0401Hunting Shadows









2007年リリースのLADの5thアルバム。メンバーは前作と同じくミカエル・アーランドソン(Vo, Key)、アンディ・マレツェク(G)、マルセル・ヤコブ(B)、ジェイミー・ボーガー(Ds)の4人ですが、やはりアンディ・マレツェクはリード・パートだけで、リズム・ギターはマルセル・ヤコブが担当しています。また、#4"I'm Not Supposed to Love You Anymore"のキーボードとギター・パートはヨラン・エルムクエスト(Bam Bam Boys, Alfonzetti )が担当しています。国内盤ライナー・ノーツによると、2007年6月にバンド初のライブを日本で行い、その経験・成果を元に制作されたアルバムだそうです。なるほど全体にバンド感が増し、これまでよりハードでエッジの立ったサウンドとなった印象。アップ・テンポの曲が増え、マルセル・ヤコブのテクニカルでメロディックなプレイが前面に出ているのも特色です。

楽曲は概ねこれまで以上に強力で、LADのウリである甘く切ないメロディの魅力を十二分に味わうことができます。アルバム2、3枚でアイディアが枯渇して、メロディの使いまわしやマンネリ化に陥るバンドもあるのに、年1枚のペースでアルバムをリリースして、ほとんどの曲が名曲・佳曲レベルというのは本当に凄いですね。大半がミカエル・アーランドソン、クラエス・アンドレアソン、トルビョン・ヴァッセニウスのチーム作ですが、大したメロディ・メイカーだと思います。全12曲中ジェイミー・ボーガーの曲が3曲と増えましたが、これがまた中々の出来。ただし、ボーナス・トラックの#12"Match Made in Heaven"は、クレジットを見るとおそらく日本のバンドBeagle Hat作だと思いますが、全く好みに合わず感心できません。以前のアルバムでもこのバンドの曲を取り上げていたけれど、自前で良い曲が作れるのに、またアンディ側の曲を全く取り上げていないのに、なんでわざわざこういう面白みに欠ける曲を入れちゃうのかな。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Strange Operation (C. Andreasson, M. Erlandsson, J. Sahlen, T. Wassenius)
02. Rainbow Sky (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
03. My Alibi (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
04. I'm Not Supposed to Love You Anymore (Music : J. Borger  Lyrics : J. Borger, J. S. Soto)
05. Lost in Moscow (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
06. R U Ready to Rock 'N Rol (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
07. Serenity (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
08. War of Your Worlds (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
09. Save Our Love (J. Borger)
10. Every Beat of My Heart (J. Borger)
11. Overnight Sensation (C. Andreasson, M. Erlandsson, J. Sahlen, T. Wassenius)
12. Match Made in Heaven [Bonus Track]  (Music : H. Tanaka, T.Kurashina  Lyrics : C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)

■Personnel
Mikael Erlandsson – Lead Vocals, Keyboards
Andy Malecek – Guitars
Marcel Jacob – Bass, Rhythm Guitars
Jamie Borger – Drums

Göran Elmquist – Piano, Keyboards, Guitars, Guitar Solo on #4

Producer – Mikael Erlandsson, Marcel Jacob, Claes Andreasson
Producer – Jamie Borger, Marcel Jacob (#4, 9, 10)
Executive Producer – Ulf Wahlberg, Claes Andreasson, Torbjörn Wassenius