0233Change









1995年にリリースされたPink Cream 69の4thアルバム。アンディ・デリスが脱退して、ボーカルはイギリス人のデヴィッド・リードマンに変わっています。ドイツを拠点にしているものの、ドイツ人、アメリカ人、ギリシャ人、イギリス人それぞれ1人ずつという編成で、文字通りの多国籍バンドです。音のほうは、前作で垣間見れた当時流行のグランジ/オルタナへの接近が一層顕著となり、全体に暗く澱んだようなサウンド、曲調となっています。ボーカル兼メイン・ソングライターだったアンディ・デリスが抜けてしまったわけで、当然と言えば当然ですが別のバンドの音のように感じられます。まあ、一般に評価は低いようです。

しかし、筆者としては意外にこのアルバムが好きなんです。全体にシンプルで生々しいサウンドがまず良い。暗く重いけどやっぱりこれはハードロックです。本人たちは意識していないと思いますが、このドンヨリ感はグランジというより70年代のマイナーなハードロック・バンドみたいに聴こえる。#1"Funny Words"、#3"Change"、#5"Two Hours"、#"11. New Control"あたりが典型的ですかね。アンディ・デリスと全く違う、やや泥臭いところもあるデヴィッド・リードマンのボーカルも、この音によく合っていると思います。他にも、Talismanっぽい#6"Something I Said"、#9"Queen Bee"もすごくカッコいい。ちょっと異色ですが、ジャズっぽくてアングラ・プログレみたいな#7"Only the Good"、シタールのような音が入ってる#12"Freakshow"もまるでサイケでグッと来ます。T. Rexのカヴァー#8"20th Century Boy"もこれでもかってくらい重くて、中々に面白いなぁ。

それから、今まではあまり感じなかったけど、このバンドの演奏力の高さも改めて認識することができました。リズム隊の力量はかなりのものだし、アルフレッド・コフラーのギターも地味ながらナイスです。#5"Two Hours"のソロとか、モロ好みです。結論としては、アンディ在籍時のメロディアスで一種独特の物悲しさを湛えたPink Cream 69とは違う音ですが、聴き応えのあるアルバムであることは間違いありません。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Funny Words
02. Light of Day
03. Change
04. Yesterdays
05. Two Hours
06. Something I Said
07. Only the Good
08. 20th Century Boy
09. Queen Bee
10. Stretch the Truth
11. New Control
12. Freakshow
All songs written by Pink Cream 69 except "20th Century Boy" written by Marc Bolan

■Personnel
David Readman – vocals
Alfred Koffler - guitar
Dennis Ward - bass
Kosta Zafiriou - drums

David A. – keyboards
Bateke – percussion

Producer - Shay Baby, Pink Cream 69