0059If You Smile

ノルウェーのメロディアス・ハードロック・グループ、Hushの1stアルバム。メンバーはケネス"キース"クリスチャンセン(gt)を中心に、パトリック・シモンセン(vo)、ラグナー"ロッド"ラトル(ba)、ヤンネ"スティーヴ"ティッツ(dr)の4人。ジャケットのほのぼのしたイメージから、トラディショナルな音楽を取り入れたような穏やかなサウンドをなんとなく想像していましたが、これがまたなんともかっこいいブルージーなメロディアス・ハードでした。喩えるなら、初期のホワイトスネイクをちょっとポップでメロディアスにした感じでしょうか。ボーカルのパトリック・シモンセンは、デビカバほどは濃くはないのですが、まさにあの系統のブルース・ベースの正統派ハードロック・ボーカリストとしての高い実力が感じられます。ソウルフルな歌いまわしもまるでベテランのように堂々としているし、筆者は一発で気に入りました。

曲調はバラエティに富んでいますが、マイナーキーを多用していたずらにベタな泣き路線に走らず、メジャーキーでそこはかとない哀愁を漂わせた曲が多いのも好感が持てます。作曲の中心はケネス"キース"クリスチャンセンだと思いますが、この人のメロディ・メーカーとしての才能を感じさせます。やや技量的に未熟なギターのほうも、もうちょっと頑張ってくれると完璧なんですが。。。ハードポップ的で楽しい#1"Talk to Me"、大人っぽいAORハード風の#2"Babe"、パトリック・シモンセンのソウルフルな歌唱が映えるファンキーなナンバー#4"Piece of the Action"、まるでアメリカのベテランAORグループの曲かと思わせるしっとしりしたバラード#5"Let it Rain"や#6"This Side of Love"等々、名曲・佳曲がぎっしり詰まっています。一部でパクリ説の出ている#7"Heaven Ain't"のイントロとAメロがネルソンの"After The Rain"に激しく似ているのは、筆者が想像するに、おそらくパクリではなくて無意識のうちに耳に残ってるメロディをオリジナルなメロディとして曲にしてしまったのでしょう。あんな有名な大ヒット曲を意図的にパクったらすぐに非難されるのは目に見えてますから。バンドをやっているとどうしてもそういうことはありますよ。まあいずれにしても、褒められた話ではありませんが。

これほどの高水準なアルバムですが、ノルウェーのレコード会社と契約していたにも関わらず、レーベルやマネージメント側の熱意が薄く、レコーディングはケネス"キース"クリスチャンセンの自宅スタジオで行われ、実態としては自主制作に近いのです。デモを世界中に送ってようやく日本のレーベルと契約を交わし、ノルウェーのこのジャンルでの先輩バンドTNTのロニー・ル・テクロのリミックスと監修という助力を得てアルバムを完成させ、まず日本でのリリースにこぎつけました。その後ドイツのレーベルを通じてヨーロッパでもリリースされますが、相変わらずバンドをとりまく環境は厳しく、まともなプロモーションもマネージメントもないまま、雑誌の取材からライブのブッキングまで自分たちで切り盛りしなくてはならない状況だったようです。メロディの秀逸さや歌い手の歌唱力が、当たり前に評価されない悲しむべき時代は今も続いています。メロディック・ロックを愛聴するリスナーの間でさえ「産業ロック」などという時代遅れで的外れなカテゴライズが今でもまかり通っている日本の状況にも、言いようのない悔しさと憤りを感じてしまうのです。メロディック・ロック=「産業ロック」=売れ線の音なら、このバンドだって経済的な苦労なんかしないでウハウハでしょうに。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Talk to Me (Kenneth Kristiansen, Patrick Simonsen)    
02. Babe (Kenneth Kristiansen, Glenn Kristiansen, Patrick Simonsen)     
03. Believe (Kenneth Kristiansen, Patrick Simonsen)     
04. Piece of the Action (Kenneth Kristiansen, Patrick Simonsen)     
05. Let it Rain (Kenneth Kristiansen, Patrick Simonsen)     
06. This Side of Love (Kenneth Kristiansen, Patrick Simonsen)     
07. Heaven Ain't (Kenneth Kristiansen, Patrick Simonsen)     
08. Big Times (Kenneth Kristiansen, Glenn Kristiansen, Patrick Simonsen, Rognar Rutle)     
09. Sometimes (Kenneth Kristiansen, Patrick Simonsen)     
10. G & B (Kenneth Kristiansen, Patrick Simonsen)     
11. If (Butterfly) [bonus] (Kenneth Kristiansen, Patrick Simonsen)   
12. This Side of Love (Acoustic Version) [bonus] (Kenneth Kristiansen, Patrick Simonsen)
 
■Personnel
Kenneth (Keith) Kristiansen - guitars, keyboards, backing vocals
Patrick Simonsen - vocals, guitars
Rognar (Rod) Rutle - drums
Janne (Steve) Titz - bass, backing vocals

Terje Smevold - additional keyboards, piano

Producer - Kenneth (Keith) Kristiansen
Executive Producer - Torgrim Eide, Ronni Le Tekrø