0252Test Of Faith









1999年にリリースされたカナダのハードロック・バンド、ヴォン・グルーヴ(Von Groove)の4thアルバム。なんとも微妙なアルバムを作ってくれました。毎回微妙っちゃ微妙なので、それがこのバンドの個性なんでしょうが、評価しづらいというか、人によって全然評価が変わってくるというか。筆者は好きですけど。ハードロックだけれど、妙にポップ。音は重厚なのに、変に軽妙な印象が残る。暑苦しい系のボーカルなのに、なんか醒めた感じがする。掴みどころがありません。それに加えて、本作ではアコギを使った穏やかな曲が多く、1stの"House of Dreams"、3rdの"Two Nights in Tokyo"のような強力なメロディアスハード・ナンバーもないので、かなり地味な印象です。このバンドのヘンテコリンさが少し薄れてしまったのも淋しいです。

そう言えば、Von Grooveは新作が出ていないし、メンバーそれぞれ別のバンドやプロジェクトに参加しているので、もう解散したか活動停止となっているものだとばっかり思っていましたが、YouTubeに2013年のFireFestでのライブ映像があったのが嬉しかったです。再結成なのか、一回限りのライブなのかは分かりませんが。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Test of Faith
02. It Should Have Been Me
03. I Saw the Light
04. Foolin' Yourself
05. Back in Love Again
06. Tell It to Me
07. Anything for My Baby
08. Only Love
09. The Damage Is Done
10. Rock & Roll Station
11. April May [Bonus Track]
12. Calling the World [Bonus Track]
All songs written by Von Groove

■Personnel
Mladen - guitars, vocals
Matthew Gerrard - bass, vocals, keyboards
Michael Shotton - lead vocals, drums, percussion, keyboards

Producer - Von Groove