0203Jump the Gun










デンマークのHR/HMバンド、プリティ・メイズの3rdアルバム。デンマークはスカンディナビアとドイツの間にあるので、サウンドもその中間などとよく言われますが、地理的関係がそこまでストレートにサウンドに反映するわけはありません。ただし、このプリティ・メイズに関しては、確かに北欧的叙情性とドイツ風の骨太なメロディアスさを兼ね備えていると感じます。本作のプロデューサーにはディープ・パープルのロジャー・グローバーを起用。自らのアイデンティティは保った上で、明らかにアメリカ進出を狙った音作りとなっています。メロディアスでポップな路線は前作と同じですが、出来の良かった前作をしのぐ傑作に仕上がっています。楽曲、歌唱、演奏ともに充実し、メジャー感というのか、アリーナ感というのか、貫禄すら感じさせるバンドになりました。リリース当時はオーバー・プロデュースという批判もあったようですが、むしろその作り込みにより、年月を経ても聴き続けられるスケールの大きな音になっていると感じます。特にゴスペル・コーラス隊をバックに歌い上げられる#4"Savage Heart"などは感動ものの素晴らしさです。いや~、デビュー・ミニアルバム当時のB級臭さが嘘のようです。しかし、これだけ出来の良いアルバムであるにも関わらず、商業的には成功と程遠く、予定されていたディープ・パープルとのツアーもキャンセル、本格的アメリカ進出は実現しなかったようです。

メンバーは、ロニー・アトキンス(Vo)、ケン・ハマー(Gt)、フィル・ムーアヘッド(Dr)、アラン・デロング(Ba)の4人は前作と変わらず、新たにリッキー・マークスが加入してツイン・リード体制となっています。また、アルバム・リリース前にアラン・オーウェン(Key)が脱退していますが、レコーディングには参加しています。制作途中でフィル・ムーアヘッドが怪我をしたため、"Young Blood"のみハープルのイアン・ペイスがドラムを担当、プロデューサーのロジャー・グローバーも"Dream On"でベースを弾いています。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Lethal Heroes
02. Don't Settle for Less
03. Rock the House
04. Savage Heart
05. Young Blood
06. Headlines
07. Jump the Gun
08. Partners in Crime
09. Attention
10. Hang Tough
11. Over and Out
12. Dream On
All songs written by Ronnie Atkins and Ken Hammer, except "Hang Tough" by Dan Wexler

■Personnel
Ken Hammer - guitar
Phil More - drums
Ricky Marx - guitar
Allan Delong - bass
Ronnie Atkins - vocals

Alan Owen - all keyboards
Ian Paice - drums on "Young Blood"
Roger Glover - bass on "Dream On"
Ivan Pedersen - backing vocals
Knud Linhard - backing vocals
Freddy George Jensen - harp on "Dream On"
The New Jersey Mass Choir

Producer – Roger Glover