0370Inside Information









1987年リリースのForeignerの6thアルバム。米国内での売り上げは100万枚、バンドにとってオリジナル・アルバムとしては最後のプラチナ・ディスクとなりました。シングル・カットされたいくつかの曲はそれなりにヒットしましたが、アルバム自体はBillboardチャートでのピークは15位と初めてトップ10入りを逃し、Foreignerの快進撃に陰りが見えてきたことを示しています。とは言っても、楽曲は多少のばらつきはあっても概ね出来は良く、もちろん演奏も歌唱もしっかりしていて、これまでのアルバムより見劣りすることは全くありません。まあ、永遠に売れ続けるなんてことはないし、良いものは必ず売れるとは限らないのは当然ですが。

お気に入りの曲をいくつかあげておくと、
#1"Heart Turns to Ston"
文字通りメロディアスでハード、これぞForeigner流メロハーの名曲。

#3"Say You Will"
歌謡曲的な哀愁メロディ、シンセ・ポップっぽいリズムが時代を感じさせますが良い曲です。

#4"I Don't Want to Live Without You"
ソフトなキーボードいかにも80年代らしいバラード。何気なく良いメロディです。アコースティカルで隙間のあるアンサンブルにしたらもっと良くなりそう。

#7"The Beat of My Heart"
初期のサウンドを思い起こさせるような緊迫感のあるハードな曲。

#8"Face to Face"
ヴァース、ブリッジ、コーラスと、流れるような哀愁メロディの展開が素晴らしい。1曲目と並び本作のハイライトとなる名曲。

このアルバムを最後にルー・グラムはForeignerを脱退します。本作がとりわけバラードに偏っているとは思えないけれど、今まで溜まった不満があふれ出してしまったんでしょうね。そしてバンドは商業的には更に失速していくことになります。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。 

 ■Tracks
01. Heart Turns to Ston (M. Jones, L. Gramm)
02. Can't Wait (M. Jones, L. Gramm)
03. Say You Will (M. Jones, L. Gramm)
04. I Don't Want to Live Without You (M. Jones)
05. Counting Every Minute (M. Jones, L. Gramm)
06. Inside Information (M. Jones)
07. The Beat of My Heart (M. Jones, L. Gramm)
08. Face to Face (M. Jones, L. Gramm)
09. Out of the Blue (D. Elliott, L. Gramm, M. Jones, R. Wills)
10. A Night to Remember (M. Jones, L. Gramm)

■Personnel
Lou Gramm - Lead Vocals
Mick Jones - Lead Guitar, Keyboards, Backing Vocals
Rick Wills - Bass, Backing Vocals
Dennis Elliott - Drums

Kevin Jones - Synclavier
Peter-John Vettese - Keyboards
Tom Bailey - Additional Keyboards (#4)
Hugh McCracken - Spanish Guitar (#7)
Sammy Merendino - Electronic Percussion
Ian Lloyd - Backing Vocals
Mark Rivera - Backing Vocals

Producer - Mick Jones
Co-producer - Frank Filipetti


Amazon商品リンク