0376Man In Motion









アメリカのハードロック・バンドNight Rangerの5thアルバムです。アラン・フィッツジェラルド(key)は既に脱退しており、メンバーはジャック・ブレイズ(b)、ブラッド・ギルス(gt)、ジェフ・ワトソン(gt)、ケリー・ケイギー(ds)の4人となっています。破竹の勢いだったNight Rangerですが、このアルバムは前作Big Lifeでの商業的失速を挽回することは叶わず、チャートのピークは81位に留まり、プラチナはおろかゴールド・ディスク認定も逃すことになってしまいました。結果として、本作を最後にバンドは一時解散することになります。

メンバーからキーボード奏者が抜けたこともあってか、本作はこれまで以上にギターが前面に出たハードなサウンドが特徴になっています。ギター・ソロも多めで、ツイン・リードを活かしたハモリも随所で聴くことができ、いわゆるギター・オリエンテッドな作風です。曲調としては、バラードも入っているものの、メインとなるのはいかにもアメリカンな明るいハードロックです。プロデュースは70~80年代にForeignerやWhitesnakeなどの大ヒット作を連発した故キース・オルセンで、やはりゴージャスというかバブリーな音作り。まあ、これまで通りのNight Rangerサウンドなわけですが、何故か売れなくなっちゃうんですね。楽曲も全体的に悪くないけれど、決定打に欠けると言えば欠けるのかもしれません。筆者としては、美しいイントロとキャッチーなメロディが魅力的な#3"Don't Start Thinking"、珍しくヘヴィでツイン・リードのハモリがカッコいい#6"Halfway to the Sun"、ラス・バラード作のポップでメロディアスなバラード#10"I Did It for Love"あたりがお気に入りです。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Man in Motion (Jack Blades, Brad Gillis)
02. Reason to Be (Kelly Keagy, Jack Blades)
03. Don't Start Thinking (I'm Alone Tonight) (Jack Blades, Alan Fitzgerald, Kelly Keagy)
04. Love Shot Me Down (Jack Blades)
05. Restless Kind (Jack Blades, Kelly Keagy)
06. Halfway to the Sun (Jack Blades)
07. Here She Comes Again (Jack Blades, Bob Halligan Jr., Martin Briley, Michael Bolton)
08. Right on You (Kelly Keagy, Jack Blades)
09. Kiss Me Where It Hurts (Brad Gillis, Jack Blades)
10. I Did It for Love (Russ Ballard)
11. Woman in Love (Jack Blades)

■Personnel
Jack Blades - Bass, Lead Vocals
Jeff Watson - Lead & Rhythm Guitars, Backing Vocals
Brad Gillis - Lead & Rhythm Guitars, Backing Vocals
Kelly Keagy - Drums, Lead Vocals

Jesse Bradman - Keyboards on #5, Additional Backing Vocals
Joyce Imbesi - Keyboards on #5
John Purdell - Additional Backing Vocals, Additional Keyboards
Alan Pasqua - Additional Keyboards
Claude Gaudette - Additional Keyboards
Eric Persing - Additional Keyboards

Producer – Keith Olsen (#1, 2, 3, 4, 6, 7, 8, 9, 11), Brian Foraker (#5, 10)
Executive Producer – David Cole (#5, 10)