0397Dweller On The Threshold









ロイ・Z(ロイ・ラミレス)率いるラテン・ロック・バンドTribe of Gypsies、前作から6年ぶりの4thアルバムです。リリースは2006年ですが、レコーディング時期は2000年から2006年にかけてと長期にわたっています。ロイ・Zはブルース・ディッキンソン、ロブ・ハルフォード、ロブ・ロックといったアーティストのアルバムのプロデュースに忙しく、中々自身のバンドのアルバム制作が進まなかったようです。

1stはハードロック色が強かったものの、2nd、3rdと徐々にハードさが薄れてきましたが、本作では一転してハードな曲が増えています。新ボーカリストのチャス・ウェスト(ex-The Jason Bonham Band)は、ポール・レインやデヴィッド・リードマンに似たハードロック向きのタイプで、本作のようなサウンドにはピッタリです。#2"Ride On"、#3"Desolate Chile"などはギンギンのラテン・ハードロックで特にカッコいいし、初期のSantanaを思わせるインスト曲#9"Flying Tigers, Crying Dragons"は、ロイ・Zの官能的なギターが最高です。それから、Van Halenのカバー#10"Ain't Talkin' 'Bout Love"は、なるほどと唸らされました。この曲は元々ラテン風なのですね。そこを強調して自分達のオリジナルみたいに演奏しています。アコースティカルな#8"After the Summer"は本作の中では異色ですが、美しく物悲しいメロディが心に迫る佳曲で、これもまた絶品です。一方で、最初から最後までワン・フレーズ、ワン・パターンで押し切る曲が何曲かあるのが気になりました。こういうのはライブだとトランス状態を生んだりしますが、スタジオ・アルバムで聴くのはちょっときついかな。

現在のところ、この後Tribe of Gypsiesのアルバムはリリースされていません。2019年にロイ・Zとチャス・ウェストが再度組んだWest Bound名義でのアルバムは出ているので、いずれ聴いてみたいと思っています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Big Sky Presence
(Ramirez, Rodriguez, Balladares, Leibundgut, Moreno, West)
02. Ride On
(West, Ramirez, Rodriguez, Balladares, Leibundgut, Moreno)
03. Desolate Chile
(West, Ramirez, Rodriguez, Balladares, Ingraham, Podolor)
04. Stop Bombing Each Other!
(Ramirez, Rodriguez, Balladares, Leibundgut, Moreno, West)
05. Halos
(West, Ramirez, Rodriguez, Balladares, Leibundgut, Moreno)
06. Zoot Suit Mardi Gras
(Ramirez, Rodriguez, Balladares, Leibundgut, Moreno, West)
07. Go Your Way
(Kia, Ramirez, Analla, Rodriguez, Balladares)
08. After the Summer
(West, Ramirez, Rodriguez, Balladares, Leibundgut, Moreno)
09. Flying Tigers, Crying Dragons
(Ramirez, Rodriguez, Balladares, Leibundgut, Moreno)
10. Ain't Talkin' 'Bout Love
(Edward Van Halen, Alex Van Halen, David Lee Roth, Michael Anthony)
11. Never Will Be Mine
(West, Ramirez, Rodriguez, Balladares, Leibundgut, Moreno)
12. La Hora
(Ramirez, Rodriguez, Balladares, Leibundgut, Moreno, West)
13. Hands to Eternity
(Daley, West, Ramirez, Rodriguez, Balladares, Leibundgut, Moreno)
14. En El Mar
(Balladares, Ramirez, Rodriguez, Leibundgut, Moreno, West)

■Personnel
Chas West - Vocals
Roy Z - Guitars, Vocals
Ray Rodriguez - Keyboards
Elvis Balladares - Percussion
David Moreno - Drums
Christian Byrne - Guitars, Bass
Juan Perez - Bass

Gregg Analla - Additional Vocals and Acoustic Guitar on #7
David Ingraham - Drums on #3, #6, #7
Penny Wanzo - Additional Vocals on #4, #5
Tetsuya 'Tex' Nakamura - Harmonica on #6
Nicol Mecerova - Vocals on #6
Sal Rodriguez - Timbales on #10
Mistheria - Additional Keyboards and Orchestration on #4
Richard Podolor - Mandolin on #5, Additional Guitar on #3, #12

Producer - Roy Z, Richard Podolor
Co-producer - Bill Cooper, Tribe of Gypsies