0007Live at Last

NWOBHM10周年にあたって伊藤政則氏などが企画し、プレイング・マンティスのティノ・トロイとクリス・トロイ、元アイアン・メイデンノのポール・ディアノとデニス・ストラットン、そして元ウェポンのブルース・ビスランドというラインナップで実現した日本でのコンサートのライブ。1990年4月18日中野サンプラザでの録音です。プレイング・マンティスのレパートリーから6曲、アイアン・メイデンのレパートリーから6曲、そしてデニス・ストラットンがメイデン脱退後に結成したライオンハートの曲が2曲収録されています。マンティスとメイデンは作風は対照的ですが、NWOBHMの立役者となったDJニール・ケイのバックアップで一緒にツアーをしたり、メンバー間の交流もあったようで、NWOBHM初期を代表するバンドだったと思います。そういう意味で、当時を知るファンにとってこのライブは感慨深いのは間違いないのですが、残念ながらその内容は絶賛できる水準ではありません。マンティス組もメイデン組も、元々抜きん出た演奏力があったわけではないので、演奏自体はまあ許容範囲内ですが、ポール・ディアノも含めて全員の歌唱があまりに情けない。特にディアノが歌うマンティスの曲はひどすぎます。高音部が全然歌えていないし、変なビブラートが気持ち悪くて、聴くのが苦痛になります。蛇足ですが、ライオンハートの曲はまったく面白味がなく論外です。

とは言うものの、このライブがきっかけとなって、ディアノ以外の4人でプレイング・マンティスが再結成されたのは事実です。今から考えれば、このライブがなかったとしたらトロイ兄弟は歴史に埋もれてしまっていたかも知れず、マンティスの音楽を愛する者にとっては実にありがたい出来事だったと思います。

評価 ★☆☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作

■Tracks
01. Panic In The Streets (S. Vermeulen, S. Carroll, T. Troy)
02. Dangerous Game (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)
03. Children Of The Earth (C. Troy, T. Troy)
04. Lovers To The Grave (C. Troy, T. Troy)
05. Flirting With Suicide (C. Troy, D. Potts, S. Carroll, T. Troy)
06. Hot Tonight (D. Stratton, K. Stewart, R. Newton, S. Mann)
07. Running For Tomorrow (C. Troy, D. Potts, S. Carroll, T. Troy)
08. Wrathchild (S. Harris)
09. Murders In The Rue Morgue (S. Harris)
10. Remember Tomorrow (S. Harris, P. Di’anno)
11. Phantom Of The Opera (S. Harris)
12. Iron Maiden (S. Harris)
13. Cheated (S. Carroll, T. Troy)
14. Running Free (S. Harris, P. Di’anno)

■Personnel
Tino Troy - Guitar, Vocals on 1,4,5
Chris Troy - Bass, Vocals on 3
Dennis Stratton - Guitar, Vocals on 2
Bruce Bisland - Drums
Paul Di’anno - Lead Vocals on 6-14

Producer - Dennis Stratton, Tino Troy
Executive Producer - Masa Itoh, Tsuneyoshi Kamijo, Tom Sassa