メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

John Sykes

Out Of My Tree / Sykes (1995)

0267Out of My Tree










Blue MurderからSykesにバンド名を変えて1995年にリリースされたジョン・サイクスのアルバム。リズム隊はBlue Murder時代と同じくマルコ・メンドーサ(Ba)、トミー・オスティーン(Ds)で、トリオ編成となっています。んー、これはいわゆる問題作ですね。Nothin' But TroubleではSmall Facesのカバーや軽めなR&Rノリを取り入れ、古典的で重厚なハードロックからの脱却という変化が垣間見れましたが、その指向が更に強まっています。Sweet+パンクな#2"I Don't Wanna Live My Life Like You"に、まずゲッ?となりました。その後もBeatles風だったりモロにグランジ風だったりする曲が目立ち、何もここまでやらなくてもいいだろうというのが第一印象でした。しかし何年も聴いていると、それなりに耳に馴染んできて、不思議とこれはこれでアリかと思えてきます。本人がインタビューで言っているように、アルバム全体を通してイギリスっぽさが貫かれているのも感じ取れました。逆にセルフ・コピーっぽい#8"Do Or Die"はいただけないと感じてしまいました。もちろん従来路線の#1"Soul Stealer"、#6"Black Days"、得意のロマンチック&センチメンタルなバラード#9"If You Ever Need Love"、ジミヘン風の#4"Standing At The Crossroads"などは文句なしにカッコいいです。ま、ギター・ソロは良くも悪くもいつも同じ趣向なんですが。それからマルコ・メンドーサのベース、こいつは相変わらず最高です!

 評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Soul Stealer
02. I Don't Wanna Live My Life Like You
03. She's All Action
04. Standing At The Crossroads
05. I Don't Believe In Anything
06. Black Days
07. Jesus & Mary
08. Do Or Die
09. If You Ever Need Love
10. Sleep On
All songs written by John Sykes

■Personnel
John Sykes - Guitar, Vocals, Background Vocals. Bass
Marco Mendoza - Bass
Tommy O'Steen - Drums

Jim Siterly - Strings

Producer - John Sykes

 

Screaming Blue Murder / Blue Murder (1994)

0247Screaming Blue Murder










1993年の日本公演を収録したブルー・マーダー(Blue Murder)のライブ・アルバム。Dedicated to Phil Lynott というサブ・タイトルがつけられ、シン・リジィの故フィル・ライノットに捧げる作品となっています。バンド・メンバーは、2ndアルバムNothin' But Trouble にクレジットされていたメンツ、マルコ・メンドーサ(Ba)、トミー・オスティーン(Ds)、そして2016年に亡くなったニック・グリーン(Key)です。収録曲は、ブルー・マーダーの1stと2ndからそれぞれ3曲、加えてフィル・ライノットとの共作・共演曲"Please Don't Leave Me"、シン・リジィのレパートリーから"Cold Sweat"と"Dancing in the Moonlight"、そしてホワイトスネイクの"Still of the Night"と、バラエティに富んだベストな選曲と言えると思います。

肝心のギターとドラムの音がやや引っ込み気味だったりして、本作の録音状態・バランスは決して良好ではありません。しかし、開演を告げるかのように長く鳴り響くキーボードに続いて、うなりをあげるジョン・サイクスのギターが聴こえた途端に、まるでライブを擬似体験しているかのような生々しい音世界に引き込まれます。ロック・コンサートはこうでなくっちゃ!!と一気にテンションが上がるんです。筆者はジョン・サイクスのギター・プレイを格別に好んでいるわけではないのですが、それでもやっぱりこのアルバムに記録された彼のライブ・パフォーマンスはカッコいいなぁ。いやー、ほんと熱いです。前述したように曲もいわばベスト盤状態なので、とにかくトコトン楽しめます。それから、特筆すべきはマルコ・メンドーサのプレイ。前任者トニー・フランクリンに勝るとも劣らないフレットレスの達人ですな、この人は。型に嵌りがちなHR/HMで、こういう縦横無尽なベースが弾けるのってのがほんとに凄い!この人をどっかから引っ張ってきたジョン・サイクスも偉い!

