0210G










スイスのハードロック・バンド、ゴットハードの3rdアルバム。相変わらず、ブルースとロックン・ロールをベースにしたオーソドックスなハードロックが詰め込まれた作品です。ただ、過去2作と比較するとロックン・ロール調の曲が多くなり、若干の変化が見られます。#7"Sweet Little Rock 'n' Roller"など、シンプルだけどものすごくカッコいいなぁ。パープルやレインボーを思わせる#9"Ride On"も、ハードロックの真髄といった感じで聴き手をワクワクさせてくれます。また、このバンドの得意技の一つとしてロマンチックに盛り上げるバラードがありますが、本作にも#13"One Life, One Soul"というクッサいヤツが入ってます。もちろんいい曲ですね。それから、恒例のカバー曲、今回はちょっと意外なところで1968年マンフレッド・マンのヒット曲"Mighty Quinn"です。元々はボブ・ディランの曲ですが、最初にリリースしたのはマンフレッド・マンで、その後もいろんな人がカバーしている有名曲。ゴットハード・バージョンは、泥臭くなり過ぎない程度の絶妙のアレンジで、アーシーなハードロックに仕立て上げられています。それから、日本盤のボーナス・トラックはツェッペリンの"Immigrant Song"。「移民の歌」という邦題が定着しているあの名曲を、現代風なソリッドなサウンドで再現しています。いや~カッコいい!結局今回もオープニングからラストまで、ダレることなく一気に聴ける充実の傑作と言わざるを得ないです。バンド・メンバーは前作と同じく、スティーヴ・リー、レオ・レオーニ、マーク・リン、ヘナ・ハーベッガー、プロデュースも同じくクロークスのクリス・フォン・ローアが担当しています。

なお2009年再発国内盤には、ヨーロッパ盤のボーナス・トラックだった"He Ain't Heavy, He's My Brother"と、"One Life, One Soul (Feat. Montserrat Cabell)"が追加され、全16曲収録となっています。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Sister Moon (Steve Lee/Leo Leoni/Chris von Rohr)
02. Make My Day (Steve Lee/Leo Leoni/Chris von Rohr)
03. Mighty Quinn (Bob Dylan)
04. Movin' On (Steve Lee/Leo Leoni/Chris von Rohr)
05. Let It Be (Steve Lee/Leo Leoni/Chris von Rohr)
06. Father Is That Enough? (Steve Lee/Leo Leoni/Chris von Rohr)
07. Sweet Little Rock 'n' Roller  (Chris von Rohr/Maurer)
08. Fist In Your Face (Steve Lee/Leo Leoni/Chris von Rohr)
09. Ride On (Steve Lee/Leo Leoni/Chris von Rohr)
10. In the Name (Steve Lee/Leo Leoni/Chris von Rohr)
11. Lay Down the Law (Steve Lee/Leo Leoni/Chris von Rohr)
12. Hole In One (Steve Lee/Leo Leoni/Chris von Rohr)
13. One Life, One Soul (Steve Lee/Leo Leoni/Chris von Rohr)
14. Immigrant Song (Jimmy Page/Robert Plant)

■Personnel
Steve Lee – vocals
Leo Leoni – guitar, vocals
Hena Habegger – drums
Marc Lynn – bass

Sammy Sanchez – slide guitar
Cat Gray – keyboards, percussion
Andrew Garver – harmonica
Jane Child – backing vocals

Producer - Chris von Rohr