0342King Biscuit Flower Hour









元Kansasのスティーヴ・ウォルシュと元City Boyのマイク・スラマーが結成したStreetsのライヴ盤。リリースはずいぶん遅く1997年になってからですが、1983年10月28日米国ピッツバーグでのコンサートを収録したもので、「King Biscuit Flower Hour」というラジオ番組で放送されています。この番組用に録音された数多くのアーティストのライヴ音源が「King Biscuit Flower Hour Records」レーベルからリリースされていて、本作もそのうちの1枚というわけです。収録されたコンサートはStreetsの1stアルバム発売に伴う最初のツアー時のもので、セットリストはは1st収録曲のみとなっています。ただし、#8"Shake Down"、#10"I'm Not Alone Anymore"、#11"Streets of Desire"の3曲はアルバム未収録です。

内容的には一言で言ってライヴらしいライヴ。ロック・コンサートの熱気、勢いを十二分に感じることができます。演奏も歌唱もいい意味で粗いのですが、この当時のスタジオ録音盤特有のわざとらしい音響的ギミックがない分、筆者としてはむしろこっちの方が好きですね。バンドの演奏力の高さがスタジオ盤以上に示されています。ソウルフルなスティーヴ・ウォルシュのボーカルはパワー全快、マイク・スラマーのギターもラフでワイルドで縦横無尽、リズム・セクションもダイナミックで、まさにバンドの本領発揮と言うほかありません。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. If Love Should Go (Steve Walsh/Mike Slamer)
02. Move On (Steve Walsh)
03. One Way Street (Steve Walsh)
04. Everything Is Changing (Steve Walsh)
05. Cold Hearted Woman (Marty Conn)
06. So Far Away (Steve Walsh)
07. Lonely Woman's Cry (Steve Walsh)
08. Shake Down (Steve Walsh)
09. Fire (Steve Walsh/Mike Slamer/Tim Gerht)
10. I'm Not Alone Anymore (Steve Walsh)
11. Streets of Desire (Steve Walsh)

■Personnel
Steve Walsh - vocals, keyboards
Mike Slamer - guitars
Billy Greer - bass, lead vocals on "Cold Hearted Woman"
Tim Gerht - drums