0019Back in Business

ノルウェー生まれのスウェーデン育ち、ヴォン・ローゼン、マディソン、エイリアン、スネイク・チャーマー、ビワープ、ミッドナイト・サン、ピート・サンドベリズ・ジェイド、シルヴァー・セラフ、オパス・アトランティカと、数々の北欧HR/HMグループ、プロジェクトを渡り歩いてきたピート・サンドベリ。そのキャリアで初のソロ・アルバムのご紹介です。リリースは1997年、ちょうどミッドナイト・サンの1stが出たのと同時期です。その経歴から、日本人がステレオタイプに想像する北欧メタルを期待して聴くと肩透かしを食ってしまうような、ポップかつソウルフル、そしてマイルドなAOR寄りのサウンドに仕上がっています。ラスト・オータムズ・ドリームのM.アーランドソンをぐっとソウルフルにしたような、少しハスキーで甘く切ない歌声が極上です。この人の歌の上手さは定評がありますが、ほんとにどんなタイプの曲を歌わせても実に味わい深いですね。しかし、考えてみると、黒人音楽が歴史的土壌に根付いているわけでもない北欧の地に生まれ育った歌手が、ここまでソウルフルに歌えるのは驚くべきことだと思います。筆者はソウルやファンク・ミュージックも大好きなので、このアルバムはど真ん中にハマりました。全曲素晴らしいのですが、中でも特にお気に入りなのは、都会的でおしゃれな"Little Lover"、これぞメロハー×ファンクの"Big Bad Rap"、"Unchain Your Heart"、FMのナンバーを原曲以上にソウルフルに熱唱するバラード"Closer To Heaven"あたりです。

レコーディングに参加しているのは北欧メロハー/AOR界のセッション・ミュージシャンたちで、プロデュースも担当しているFredrik Bergengren、Johan Stentorp、Carl Colt、Thomas NybergはTime Galleryというバンドの元メンバー。というかJohan StentorpはThe Trampolinesのほうが有名なのかな?キーボードのTommy FalkはBad Habitのアルバムにも参加しているプレイヤーです。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. When The Night Comes (Pete Sandberg, Pontus Borg, Erik Olin)
02. Little Lover (Pete Sandberg, Jana Svensson)
03. Stay A While (Pete Sandberg, Jana Svensson)
04. Pretty Angel (Pete Sandberg)
05. Big Bad Rap (Pete Sandberg, Pontus Borg, Erik Olin)
06. Babe (Pete Sandberg)
07. River Of Tears (Pete Sandberg, Jana Svensson)
08. A December Monday (Fredrik Bergengren)
09. Cold Hearted Woman (Pete Sandberg)
10. Scared (Pete Sandberg)
11. Unchain Your Heart (Pete Sandberg, Pontus Borg, Erik Olin)
12. Closer To Heaven (Merv Goldsworthy, Pete Jupp, Steve Overland, Andy Barnett)
13. Need Your Lovin´ (Pete Sandberg, Pontus Borg, Erik Olin)

■Personnel
Pete Sandberg - Vocals
Patrik Alm - Bass, Backing Vocals
Fredrik Bergengren - Guitars
Stanley Hawk - Guitars
Carl Colt - Drums, Percussions
Tommy Falk - Keyboards, Organ
Johan Stentorp - Keyboards
Thomas Nyberg - Backing Vocals
Jonas Sandquist - Backing Vocals
Johan Dahlstrom - Backing Vocals

Producer - Fredrik Bergengren