0184Urban Tale










フィンランドのメロハー・バンド、Urban Tale(アーバン・テイル)の1stアルバムです。メンバーはHeartplayなどの活動でも知られるキモ・ブロム(Vo)のほか、エルッカ・コルホネン(Gt)、トゥオモ・コヴァライネン(Ba)、ティモ・プダス(Key)、カリ・ヴァリマキ(Ds)の5人。プロデューサーはMidnight Sunのドラマーだったアンダース・テオ・ティアンデル。レコーディングもマネージメントも彼の経営するスウェーデンの会社Roastinghouseが取り仕切っています。

このバンドはJourneyと似ているとよく言われるのですが、確かにキモ・ブロムはスティーヴ・ペリーからアクを抜いたようなタイプで、楽曲によってはJourneyの影響を感じさせる部分もあります。しかし、単なるファロワーというイメージはありません。まずJourneyと比較してずっとAOR寄りだし、TOTOっぽい感じや若干のプログレ風味もあり、そして何よりこのバンドとしてのオリジナリティあるメロディが印象的です。全体としてサラっと淡白なサウンドはアメリカのバンドとはやはり異質でしょう。まあ、上品で淡白なあまり、強烈な引っ掛かりがなく、うっかりすると右の耳から左の耳に抜けてしまいそうになるわけですが。そんなわけで、BGMで流しても心地良い時を過ごせることは間違いありません。

筆者のお気に入りは#2"Passion Takes Over"。16ビートの都会的でオシャレな感じの曲ですが、どこか北欧特有の清涼感、清潔感が漂っていて素敵です。続く#3"Circus"、サウンドは爽やかですが、「サーカス」という言葉から連想される懐かしさや不思議な物悲しさが、メロディにも詞にもよく表現されていています。#8"Broken Chains"、#9"On the Edge"などはアンニュイな雰囲気と爽快さが同居する独特のメロディが素晴らしい。他にも佳曲ぞろいでつまらない曲はなく、前述のように聞き流しても気持ちがいいので筆者の愛聴盤の一つとなっています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Devil in Me (Korhonen, Blom)
02. Passion Takes Over (Pudas, Blom)
03. Circus (Pudas, Blom)
04. King of Hearts (Kovalainen, Blom)
05. One Day (I'll Make You Mine) (Pudas, Blom)
06. Runaway Train (Korhonen, Pudas, Blom)
07. Engine (Korhonen, Blom)
08. Broken Chains (Pudas)
09. On the Edge (Korhonen, Blom, Urban Tale)
10. Doris Day (Blom)
11. Water (Blom)
12. House of Blues (Korhonen, Blom)
13. Hold on [Bonus Track] (Pudas, Blom)

■Personnel
Kimmo Blom - vocals, backing vocals
Erkka Korhonen - electric and acoustic guitars, backing vocals
Tuomo Kovalainen - bass, bass synth
Timo Pudas - piano, keyboards, programming
Kari Välimäki - drums, percussion

Anders "Theo" Theander - percussion, live percussion loops
Rickard Bengtsson - backing vocals

Producer - Anders "Theo" Theander