0375Loveland









ジョン・サイクスの既発アルバムに収録されなかった曲を中心に、バラードだけを集めた編集盤。録音時期がまちまちなので、本人以外のメンバーは曲によって異なっています。バラード集ということであまり食指が動かなかったのですが、聴いてみるとこれがまた素晴らしいアルバムでした。この前後に発表された作品よりむしろこっちの方がいいです。まずなんと言っても曲が粒選りで名曲・佳曲が目白押し状態。ジョン・サイクスのコンポーザーとしての優秀さがよく分かります。もちろんボーカルもいいです。ギター・ソロが少ないのが玉に瑕ですが、歌ものと割り切ればあまり気になりません。

01. Everything I Need (Sykes)
メロディも歌唱もギターもロマンチックでセンチメンタル、思わずうっとりしてしまいます。ジョン・サイクスのメロディ・メイカーとしての能力の高さが遺憾なく示された名曲。

02. Didn't We Say (Sykes)
ピアノとストリングスをバックに美しいメロディが展開されます。甘美なギター・ソロにも胸キュンです。

03. Don't Hurt Me This Way (Please Don't Leave Me '97) (Lynott, Sykes)
もはや説明不要のフィル・リノットとの共作曲。オリジナルから15年の歳月を経て蘇りました。フィル・リノットのボーカルはオリジナルのまま、それ以外は再録音されています。ハーモニー・ボーカルがジョン・サイクス自身に挿し代わっているのがミソ。

04. Hold the Line (Sykes)
Beatlesを思わせる静かな小品。マルコ・メンドーサと思われるフレットレス・ベースが印象的です。

05. Thank You for the Love (Sykes)
少しアメリカンな雰囲気の曲。メロディ・ラインの展開がドラマチックです。

06. Wuthering Heights (Sykes)
ミステリアスなメロディといい、コーラスといい、ストリングスといい、これは丸っきりBeatles風ですね。

07. Till the Day I Die (Sykes, Alessandroni)
ナチュラルで素朴なメロディが素晴らしい。ギターの官能的なフレーズ、艶のある音色も最高です。

08. Haunted (Sykes)
このアルバムの中では一番ロックっぽさのある曲。やはりフレットレス・ベースがいい味を出しています。叫ぶようなギター・ソロもカッコいい!

09. I'll Be Waiting (Sykes)
美しく切ないメロディが印象に残る静かな曲。ジョン・サイクスがピアノの弾き語りをしているような絵が浮かびますが、彼が弾いている訳ではないんですよね。

10. Don't Say Goodbye (Sykes)
ジョン・レノンへの敬愛の念を表した曲。アレンジもBeatles風だし、歌詞にBeatlesの曲名がたくさん出てきます。この曲だけトニー・フランクリンがベースを弾いていますが、やっぱりさすがにカッコいいです。

 評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Personnel
John Sykes - Lead Vocals, Guitars
Philip Lynott - Lead Vocals on #3
Alex Alessandroni - Keyboards, Piano
Jamie Muhoberac - Keyboards, Piano
Marco Mendoza - Bass
Reggie Hamilton - Bass
Abe Laboriel Jr. - Drums
Curt Bisquera - Drums
Tommy O'Steen - Drums on #8
Jim Sitterly - First Violin Concert Master
Kavan - Cello

Tony Franklin - Bass on #10
Nick Green - Keyboards on #10

Producer - John Sykes