0230Hurry Up and Wait










ジョー・リン・ターナーが1998年にリリースしたソロ作。前作Under Cover (1997)はカバー・アルバムだったので、オリジナル・アルバムとしてはRescue You (1985)、Nothing's Changed (1995)に続く3番目の作品となります。バック・バンドは、これまでもJLTのアルバムに参加してきたトニー・ブルーノ・レイ(gt.)、アル・ピトレリ(gt.)、グレッグ・スミス(b.)のおなじみのメンツに加え、ポール・モリス(key)、ケニー・クラム(ds)、この5人がメインとなっています。ポール・モリスはグレッグ・スミスとともに再結成Rainbowのメンバーだったプレイヤー。ゲストのバッキング・ボーカルにドギー・ホワイトが参加しているのも、やはり再結成Rainbowつながりでしょう。同じく再結成Rainbow組で、JLTの過去作でドラムを叩いていたいたジョン・オライリーは、今回はBlackmore's Nightの来日公演参加のためスケジュールの都合がつかず、ケニー・クラムという無名のドラマーが起用されています。なお、JLT、グレッグ・スミス、ポール・モリスは、リッチー・ブラックモアの息子ユルゲン・ブラックモアのOver the Rainbowのメンバーでもあります。プロデュースは前作Under Cover を手がけたボブ・ヘルドとJLT自身となっています。

さて、ライナー・ノートによると本作収録曲の多くが過去に書かれたということです。例えば#8"Too Much is Not Enough"は、JLTが一時在籍したDeep PurpleのSlaves and Masters (1990)収録曲のリメイク。#6"No Room for Love"と#9"Blueprint for the Blues"はSlaves and Masters の次のアルバム用に書かれ、JLTのPurple脱退により陽の目を見なかった曲。#11"Someday"は1stソロRescue You 収録予定だったもので、プロデューサーのロイ・トーマス・ベイカーの意向で外され曲、というような具合です。曲が古くても別に構わないのですが、本作に関して言えばどうもパッとしない曲が多いかな。そんな中で筆者のお気に入りは、ゆったりしたテンポで力強く明るい雰囲気の#1"We Will Survive"、トニー・ブルーノとアル・ピトレリのギター・バトルが熱い#5"Game of Rock 'n' Roll"、それからベタ過ぎるほどの泣きのバラード#10"Can't Face Another Night"。もちろん他の曲だって、何を歌っても上手いJLTの力量と、バンドの安定した演奏のおかげで聴き応えはあるし、つまらないアルバムにはなっていないんですけどね。

なお本作のアメリカ盤は、"Shine On"と"Freedom`s Wings"の2曲をボーナス・トラックに加えてリリースされる予定でしたが、結局曲順は異なるものの曲数は日本盤と同様となっています。一方ヨーロッパ盤は"Shine On"が追加されて全12曲収録。また、次作Under Cover 2 先行シングルとして日本国内で発売されたWaiting for a Girl Like You には、"Shine On"と"Freedom`s Wings"が収められています。 

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. We Will Survive (J. L. Turner/B. Held/A. Pitrelli/A. Greenwood)
02. Sex and Money (B. Held/T. Teeley)
03. Guilty Heart (J. L. Turner/B. Held/A. Pitrelli)
04. Days of Rage (J. L. Turner/B. Held/A. Pitrelli)
05. Game of Rock 'n' Roll (J. L. Turner/J. Napoli)
06. No Room for Love (J. L. Turner/B. Held/A. Pitrelli)
07. Sentimental (J. Guthrie/J. Guthrie/F. Doddy)
08. Too Much is Not Enough (J. L. Turner/B. Held/A. Greenwood)
09. Blueprint for the Blues (J. L. Turner/J. Peterik)
10. Can't Face Another Night (J. L. Turner/B. Held/A. Pitrelli/A. Greenwood)
11. Someday (J. L. Turner/B. Held/A. Greenwood)

■Personnel
Joe Lynn Turner – lead vocals, background vocals on 1, 3, 5, 7, 8, 10, 11
Al Pitrelli – guitars on 1, 3, 4, 6, 10, guitar solos on 5 background vocals on 3, 5
Tony Bruno – guitars on 2, 5, 7, 8, 9, 11, guitar solos on 5
Paul Morris - keyboards on 1, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11
Greg Smith – bass, background vocals on 1, 3, 5, 8 
Kenny Kramme  - drums

Tom Teeley - keyboards on 2, background vocals on 2, 10, 11
Bob Held - guitar solo on 2
Chris Caffery - guitar solo on 3, background vocals on 5
Jock Guthrie - additional guitars on 7, background vocals on 2, 7, 8
Al Greenwood - keyboards on 10
Nancy Blender - background vocals on 1
Kyle Gordon - background vocals on 1
Dina Miller - background vocals on 1, 10, 11
Swan - background vocals on 1, 5
Godfrey Townsend - background vocals on 1, 5
Steve Bello - background vocals on 5
Jeb Guthrie - background vocals on 7, 8
Benny Harrison - background vocals on 8, 11
Doogie White - background vocals on 8

Producer - Bob Held & Joe Lynn Turner
Executive Producer - Mark Wexler