0382Excess All Areas









1987年リリースされた英国産メロディアス・ハードロック・バンドSHYの3枚目の作品。メジャー・レーベルであるRCAのバックアップの下、プロデューサーにDokkenやマイケル・ボルトンを手がけた実績のあるニール・カーノンを迎え、マイケル・ボルトン、デュアン・ヒッチングス(ex-Cactus)、ドン・ドッケン、マイケル・ジェイ等の外部ソング・ライターも動員して、万全の体制で制作されたアルバムです。シングル・カットも3曲に及んでいます。しかしながらレーベル側が期待したほどにはアルバムは売れず、バンドはRCAとの契約を失ってしまうという結果に終りました。

一般の売れ行きは別にして、メロハー・ファンの間では以前からこのアルバムを名作と評する声が多いようです。スティーヴ・ハリスは2011年に、トニー・ミルズも2019年に死去しており、オリジナル・メンバーでのSHYは二度と聴くことはできなくなりました。そんなこともあって、このアルバムを聴くとつい感傷的になってしまいます。哀愁を帯びた旋律、トニー・ミルズの透明感のあるハイトーン・ボイス、スティーヴ・ハリスの華麗なギター、そしてキラキラとしたキーボードといった要素は、北欧メタルのイメージに通じるものがあって魅力的です。楽曲も粒選りで、とりわけ哀愁バラード#9"When the Love Is Over"は名曲レベルだし、#1"Emergency"、#2"Can't Fight the Nights"、#3"Young Heart"、#4"Just Love Me"、#8"Talk to Me"、#10"Telephone"と良曲がテンコ盛り。ただ、#5"Break Down the Walls"、#7"Devil Woman"(クリフ・リチャードのカバー)はイマイチかな。また、やはりトニー・ミルズのボーカルが一本調子に感じられて仕方ありません。同じハイトーンでも、たとえばトニー・ハーネルの上手さには及ばないと思ってしまいます。そして、スティーヴ・ハリスのギターはランディ・ローズを意識したかのような構築美が特徴ですが、精緻なフレーズを正確になぞるのにいっぱいいっぱいなあまり、パッションとかエモーションとかそういう要素に欠けてしまっている印象。あえてやっているのだと思いますが、ラインで録ったかのような線の細いトーンもその印象を強めており、そり辺りがどうも気になってしまいます。

なお、オリジナルLPは10曲収録でしたが、CD化にあたってシングル盤のカップリング曲3曲がボーナス・トラックとして追加収録されています。#12"Only You"、#13"Don't Wanna Lose Your Love"は本編に劣らない佳曲なので、これはありがたいボーナスだと思いました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Emergency (Michael Bolton, Duane Hitchings)
02. Can't Fight the Nights (Michael Jay, Steve Harris, Tony Mills)
03. Young Heart (Duane Hitchings, Steve Harris, Tony Mills)
04. Just Love Me (John Parker, Tony Mills)
05. Break Down the Walls (Don Dokken, SHY, Alan Kelly, Neil Kernon)
06. Under Fire (Steve Harris, Tony Mills, Alan Kelly)
07. Devil Woman (Terry Britten, Kristine Sparkle)
08. Talk to Me (Steve Harris, Paddy McKenna, Alan Kelly)
09. When the Love Is Over (Michael Jay, Steve Harris, Tony Mills)
10. Telephone (Steve Harris, Alan Kelly)
Bonus Track
11. Run for Cover (Steve Harris, Paddy McKenna, Tony Mills)
12. Only You (Steve Harris)
13. Don't Wanna Lose Your Love (Steve Harris, Tony Mills)

■Personnel
Tony Mills - Vocals
Alan Kelly - Drums
Steve Harris - Guitar
Pat McKenna - Keyboards
Roy Stephen Davis - Bass

John Sinclair - Backing Vocals
Peter Goalby - Backing Vocals

Producer - Neil Kernon
except #13 Mark Freegard