0301The Destiny Stone










ジム・ピートリックとトビー・ヒッチコックによるメロハー・プロジェクト、プライド・オブ・ライオンズ(Pride of Lions)の2ndアルバム。1作目と同様ジム・ピートリックとゆかりのあるプレイヤー達がバックを務めています。さて、1作目にもがっかりしましたが本作はそれ以上にがっかりしてしまいました。何度聴いても頭に残らないメロディ、上滑りのアンサンブル。陳腐で薄っぺらで、ロックのパッションがちっとも感じられない。ジミ・ヘンドリックスやジャニス・ジョプリンに繋がる音楽とは思えません。トビー・ヒッチコックの熱唱だけが空回りしています。このバンドを気に入っている方には申し訳ないけど、筆者としては厳しい点を付けざるを得ないです。

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Courage To Love Somebody (Jim Peterik)
02. Parallel Lines (Jim Peterik)
03. Back To Camelot (Jim Peterik)
04. Born To Believe In You (Jim Peterik)
05. What Kind Of Fool (Jim Peterik)
06. Man Behind The Mask (Jim Peterik)
07. Light From A Distant Shore (Jim Peterik)
08. Letter To The Future (Jim Peterik)
09. The Destiny Stone (Jim Peterik)
10. Second Hand Life (Jim Peterik)
11. Falling Back To Then (Jim Peterik)
12. The Gift Of Song (Jim Peterik)
13. Reckless Love [Bonus Track] (Jim Peterik)

■Personnel
Jim Peterik – Lead & Background Vocals, Additional Keyboards, Additional Guitar, Percussion, Piano
Toby Hitchcock - Lead & Background Vocals

Hilary Jones -  Drums
Ed Breckenfeld - Drums & Percussion
Clem Hayes - Bass
Mike Aquino - Guitar
Christian Cullen - Keyboards
Scott May - Hammond B3 Organ
Kurt Howell - Programming
Tom Griffin - Background Vocals

Producer - Jim Peterik
Co-producer – Larry Millas
Executive-Producer – Serafino Perugino