0336Transistor









1999年にリリースされたTNTの通算7作目、再結成後としてはFirefly に続く2作目のオリジナル・アルバム。前作発表後にトニー・ハーネルが一時脱退してRiotのマーク・リアリと組んだWestworldのレコーディングを行なっていたり、本作リリース後には再度活動停止(実質的に2度目の解散状態)に陥ったり、再結成はしたもののバンドは不安定な状態だったことが推測されます。

アルバムの内容としては前作同様に、大絶賛はできないけれど駄作と決め付けることもできないという感じ。#1"No Such Thing"、#2"Wide Awake"、#3"Because I Love You"とアタマ3曲はIntuition の頃を思わせる瑞々しいメロディとトニー・ハーネルの伸びやかな歌唱が堪能できます。バラードの2曲#5"Fantasía Española"、#6"Under My Pillow"は美しすぎてうっとりしてしまうほど。女性シンガーとのハイトーン・デュエットが聴ける"Under My Pillow"は特に見事で、TNTの隠れた名曲・名演と言っていいと思います。また、ラストの#11"Free Again"は、このバンドには珍しいゴスペル風のアーシーな曲で、これがまた素晴らしい出来。しかしながら他の5曲は、「ラウド」というのか「モダン」というのか、あまり好きになれないサウンドでした。がなるトニー・ハーネルというのにもイマイチ魅力が感じられません。さらに言うと、日本盤とノルウェー本国盤や米盤は曲順が異なっており、日本盤収録の"Free Again"はカットされて代わりに"Just Like God"というオルタナ風の曲が1曲目に入っています。日本盤は販売上多少でもメロディアスな印象を残したいとしいうことでしょう。どこかのバンドも同じような「小細工」してましたね。それからもう一つ残念なのは、ウリの一つであるロニー・ル・テクロのギターの変態度が下がり、ちょっと大人しくなってしまったこと。これは痛いかな。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. No Such Thing
02. Wide Awake
03. Because I Love You
04. Mousetrap
05. Fantasía Española
06. Under My Pillow
07. The Hole You're In
08. Crashing Down
09. Into Pieces
10. No Guarantees
11. Free Again
All songs written by Ronni Le Tekrø, Tony Harnell

■Personnel
Tony Harnell – vocals
Ronni Le Tekrø – guitars
Morty Black – bass

Dag Stokke - Keyboards
Frode Lamøy – drums, percussion
M.B. Normann – duet vocals on "Under My Pillow"
Eli Kristin Hagen – backing vocals on "Into Pieces"

Producer - Ken Ingwersen