0239Agent Provocateur










1984年にリリースされたフォリナーの5枚目のオリジナル・アルバム。米国で600万枚、全世界で1500万枚のセールスを記録した前作ほどではないにせよ、米国内だけでも300万枚売れたという相変わらずのヒット作となっています。シングル・カットされた#3"I Want to Know What Love Is"は、フォリナーとしては唯一アメリカとイギリスの両方のチャートで1位となるなど、これまた大ヒットとなりました。後半は聖歌隊をバックにゴスペル風に盛り上がるこの曲、ミュージック・ビデオも感動的で筆者も大好きです。しかし、またまたバラードが大ヒットしてしまったせいで、二匹目、三匹目のドジョウを狙うミック・ジョーンズと、バラード路線に反発するルー・グラムの亀裂はますます深まったようで、次作発表後にルー・グラムはバンドを脱退することになります。
 
さて、"I Want to Know What Love Is"の印象が強いので、このアルバム全体になんとなくソフトなイメージを持ってしまいますが、意外にアグレッシブな曲が多く、良く出来たハードロック・アルバムとも言えます。ちょっとツェッペリン風な#5"Reaction to Action"、#6"Stranger in My Own House"、哀愁系メロハーそのものの#7"A Love In Vain"などは特に筆者のお気に入りです。曲は粒選りだし、ミック・ジョーンズのギターも今まで一番カッコいいし、ルー・グラムのボーカルもソウルフルそのもので、このアルバムあたりがやはりフォリナーのピークだったのかなと。プロデュースは故アレックス・サドキン。グレース・ジョーンズや、トンプソン・ツインズ、デュラン・デュランを手がけた80年代の売れっ子プロデューサーで、フォリナーはやや畑違いな気もしますが、今となってもあまり古臭さを感じさせない音になっています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。 

 ■Tracks
01. Tooth And Nail (M. Jones, L. Gramm)
02. That Was Yesterday (M. Jones, L. Gramm)
03. I Want To Know What Love Is (M. Jones)
04. Growing Up The Hard Way (M. Jones, L. Gramm)
05. Reaction To Action (M. Jones, L. Gramm)
06. Stranger In My Own House (M. Jones)
07. A Love In Vain (M. Jones, L. Gramm)
08. Down On Love (M. Jones, L. Gramm)
09. Two Different Worlds (L. Gramm)
10. She's Too Tough (M. Jones, L. Gramm)

■Personnel
Lou Gramm - Lead Vocals, Percussion
Mick Jones - Lead Guitar, Bass, Keyboards, Synthesizer, Backing Vocals
Rick Wills - Bass, Backing Vocals
Dennis Elliott - Drums

Wally Badarou - Analogue & Digital Synthesizer
Brian Eddolls - Additional Synthesizer
Larry Fast - Additional Synthesizer
Dave Lebolt - Additional Synthesizer
Jack Waldman - Additional Synthesizer
Bob Mayo - Piano, Additional Synthesizer, Backing Vocals
Mark Rivera - Saxophone, Backing Vocals
Tom Bailey - Vocals
Donnie Harper - Vocals
Jennifer Holliday - Vocals
Ian Lloyd - Backing Vocals
The New Jersey Mass Choir - Choir

Producer -  Alex Sadkin, Mick Jones