0061Bad English

ジャーニー(Journey)活動休止後のニール・ショーン(gt)とジョナサン・ケイン(key)、元ザ・ベイビーズ(The Babys)のジョン・ウェイト(vo)とリッキー・フィリップス(ba)、さらにニール・ショーンのソロ・アルバムで起用されていたディーン・カストロノヴォ(ds)の5人が結成したバッド・イングリッシュ(Bad English)の1stアルバム。80年代に絶大な人気を誇ったジャーニーと、70年代末に活躍した有名バンドであるベイビーズの合体ということで、スーパーグループとして鳴り物入りでのデビューでした。ジョナサン・ケインはジャーニーに引き抜かれる前はベイビーズのメンバーだったわけだし、ソング・ライティングの面でも、出来上がったサウンドの面でも、実態としてはベイビーズ組が主導するバンドだったことは明らかだと思います。著名度から見ればジャーニーのニール・ショーンの新バンドと喧伝されるだろうし、本人もそのつもりだったのでしょうが、悲しいかなニール・ショーンは脇役でしかありません。意地の悪い見方をすると、ベイビーズの再結成にニール・ショーンが利用されたと言えなくもありません。

曲調としては、ジョン・ウェイトのブルージーで渋いボーカルを前面に押し出した、ポップでメロディアスなハードロック。まさにベイビーズの延長線上にあるサウンドです。バラード好きのアメリカ市場を十分意識して、全13曲中バラードが4曲入っています。収録曲の多くがジョン・ウェイトとジョナサン・ケイン主導で書かれていますが、外部ライターが大量に起用されているのも注目です。全米1位に輝いたバラード#5"When I See You Smile"は、大ヒットを量産しているダイアン・ウォーレン(Diane Warren)の作品。彼女の他にも、マーク・スピロ(Mark Spiro)、デヴィッド・ロバーツ(David Roberts)、マーティン・ペイジ(Martin Page)、トッド・サーニー(Todd Cerney)、アンディ・ヒル&ピーター・シンフィールド(Andy Hill & Peter Sinfield)がクレジットされていますが、いずれも数多くのアーティストに楽曲を提供している名うてのソング・ライターばかりです。バラエティに富んだ水準の高い楽曲を揃えたことで、アルバム全体として非常に高品質な仕上がりとなっています。筆者のお気に入りは、ハードなサウンドとドラマチックなメロディが魅力的な#4"Forget Me Not"、隙間の多いサラッとした風合いがラストにふさわしい#13"Don't Walk Away"。この曲を書いたコンビの片割れのピーター・シンフィールドって、キング・クリムゾンの「作詞担当メンバー」だったあのピート・シンフィールドなんですよね。

プロデューサーは、チープ・トリック、ラット、ポイズンなどのプロデュースで知られるリッチー・ズィトー(Richie Zito)。シングルカットされた5曲ともBillboard Hot 100にチャート・イン、うち3曲がTop40入りし、アルバム自体もアルバム・チャート21位まで到達するヒット作品となっています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Best of What I Got (John Waite, Jonathan Cain, Neal Schon)
02. Heaven is a 4 Letter Word (Neal Schon, Jonathan Cain, John Waite, Mark Spiro)
03. Possession (John Waite, Jonathan Cain, Ricky Phillips)
04. Forget Me Not (John Waite, Jonathan Cain, Mark Spiro)
05. When I See You Smile (Diane Warren)
06. Tough Times Don't Last (Jonathan Cain, David Roberts, John Waite)
07. Ghost in Your Heart (John Waite, Martin Page, Jonathan Cain)
08. Price of Love (John Waite, Jonathan Cain)
09. Ready When You Are (Jonathan Cain, John Waite, Neal Schon, Todd Cerney)
10. Lay Down (John Waite, Neal Schon, Jonathan Cain)
11. The Restless Ones (John Waite, Jonathan Cain, Ricky Phillips)
12. Rockin' Horse (Neal Schon, John Waite, Jonathan Cain)
13. Don't Walk Away (Andy Hill, Peter Sinfield)

■Personnel
John Waite - vocals
Neal Schon - guitars, vocals
Jonathan Cain - keyboards, vocals
Ricky Phillips - bass, vocals
Deen Castronovo - drums, vocals

Producer - Richie Zito