた#2"Call to the Heart"は全米チャートで15位を記録、アルバム自体26位とそこそこのヒットとなったようです。しかし後が続かず、2ndアルバムのセールス不振でバンドは分解、バンド名をHouse of Lordsに変えて再出発。その際デヴィッド・グレン・アイズレーは追い出されて、代わりにジェイムズ・クリスチャンがボーカリストの座に着きます。ジェイムズ・クリスチャンは大好きなシンガーなのですが、デヴィッド・グレン・アイズレーも捨て難い魅力があるのに。なんて思っていたら、近年デヴィッド・グレン・アイズレーとクレイグ・ゴールディを中心にバンドが再結成されたようです。2017年にアルバムもリリースしたようですが、本人不在でGiuffriaを名乗るのはさすがに憚られたのか、Eisley / Goldyという名義となっています。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Do Me Right (G. Giuffria, D. G. Eisley)
02. Call to the Heart (G. Giuffria, D. G. Eisley)
03. Don't Tear Me Down (G. Giuffria, D. G. Eisley, C. Goldy)
04. Dance (G. Giuffria, D. G. Eisley, C. Goldy)
05. Lonely in Love (G. Giuffria, D. G. Eisley)
06. Trouble Again (G. Giuffria, D. G. Eisley)
07. Turn Me On (G. Giuffria, D. G. Eisley, C. Goldy)
08. Line of Fire (G. Giuffria, D. G. Eisley)
09. The Awakening (G. Giuffria, D. G. Eisley)
10. Out of Blue (G. Giuffria, D. G. Eisley)

■Personnel
Gregg Giuffria - Keyboards, Vocals on #9
David Glen Eisley - Vocals
Craig Goldy - Guitar
Alan Krigger - Drums
Chuck Wright - Bass, Vocals

Producer - Gregg Giuffria

Demons Down / House of Lords (1992)

0304Demons Down









アメリカのハードロック・バンドHouse of Lordsの3rdアルバム。またまたメンバー・チェンジが行なわれ、グレッグ・ジェフリア(key)とジェイムズ・クリスチャン(vo)以外は総入れ替えとなっています。リズム・セクションは元Whitesnakeのトミー・アルドリッジ(ds)と元Quiet Riotのショーン・マクナブ(b)、ギターは元V.V.S.IのChick(デニス・チック)という布陣です。他にもティム・ピアースとダニー・ジェイコブスの2人のギタリストと、Kissのポール・スタンレー、前身バンドGiuffriaのボーカリストだったデヴィッド・グレン・アイズレー、女性ボーカリストのフィオナ、アイナがバック・ボーカルでクレジットされています。プロデューサーはこれまでのアンディ・ジョンズから、前作でミックスを担当していたデヴィッド・ソナーに交代。また、レーベルもRCA, Simmons Recordsを離れてVictoryからのリリースとなっています。

さて本作は、ジェフリア&クリスチャンに加えて外部ライターを数多く起用したせいか、楽曲の充実度は前2作を上回り、文句の付けようのない傑作ハードロック・アルバムとなりました。まさに名曲のすし詰め状態。ツワモノ揃いのメンバーによるどっしりとしてスケールの大きなサウンドが素晴らしすぎます。しかしながら商業的には成功を収めることができず、2000年代に復活するまでバンドは活動停止(解散?)に追い込まれてしまいます。なんとも不運というか残念な結末です。

01. O Father (J. Christian, G. Giuffria, M. Baker, B. Marlett)
荘重なキーボードに導かれてスタートするミドル・テンポのナンバー。最高のオープニング曲です。曲作りにはマーク・ベイカーとボブ・マーレットという2人のソング・ライターが参加しています。マーク・ベイカーはSignalなどへの曲提供でも知られています。ボブ・マーレットの方はThe Stormなどに曲提供しています。

02. Demons Down (J. Christian, G. Giuffria, M. Baker)
タイトル・トラックです。乾いたアコギが印象的に残るブルージーな曲で、ギター・ソロもメチャクチャカッコいいです。これもマーク・ベイカーとの共作曲。彼は本作収録曲中8曲でクレジットされています。

