0329Standing On The Shoulders Of Giants









アメリカのラテン・ロック・バンドTribe of Gypsiesの3作目のフルレンス・アルバム。Tribe of Gypsiesは、HM系アーティストのプロデュースや楽曲提供でも著名なロイ・Zのリーダー・バンドです。メロディアスなラテン・ハードロックの1st、ラテン色が強まり静と動の対比が見事な2ndときて、さて本作はというと2ndより更におとなしくなってハードさが薄れました。70年代末から80年代初頭のピーター・グリーンの一連の作品を思わせる空虚感・浮遊感が漂っています。

印象的な曲をざっと見ていくと、まず#1"The Flower"は曲調といい、ロイ・Zのギター・フレーズといい、聴いていると落ち込みそうなほど哀しさ、寂しさに満ちています。#2"Rays of the Sun"、#3"Admit It"はちょっと元気で、リズムセクションがカッコよくて特にベースがメチャメチャ凄いです。#5"Puro Party"、#6"What Cha Want"、#7"Ange"は本作の中では歌唱と演奏が比較的エネルギッシュでハードな曲。#12"Parisienne Walkways"は言わずと知れたゲイリー・ムーアとフィル・リノットの名曲「パリの散歩道」です。Tribe of Gypsiesにピッタリなカバーだと思います。ロイ・Zのギターもここでやっと本領発揮ですが、できればもっとギンギンに弾きまくって欲しかったなぁ。

アルバム全体の印象としては、ラテン・ロックと言っても、熱狂とか官能とかの言葉からは程遠いサウンドです。2ndのような手に汗握るインプロビゼーションも少ない。一言で言って地味。うーん、地味でも十分カッコいいしこれはこれで好きだけれど、ちょっと抑え過ぎじゃないかと思ってしまいました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Flower (Roy Z, Bruce Dickinson)
02. Rays of the Sun (Roy Z, Gregory Analla, David Ingraham)
03. Admit It (Juan Perez, Roy Z, Gregory Analla)
04. It Don't Bother Me (Ray Rodriguez, Roy Z, Gregory Analla)
05. Puro Party (Eddie Casillas, Roy Z, Mario Q)
06. What Cha Want (Roy Z, Gregory Analla)
07. Angel (Roy Z, Gregory Analla)
08. Up (Roy Z, Gregory Analla, Eddie Casillas, David Ingraham, Elvis Balladares)
09. Better Days (Roy Z, Gregory Analla, Mario Q)
10. Dreams (Roy Z, Mario Q)
11. Puro Party (Reprise) (Eddie Casillas, Roy Z, Mario Q)
12. Parisienne Walkways (Gary Moore, Phil Lynott)
Hidden Track : Over All (Roy Z, Rey Oropeza, Gregory Analla)

■Personnel
Roy Z - guitar, mellotron, bass (#1, #7, #10)
Gregory Analla - lead vocals
David Ingraham - drums,  percussion
Elvis Balladares - percussion
Ray Rodriguez - keyboards
Juan Perez - bass (#2, #3, #4)

Mario Aguilar - additiona percussion
Edward Casillas - bass (#5, #6, #8, #9, #12)

Producer - Roy Z & Joe Floyd
Producer - Richard Podolor (#2, #3, #4 )