0121Electric Stalker










「スウェーデンのボーカル・マスター」ことトーマス・ヴィクストロムと、「スウェーデンのルカサー」ことトミー・デナンダーが組んだスーパー・ユニット、スピーディ・ゴンザレスの唯一(2014年現在)のアルバムです。この二人は元々スウェーデンのメロディックHR/HMバンドTalk of the Townのメンバー(トミー・デナンダーは準メンバー?)でしたが、1990年のバンド解散後二人はすぐにSpeedy Gonzalesを結成。デモ音源を作成、ライブも行なっていたようですが何故か空中分解、幻のバンドとなってしまいました。その後二人は別の道を歩み、それぞれHR/HMあるいはメロディック・ロック/AORの世界で押しも押されぬ存在となったわけです。そんな彼らが再び相見え、Talismanの故マルセル・ヤコブ(b.)、現Mind's Eyeのダニエル・フローレス(dr.)を加えてSpeedy Gonzalesを再結成し録音したのが2005年リリースのこのアルバムです。

メンバーは全員スウェーデン人だし、Deacon Street Project、Jim Jidhed、Radioactive、Sha-Boom、それにトーマス・ヴィクストロムのソロ・アルバムなどでそれぞれ共演を繰り返している仲なので息はピッタリ、実にすばらしいメロディックHR/HMアルバムに仕上がっています。トーマス・ヴィクストロムの熱唱が100点満点なのは言うまでもないとして、たまにお仕事的に流すこともあるトミー・デナンダーもさすがに気合の入りまくったプレイです。収録された曲は、結成当時のデモのリメイクが8曲、新曲が4曲。収録曲の中には、トミー・デナンダーの関わったRadioactiveやRainmakerにタイトルを変えて再録音されているものもあるようです。特筆すべきはTalk of the Townの代表曲だった#5"Free Like an Eagle"。まるで昭和の歌謡曲のように日本人の耳になじむこの名曲が、よりハードにドラマチックに蘇りました。いやー、うれしい!!

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Flash of the Blade (T. Denander/T.Vikström )
02. Desires of the Flesh (T. Denander/M. Jacob/T.Vikström)
03. Electric Staker (T. Denander/M. Jacob/T.Vikström)
04. Do You Know Where the Kids Go (T. Denander/J.Olson)
05. Free Like an Eagle (T.Vikström/A. Saluena)
06. Men with Medals (T. Denander/A. Tengner/T.Vikström)
07. Dominator (T. Denander/A. Tengner/T.Vikström)
08. Spit in the Hand That Feeds You (T. Denander/L. Chriss/M. Jacob/T.Vikström)
09. Make Love in Red (T. Denander/T.Vikström)
10. Shock the Nation (T. Denander/T.Vikström)
11. Trial by Fire (T. Denander/M. Jacob/T.Vikström)
12. Lust and Desire (T. Denander/T.Vikström)

■Personnel
Thomas Vikström - lead & background vocals
Tommy Denander – guitars, keyboards, loops
Marcel Jacob – bass
Daniel Flores – drums

Producer - Tommy Denander