03. What's Forever For (,M. Baker, J. Christian, G. Giuffria)
哀感漂うメロディとゴスペル風のコーラスが印象的なバラード。ジェイムズ・クリスチャンの上手さが光る名曲です。この曲もマーク・ベイカーとの共作となっています。

04. Talkin' 'Bout Love (G. Giuffria, J. Christian, S. Johnstad, T. Aldridge, M. Baker)
ツェッペリンの影響を感じさせるヘヴィでドラマチックなナンバー。共作者の一人スティーヴ・ジョンスタッドは1stでも"I Wanna Be Loved"を書いています。

05. Spirit of Love (M. Spiro, G. Giuffria, J. Christian, T. Pierce)
ハウス・オブ・ローズには珍しく洗練されたAORっぽい雰囲気のバラード。著名なソング・ライターであるマーク・スピロと、ゲスト・ギタリストのティム・ピアースがクレジットされています。リード・ギターはティム・ピアースかもしれませんね。

06. Down, Down, Down (J. Christian, M. Baker, G. Giuffria, B. Marlett)
ヘヴィでワイルドなロックン・ロール。ちょっとAerosmith風かな。マーク・ベイカー&ボブ・マーレットとの共作曲。

07. Metallic Blue (G. Giuffria, J. Christian, M. Baker, M. Slamer)
これもハウス・オブ・ローズには珍しいポップでちょっとオシャレなスピード・チューン。文句なしにカッコいいです。ギター・ソロも出色の出来。マーク・ベイカーとマイク・スラマーが作者としてクレジットされていますが、後にマイク・スラマーは自身のバンドSteelhouse LaneのアルバムMetallic Blueでセルフ・カバーしています。本作と同じ時期にリリースされたHardlineの1st収録曲"Dr. Love"はやはりマイク・スラマーとマーク・ベイカーの共作曲で、これも同じくMetallic Blueでカバーされています。

08. Inside You (M. Spiro, A. Pasqua, G. Giuffria, J. Christian)
ストリングスをバックに切々と歌われるバラード曲。並みのシンガーだったら冗長に感じられそうですが、さすがはジェイムズ・クリスチャンです。マーク・スピロと共に、ジャズ・ピアニストでGiantのメンバーだったアラン・パスクアが共作者に名前を連ねているのが目を引きます。そう言えばGiantのLast of the Runawaysでもこの2人の共作曲が何曲もありました。

09. Johnny's Got a Mind of His Own (J. Christian, M. Baker, G. Giuffria)
一転してシンプルでタイトなロックン・ロール。こういう曲だとトミー・アルドリッジのドラムの凄さがよく分かりますね。

10. Can't Fight Love (M. Baker, M. Slamer, J. Christian, G. Giuffria)
ラストはいかにもこのバンドらしい、グッとテンポを落としたハードロック・ナンバーです。タメにタメたリズムがゾクゾクするほどカッコいい。マーク・ベイカーとマイク・スラマーとの共作曲です。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Personnel
James Christian - lead vocals
Gregg Giuffria - keyboards, background vocals
Tommy Aldridge - drums, background vocals
Sean McNabb - bass guitars, background vocals
Chick - guitars, background vocals

Tim Pierce - guest guitars
Danny Jacobs - guest guitars
Paul Stanley - guest background vocals
Fiona - guest background vocals
Aina - guest background vocals
David Glen Eisley - guest background vocals
Billy Trudel - guest background vocals

Producer – David Thoener, House of Lords


Amazon商品リンク

Sahara / House of Lords (1990)

0237Sahara









1990年リリースされたHouse of Lordsの2ndアルバム。1stで素晴らしいギターを弾いていたラニー・コードラが抜けて、新ギタリストとして元Shark Islandのマイケル・ガイがクレジットされています。しかし、実際のレコーディングではほとんどダグ・アルドリッジがプレイしているらしい。また、#4"Heart on the Line" では作曲者であるCheap Trickのリック・ニールセンが、#6"Sahara" では「高速ギタリスト」クリス・インペリテリが弾いているようです。その他にギターにマンディ・メイヤー(Cobra、Asia、Gotthard etc)、バック・ボーカルにロビン・ザンダー(Cheap Trick)、マイク・トランプ(White Lion)他多くのミュージシャンがクレジットされています。