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Riot (John Sykes)
02. Cry for Love (John Sykes)
03. Cold Sweat (John Sykes, Phil Lynott)
04. Billy (John Sykes)
05. Save My Love (John Sykes)
06. Jelly Roll (John Sykes)
07. We All Fall Down (John Sykes)
08. Please Don't Leave Me (Phil Lynott, John Sykes)
09. Still of the Night (David Coverdale, John Sykes)
10. Dancing in the Moonlight (Phil Lynott) 

■Personnel
John Sykes - vocals, guitars
Marco Mendoza - bass, backing vocals
Tommy O'Steen - drums, backing vocals
Nik Green - keyboards

Producer - John Sykes

Nothin' But Trouble / Blue Murder (1993)

0224Nothin' But Trouble










1993年にリリースされたジョン・サイクス率いるBlue Murderの2ndアルバム。前作から4年が経過してのリリースで、その間にカーマイン・アピスとトニー・フランクリンは脱退しており、「スーパー・トリオ」としてのブルー・マーダーは既に崩壊。本作では、当時無名だったマルコ・メンドーサ(Ba)とトミー・オスティーン(Ds)がバンドの新メンバーとなっています。まあこのバンドは実質的にはジョン・サイクスのソロ・プロジェクトなわけで、リズム・セクションの交代によって路線やサウンドに大幅な変化がもたらされてはいません。しかも音を聴く限り、ほとんどの曲はカーマイン・アピスとトニー・フランクリンがプレイしているようで、少なくともリズム・トラックはかなり早い段階でレコーディングされたものと思われます。

本作も1stと同じようにThin LizzyとWhitesnakeをニコイチにしたようなサウンドが基本となっています。しかし、Small Facesのカバー#2"Itchycoo Park"や、明るめなロックン・ロール#5"Dance"、60~70年代っぽい#11"She Knows"、16ビートの#12"Bye Bye"などのため、ひたすらハードで重く暗い1stに比べるとやや印象は異なります。アメリカン過ぎるとか、散漫という声もあるようですが、ハードロックの金字塔とも言える1stと比べてしまえば、どうしても評価は厳しくなってしまいますよね。でも1曲1曲のクォリティは1stと遜色ありません。筆者としては、1stより良いとは言えないにせよ、それでもこのアルバムも十分聴き応えのある作品だと思います。特に、ジョン・サイクスのソング・ライターとしての才能を遺憾なく発揮した名曲、甘く切なく美しいソウル・バラード#7"Save My Love"の素晴らしさといったらありません。それから、1曲だけケリー・キーリング(ex-Baton Rouge)が歌っている#6"I'm on Fire"も、ハードロックのカッコよさと熱さが詰まった名曲、名パフォーマンス。いや~、いいアルバムですよ、やっぱり。中古CD屋で投売りされているのを見ると悲しくなりますが、誰でもこの名作を手に入れやすいってことでポジティヴに考えることにします。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. We All Fall Down (John Sykes)
02. Itchycoo Park (Ronnie Lane, Steve Marriott)
03. Cry for Love (John Sykes)
04. Runaway (John Sykes)
05. Dance (John Sykes)
06. I'm on Fire (John Sykes)
07. Save My Love (John Sykes)
08. Love Child (John Sykes)
09. Shouldn't Have Let You Go (John Sykes)
10. I Need an Angel (John Sykes)
11. She Knows (John Sykes)
12. Bye Bye [Japanese Bonus Track] (John Sykes)

■Personnel
John Sykes - vocals, guitars
Marco Mendoza - bass
Tommy O'Steen - drums, backing vocals
Nik Green - keyboards

Kelly Keeling - lead vocals on track 6, backing vocals
Tony Franklin - bass
Carmine Appice - drums
Jim Sitterly - violin

Producer - John Sykes

Blue Murder / Blue Murder (1989)

0179Blue Murder










ジョン・サイクスがホワイトスネイク脱退後に結成したブルー・マーダーの1stアルバムです。このバンド、HR/HMを聴く人なら知らない人は少ないだろうし、今さら感はありますが、メンバーはジョン・サイクスの他、ヴァニラ・ファッジ、カクタス、BBA、キング・コブラなど1960年代から豊富なキャリアを持つドラマーのカーマイン・アピス、ジミー・ペイジとポール・ロジャースのザ・ファームに在籍したトニー・フランクリン。当初ドラムにはコージー・パウエルが参加予定だったものの、ボーカリスト選定に手間取っている間に離脱、結局ドラムはカーマイン・アピス、ボーカルはジョン・サイクス自身が担当し本作はレコーディングされました。アディショナル・ミュージシャンは、キーボードにニック・グリーン、ジョン・ウェブスター、バック・ボーカルに、マーク・ラフランス、デヴィッド・スティール。プロデューサーは、本作以前だとキングダム・カム、以降だとモトリー・クルー、メタリカ、スキッド・ロウなどを手がけているボブ・ロックです。

