0215Revolucion 13










Judas Priest、Helloweenなどメタル系のプロデュースや楽曲提供で名の知れたロイ・Z。メキシコ系アメリカ人である彼自身のバンド、トライブ・オブ・ジプシーズは、自らのアイデンティティをストレートに反映したラテン・ロック・バンドです。Revolucion 13 はトライブ・オブ・ジプシーズのフルレンスとしては2枚目、通算すると3枚目のアルバム。これまでのハード・ロック的要素が薄まり、いよいよラテン色が濃厚になりました。また、サウンド全体に不思議な静けさと浮遊感があり、パーカッションの執拗なリズムには呪術的な響きすら感じられます。サンタナが一時期スピリチュアルなところに行っちゃってましたが、ちょっとあの感じに似ているかもしれません。ボーカル・パートが減って、ジャズやフュージョンを思わせるインストの展開が続き、アルバム全体が長い組曲というような印象を受けます。ロイ・Zの官能的なギターは健在なんですが、ここまで来るとハード・ロック的カッコよさを求める人にはちょっとキツいかな。だけど、熱くテクニカルなインプロビゼーションの応酬、ハモンドやローズやARPやメロトロンの芳醇な響き、絶対にドンカマなんか使ってなさそうなリズムの緩急、歌詞の一言一言に込められた祈り、あるいはむき出しの哀しみ、そういうのってロックが爆発した頃には当たり前だったのに、最近は有りそうで中々無いと思うんです。ハード・ロック、ラテン・ロックうんぬんを超えて、多くのロック・ファンに聴いてもらいたい音楽だと思います。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Aztlan (Mario Aguilar, Roy Z)
02. What's Up? (Edward Casillas, Gregory Analla, Rey Oropeza, Roy Z)
03. Summer Rain (Roy Z, Gregory Analla)
04. Revolucion 13 (Roy Z)
05. Landslide (Tribe of Gypsies)
06. Spanish Blue (Roy Z, Gregory Analla, Charles Drouillet)
07. Collapse (Roy Z, Gregory Analla)
08. Mother's Cry (Edward Casillas, Gregory Analla, Roy Z)
09. Aztlan Reprise (Mario Aguilar, Roy Z)
10. Pancho Villa Part 1 (Tribe of Gypsies, Victor Baez)
11. Freedom (David Ingraham, Roy Z)

■Personnel
Roy Z - guitar, vocals,  percussion
Gregory Analla - lead vocals
Edward Casillas - bass guitar, vocals,  percussion
David Ingraham - drums,  percussion,  keyboards on "Freedom"
Elvis Balladares - percussion
Mario Aguilar - timbales, percussion

Rey Oropeza - vocals on "What's Up"
Victor Baez - Bata on "Revolucion 13", vocals and conga on "Pancho Villa Part 1"
Mario Q - vocals on "Freedom"
Al Martin - flute, vocals
Ray Rodriguez - B3, Rhodes on "Aztlan", "What's Up" and "Spanish Blue"
David Torres - piano on "Aztlan Reprise"
Greg Schultz - B3, mellotron, piano, ARP on "Summer Rain", "Revolucion 13", "Landslide", "Collapse" and "Mother's Cry"

Producer - Roy Z
Co-Producer - Joe Floyd & Tribe Of Gypsies