アメリカのバンドながら、かつてのブリティッシュ・ハードロックの王道を行くようなサウンド、メロディアスな曲調は1stと変わりません。どっしり感とスリル感が両立したリズム隊、荘厳さを醸し出すキーボード、デヴィッド・カヴァーデイル+ロバート・プラントといった風情のジェイムズ・クリスチャンの歌唱、全て安定していてハードロックの醍醐味を堪能させてくれます。#1"Shoot"、#2"Chains of Love"、#5"Laydown Staydown"、#6"Sahara"、#7"It Ain't Love"、#9"American Babylon"とミドル・テンポの曲が多く、こういった曲調でこのバンドの魅力が最大に発揮されていると感じます。Blind Faithのカヴァー#3"Can't Find My Way Home"もちょっとアーシーで良い雰囲気だし、ラストの#10"Kiss of Fire"は凄まじいスピードとパワーで一部の隙無しです。全体として1stより曲の出来はさらに良くなっていると思いました。ただ筆者としては、Cheap Trick風の#4"Heart on the Line"、変に明るく冗長な#8"Remember My Name"は、あんまり面白くなかったなぁ。まあ、ひたすら重め、暗めで攻めると、通しで聴くと飽きちゃうのかもしれませんが。

プロデューサーは前作と同じく重鎮アンディ・ジョンズとバンド自身。前作はイマイチ音が良くなかったけど、今回はメジャー感が際立つサウンド・プロダクションに言うこと無し。なおエグゼクティヴ・プロデューサーに前作と同じくレーベルのオーナーであるジーン・シモンズがクレジットされています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Shoot (K. Mary/J. Christian/C. Wright/G. Giuffria)
02. Chains of Love (J. Christian/L. Cordola/J. Purdell/C. Wright/K. Mary/G. Giuffria)
03. Can't Find My Way Home (S. Winwood)
04. Heart on the Line (R. Nielsen)
05. Laydown Staydown (K. Mary/J. Christian/C. Wright/G. Giuffria)
06. Sahara (G. Giuffria/J. Christian/K. Mary/C. Wright)
07. It Ain't Love (G. Giuffria/J. Christian/K. Mary/C. Wright)
08. Remember My Name (N. Graham/B. Mitchell)
09. American Babylon (C. Wright/L. Cordola/J. Christian/K. Mary/G. Giuffria)
10. Kiss of Fire (C. Wright/J. Christian/K. Mary/G. Giuffria)

■Personnel
James Christian - lead vocals, additional guitars
Gregg Giuffria - keyboards, background vocals
Chuck Wright - 4, 8, and fretless basses, background vocals
Ken Mary - acoustic and electronic drums, background vocals
Michael Guy - guitars, background vocals

Rick Nielsen - additional guitars, additional background vocals
Chris Impellitteri - additional guitars
Doug Aldrich - additional guitars
Mandy Meyer - additional guitars
Robin Zander - additional background vocals
Mike Tramp - additional background vocals
David Glen Eisley - additional background vocals
Steve Plunkett - additional background vocals
Steve Isham - additional background vocals
Ron Keel - additional background vocals
S.S. Priest - additional background vocals
Billy Dior - additional background vocals
Robbie Snow - additional background vocals
Cheri Martin - additional background vocals
Melony Barnet - additional background vocals
Bruce Flohr - additional background vocals
David Sluts - additional background vocals
Shannon Wolak - additional background vocals
Margie Rist - additional background vocals
Erin Perry - additional background vocals
Kimberly Gold - additional background vocals
Aina Olson - additional background vocals
Breta Troyer - additional background vocals

Producer – Andy Johns, House of Lords
Executive Producer – Gene Simmons

House of Lords / House of Lords (1988)

