0209Premonition










1981年にリリースされたサヴァイヴァーの2ndアルバム。主要メンバーであるフランキー・サリヴァン(Gt)、ジム・ピートリック(Gt, Key)、デイヴ・ビックラー(Vo)はそのままですが、リズム・セクションがステファン・エリス(Ba)、マーク・ドラウベイ(Dr)にチェンジしています。この二人は本作ではまだサポート・ミュージシャン扱いです。もう一人、キーボードでサポートしているダリル・ドラゴンは、70年代にヒット曲を連発したアメリカのポップス・デュオ、キャプテン&テニールのキャプテンさんです。(懐かしい!)

音楽性は1stと同様に適度にハードで適度にポップ。シングル・カットされてちょっとヒットした"Poor Man's Son"や"Heart's a Lonely Hunter"あたりは哀愁度の高いメロハーで結構好きです。フリーを思わせる重さと暗さのある"Take You on a Saturday"、緊張感溢れる"Love Is on My Side"もいい曲だと思います。まあ、全体としてはごく普通のアメリカン・ロックです。うーん、つまらなくはないけれど絶賛するほどじゃないなぁ。やっぱりこのバンドが良くなるのは、次のEye of the Tiger からですね。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Chevy Nights (Jim Peterik)
02. Summer Nights (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
03. Poor Man's Son (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
04. Runway Lights (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
05. Take You on a Saturday (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
06. Light of a Thousand Smiles (Jim Peterik)
07. Love Is on My Side (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
08. Heart's a Lonely Hunter (Jim Peterik, Frankie Sullivan)

■Personnel
Dave Bickler - lead vocals, synthesizer
Frankie Sullivan – lead guitar, vocals
Jim Peterik - keyboards, guitar, vocals
Stephan Ellis - bass
Marc Droubay - drums

Daryl Dragon - additional keyboards

Producer - Frankie Sullivan, Jim Peterik
Co-producer(tracks 1, 2) – Artie Kornfeld, Artie Ripp