サウンドはホワイトスネイク+シン・リジィ。ジョン・サイクスのキャリアそのまんまやんけ、という感じなのですが、これは古今東西数あるハードロック・アルバムの中でも屈指の名盤だと思います。雷鳴のごときカーマイン・アピスのドラム、ウネリまくりハネまくる暴風のようなトニー・フランクリンのフレットレス・ベース、そしてジョン・サイクスの集中豪雨的ギター・ソロ。これはまさにハリケーンです。タイフーンです。大変なことになっています。当初誰もが一抹の不安を抱いたジョン・サイクスのボーカルも完璧。なによ、歌すげー上手いじゃん!曲調はどれもブルージーでメロディアス、そして男が言うのもなんですがセクシーですな。音がややこもっているのですが、聴きなれると気になりませんし、ピッキング・ハーモニクスが厚雲の中で光る稲妻みたいで逆に雰囲気いいです。ちなみに筆者が聴いているのはオリジナル盤。リマスター盤だと音は良くなっているのかもしれませんが未確認です。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Riot (John Sykes)
02. Sex Child (John Sykes)
03. Valley of the Kings (John Sykes/Tony Martin)
04. Jelly Roll (John Sykes)
05. Blue Murder (John Sykes/Tony Franklin/Carmine Appice)
06. Out of Love (John Sykes)
07. Billy (John Sykes)
08. Ptolemy (John Sykes)
09. Black-Hearted Woman (John Sykes/Tony Franklin/Carmine Appice)

■Personnel
John Sykes - guitars, lead & background vocals
Tony Franklin - bass guitar, background vocals
Carmine Appice - drums, background vocals

Nik Green - keyboards
John Webster - additional keyboard progrmming
Mark LaFrance - additional background vocals
David Steele - additional background vocals

Producer - Bob Rock

Please Don't Leave Me / John Sykes (1982/1992)

142Please Don't Leave Me










ジョン・サイクスがタイガース・オブ・パンタン脱退後に、シン・リジィーのフィル・ライノットの協力を得て録音した1982年ソロ・シングル"Please Don't Leave Me"に、同曲のショート・バージョン、インスト・バージョン、さらにタイガース・オブ・パンタンのシングル曲やライブをオマケにつけて1992年にリリースされたアルバム。タイガース・オブ・パンタンの粗い演奏は、今となってはNWOBHMの勢いを伝える資料的価値しかありませんが、プリティ・メイズもカヴァーした珠玉の名曲"Please Don't Leave Me"1曲だけで手放せない1枚です。この曲のメロディの美しさ、フィル・ライノットの哀しみを湛えたボーカル、ジョン・サイクスの情感溢れる泣きのギター、何度聴いても胸に迫るものがあります。シン・リジィーのブライアン・ダウニー(dr)とダレン・ウォートン(key)もレコーディングに参加しており、この後すぐにジョン・サイクスはシン・リジィーに加入するので、新生シン・リジィーの先駆け的な位置づけの1曲です。(星3つはアルバムとしての評価であって、"Please Don't Leave Me"そのものはもちろん星5つです)

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Please Don't Leave Me (Original Version) (J. Sykes/P. Lynott)
02. Don't Take Nothing (Tygers Of Pan Tang)
03. Bad Times (Tygers Of Pan Tang)
04. All Or Nothing (Tygers Of Pan Tang)
05. Don't Give A Damn (Tygers Of Pan Tang)
06. Please Don't Leave Me (Short Version) (J. Sykes/P. Lynott)
07. Slave To Freedom (Live) (Tygers Of Pan Tang)
08. Raised On Rock (Live) (Tygers Of Pan Tang)
09. Paradise Drive (Tygers Of Pan Tang)
10. Love Potion No.9 (Tygers Of Pan Tang)
11. Please Don't Leave Me (Instrumental Version) (J. Sykes/P. Lynott)

■Personnel
John Sykes – guitars
Philip Lynott – vocals, bass guitar
Brian Downey – drums
Darren Wharton – keyboards 

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