0152House of Lords









アメリカのハードロック・グループHouse of Lords(ハウス・オブ・ローズ)が1988年にリリースした1stアルバムです。このバンドの前身は、元Angelのキーボード奏者グレッグ・ジェフリア率いるGiuffria。1stは売れたものの2ndがコケてレコード会社から切られたGiuffriaは、Angel時代に縁のあったKissのジーン・シモンズと接触します。ジーン・シモンズは自身が立ち上げたレーベルSimmons Recordsとの契約に同意したものの、バンド名とリード・ボーカルを変えることを指示。新ボーカルには、ジェフ・カンタナのバンドJasper Wrathや、Jasper Wrathの残党が結成したEyesで歌っていたジェイムズ・クリスチャンが決定。また、Giuffriaを離れQuiet Riotでプレイしていたベーシストのチャック・ライトも再合流。ギターのラニー・コードラ、ドラムのケン・メリーはそのままGiuffriaから横すべり。こうしてGiuffriaはHouse of Lordsとして再出発することになります。録音が始まっていたGiuffriaの3rdアルバムのデモ音源は、デヴィッド・グレン・アイズレー(お払い箱になったGiuffriaのボーカリスト)が2001年にリリースしたThe Lost Tapesで聴くことができます。そこには本作収録曲"Pleasure Palace"、"Slip of the Tongue"、"Jealous Heart"のオリジナル・バージョンも含まれています。余談ですが、このデヴィッド・グレン・アイズレーという人はミュージシャンになる前はサンフランシスコ・ジャイアンツ所属の野球選手で、近年では俳優としても活躍しているらしい。それから奥さんはあのオリビア・ハッセーらしい。いや、まったく余談でした。

さて音のほうですが、いたってオーソドックスなハードロックです。威風堂々として重厚なサウンドと、デヴィッド・カヴァーデイルやロバート・プラントを思わせるジェイムズ・クリスチャンのブルージーな歌唱が相まって、まるっきりブリティッシュ・ハードロック。とてもアメリカのバンドとは思えません。そしてバンドの実力は超一流。アルバムの中では異色の曲ですが、Deep Purple風シャッフル#4"Lookin' for Strange"を聴けば一発で並のバンドではないことが分かります。ドラムとベースはパワー感とスリリングさが尋常でなく、ハードロックのリズム隊としてまさにパーフェクト。ギターはテクニカルかつエモーショナル。このラニー・コードラというギタリストは、時にジャズっぽいフレーズを交えるなど巧者でありながら、延々とテク見せびらかしに走らないのが好ましい。グレッグ・ジェフリアのキーボードも必要以上に前に出すぎず、それでいてサウンドを格調高くするのに役立っています。いや~ベタほめです。しかし、1曲だけまったくもってつまらない#8"Under Blue Skies"、これで興をそがれるのがなんとも残念です。

本作のプロデュースはアンディ・ジョンズ。2013年に亡くなっていますが、ロック・ミュージック分野のプロデューサー/エンジニアとしては最も著名な人物の一人でしょう。Humble Pie、Free、Cinderella、Van Halen、L.A. Guns、Chickenfootと枚挙に暇が無いほど多くのアルバム制作に携わっています。また、バック・ボーカルにジェフ・スコット・ソートがクレジットされているのが意外です。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Pleasure Palace (Gregg Giuffria/David Glen Eisley)
02. I Wanna be Loved (Mandy Meyer, Steve Johnstad)
03. Edge of Your Life (Lanny Cordola/Chuck Wright/Brett Alstadt)
04. Lookin' for Strange (Lanny Cordola/Chuck Wright/James Christian/Gregg Giuffria)
05. Love Don't Lie (Stan Bush)
06. Slip of the Tongue (Gregg Giuffria/David Glen Eisley/Rick Nielsen)
07. Hearts of the World (Gregg Giuffria/Lanny Cordola/Chuck Wright)
08. Under Blue Skies (Gregg Giuffria/David Glen Eisley/Johnny Warman)
09. Call My Name (Gregg Giuffria/Chuck Wright/James Christian/Lanny Cordola)
10. Jealous Heart (Gregg Giuffria/David Glen Eisley/David Roberts)

■Personnel
James Christian - lead vocals
Gregg Giuffria - keyboards
Lanny Cordola - guitars
Chuck Wright - bass
Ken Mary - drums

Jeff Scott Soto - backing vocals

Producer – Andy Johns, Gregg Giuffria
Executive Producer – Gene Simmons


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