0349Lost Cathedral









アメリカのメロハー・バンドCrown of Thornsの3rdアルバム。メンバーはリーダーのジーン・ボーヴァー(vo, g)以下、トミー・ラファーティ(g)、ホーク・ロペス(ds)、マイケル・ペイジ(b)と前作Breakthrough と同じ編成となっています。前作があんまり面白くなかったので今回はどうかなぁとやや不安でしたが、冒頭のタイトル・チューン"Lost Cathedral"を聴いてオッ!っとなりました。カヴァー・アートのイメージ通りの荘厳でミステリアスなイントロ、美麗かつ叙情的な歌メロ、そしてなんといっても伸びやかなジーン・ボーヴァーのボーカルが素晴らしく、これはイケると思いました。2曲目以降も楽曲の出来は前作を上回っている印象です。しかし、楽曲以上に今回はバンドのプレイが凄い!特にドラムのホーク・ロペスがいいですね。ずっしり重い上に独特のグルーヴ感があって非常に聴き応えがあります。ギター・ソロの場面になると、ここぞとばかりにオカズを叩き込んでインプロビゼーションのバトルが展開、ちょっとしたCream状態です。#11"Hell of a Night"は唯一のファンク・ナンバーですが、この曲でのリズム・セクションも抜群にカッコいい。このバンドもいっそ開き直ってこういう曲を増やしたほうがいいんじゃないかと思いました。ホーク・ロペスさん、Crown of Thorns以外で演奏しているのかどうか分からないのですが、他のバンドでのプレイも聴いてみたくなりました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Lost Cathedral (Jean Beauvoir, Little Steven Van Zandt)
02. Live and Die (Jean Beauvoir)
03. Motorcycle Loretta (Jean Beauvoir, Little Steven Van Zandt)
04. Lyin' (Jean Beauvoir)
05. Second Chance (Jean Beauvoir)
06. Free Me (Jean Beauvoir)
07. Greed of Love (Jean Beauvoir)
08. Cold-Blodded Bitch (Jean Beauvoir, Little Steven Van Zandt)
09. End of the Road (Jean Beauvoir, Tommy Lafferty)
10. Wasted Prime (Jean Beauvoir)
11. Hell of a Night (Jean Beauvoir)
12. I Can Almost Taste It (Jean Beauvoir, Little Steven Van Zandt)

■Personnel
Jean Beauvoir - Lead & Background Vocals, Rhythm & Lead Guitars, Keyboards
Tommy Lafferty - Lead, Rhythm, Acoustic Guitars, Background Vocals
Michael Paige - 4 & 5 String BassGuitar, Background Vocals
Hawk Lopez - Drums, Percussion, Background Vocals

Producer - Jean Beauvoir