0219Line of Fire










アメリカのメロハー・バンド、Line of Fireの1stアルバム。不完全な編成から伺えるように、実質的にはニッキ・ディマージ(Gt)とショーン・ペラタ(Vo)によるプロジェクトのようです。音のほうは、Journeyの影響が濃厚なよくあるタイプ。曲も演奏も可もなく不可もなく、といったところです。申し訳ないけど平凡と言ってしまえば平凡ですね。ギターは時折ジャズっぽかったりして、HR/HMのセオリーにとらわれない面白さはあるんですが。それから筆者としては、このバンドの粘っこく暑苦しいボーカルがどうにも印象が悪いです。#5"Remind Me"、#6."Morning Light"などは爽快系の佳曲なんですが、ボーカルがネバネバしていてあんまり爽やかに聴こえない。ロマンチックな#7"Can't You See"もクドい歌唱のせいで魅力が半減。こういうボーカルはもっとハードなメタル系のサウンドのほうが合っていると思うのですが。。。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Faith In Fire (Music - Dimage  Lyrics - Pelata) 
02. Live & Let Go (Music - Darst  Lyrics - Pelata) 
03. Fade (Music - Dimage, Palladino  Lyrics - Pelata) 
04. Paradise (Music/Lyrics - Dimage) 
05. Remind Me (Music - Dimage, Necko  Lyrics - Pelata) 
06. Morning Light (Music/Lyrics - Dimage) 
07. Can't You See (Music/Lyrics - Dimage) 
08. Salvation's Edge (Music - Dimage, Darst  Lyrics - Pelata) 
09. Falling Down (Hear My Prayer) (Music - Dimage, Darst  Lyrics - Pelata) 
10. Time To Say Goodbye (Music/Lyrics - Dimage) 
11. Remind Me (Alternate Version) [Bonus Track]
12. Can't You See (Alternate Version) [Bonus Track]

■Personnel
Nikki Dimage - Lead, Rhythm, Acoustic Guitar, Bass, Keyboards & Harmony Vocals
Shawn Pelata - Lead/Harmony Vocals & Keyboards
Ed Darst - Lead & Rhythm Guitar

Justin Collins - Drums
Cliff Paul - Bass on 1, 3, 5, 9

Producer - Line of Fire & Jamie King