0208Alien1989










Alien(エイリアン)のデビュー・アルバムのワールド・ワイド盤として1989年にリリースされたアルバム。USエディション、人面ジャケとか呼ばれているやつですね。。この時点でボーカルのジム・ジッドヘッドは既に脱退しており、新ボーカリストとして元Madisonのピート・サンドべリが加入しています。オリジナル盤から"Wings of Fire"、"Dying by the Golden Rule"、"Dreamer"、"Mirror"の4曲がカットされ、かわって新規に録音された2曲を収録。オリジナル盤収録曲もリミックスされて、よりすっきりした音となりました。ただ、オリジナル盤と違ってこのワールド・ワイド盤には細かなクレジットがあるのですが、"Jaimie Remember"、"Brave New Love"、"Touch My Fire"の3曲にはリミックス表記がありません。実際は表記ミスで全曲リミックスされているのか、それともリミックスは5曲のみで、音の印象が違うのはリマスターの効果なのか、そのあたりは不明です。なお、この人面ジャケにも赤盤と青(紫)盤が存在し、どうやら青盤の中身はオリジナル盤と同一で12曲入りらしいです。ややこしいですね。

ピート・サンドべリによって歌われている新曲のうち"The Air That I Breathe"は、70年代に活躍したアメリカのシンガー・ソングライター、アルバート・ハモンドの曲で、1974年にはThe Holliesにカヴァーされてヒットしています。その他にもオリビア・ニュートン・ジョンなど多くのアーティストが取り上げている曲。ゆったりした穏やかな曲調が、ピート・サンドべリの優しい歌唱にピッタリです。もう一つの"Now Love"はバンドのオリジナルで、明るめでちょっとレトロなハード・ポップ。2曲ともいい曲だし、ピート・サンドべリも大好きなボーカリストなんですが、やはりジム・ジッドヘッドが良すぎるため、どうしても印象が薄くなってしまいます。

オリジナル盤、ワールド・ワイド盤ともに中古CDにプレミア価格がついてしまい、しばらくの間入手困難でしたが、2013年に2枚をカップリングし、オリジナル盤にボーナス・トラックとして"Feel My Love"と"Touch My Fire"の別バージョンを追加したAlien -25th Anniversary Edition が発売され、2枚一度に手に入れることが比較的容易となりました。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Tears Don't Put Out The Fire (remix)
(Pam Barlow/Janet Minto)
02. Go Easy (remix)
(Brad Bailey/Patrick Regan/Pam Barlow/Janet Minto)
03. I've Been Waiting (remix)
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
04. Jaimie Remember
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
05. Feel My Love (remix)
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
06. Only One Woman (remix)
(Barry Gibb/Maurice Gigg/Robin Gibb)
07. Brave New Love
(Gary Cambra/Pam Barlow/Janet Minto)
08. The Air That I Breathe
(Albert Hammond/Mike Hazelwood)
09. Touch My Fire
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
10. Now Love
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pete Sandberg/Max Stone)

■Personnel
Tony Borg – guitars
Jimmy Wandroph - keyboards
Ken Sandin – bass
Toby Tarrach – drums
Jim Jidhed – vocals
Pete Sandberg – vocals

Producer - Chris Minto (1, 2, 3, 4, 5, 7, 9), Mark Dearnley (6), Tony Borg & Dille (8, 10)