0176Eyewitness










フロリダ州タンパを本拠地とするアイウィットネスの1stアルバム。タンパというと「デスメタルの聖地」とすぐ連想します。本作のプロデュースに関わったスコット・バーンズも、地元でデス・メタル系のプロデューサーとして数多くの仕事をしてきた人ですが、このバンドはオーソドックスなメロディアスHR/HMをやっています。バンドのメンバーは、有名なギタースクールGIT出身というラルフ・サントーラをリーダーに、トッド・プラント(Vo)、スティーヴ・ホドソン(Ba)、オリヴァー・ハンソン(Dr)の4人。数次にわたるデモ制作後のレコーディングのせいか、アディショナル・ミュージシャンが多数クレジットされており、ポール・プレイター(Autodrive)、ザック・スティーヴンス(Savatage、Circle II Circle)、ハワード・ヘルム(Zon、Refugee)といったところが目に付きます。

音のほうは、インスト・パートがかなりハードだし、トッド・プラントの歌声も太くて力強いので、メロハーと言っても冷涼・爽快系とは無縁の熱い(暑い)サウンドとなっています。ラルフ・サントーラのテクニカルなギターが売りとなっているようですが、むしろ曲の良さのほうが印象に残りました。特にお気に入りなのは#4"All I Wanted"、#7"Can't Stop"、#10"Arms Of Love"の3曲。哀愁系のメロディがとにかく素晴らしい。UFOの"Only You Can Rock Me"、Zenoの"Far Away"のカヴァーは、まあそこそこかな。このバンド、次のアルバムでずっこけて、ミレニアム(Millenium)名義でウヤムヤに復活することになりますが、本作はラルフ・サントーラ&トッド・プラントの出発点として必聴盤だと思います。なお、現在出回っているCDにはオリジナル盤のほか、2ndとのカップリング盤があります。


評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Masters Of The World (Ralph Santolla)
02. The Killing Words (Ralph Santolla/Oliver Hanson)
03. Still Half Alive (Ralph Santolla/J. Todd Plant)
04. All I Wanted (Steve Hodson/J. Todd Plant)
05. Far Away  (Zeno Roth)
06. Communication (Brian Benscoter/Ralph Santolla)
07. Can't Stop (Ralph Santolla)
08. Life Goes On (Ralph Santolla)
09. Only You Can Rock Me (Michael Schenker/Pete Way/Phil Mogg)
10. Arms Of Love (Jerry Dixon/Gaylin Walker)
11. Dorians Song (Ralph Santolla)
12. Rising Sun (Ralph Santolla)
13. A Very Minor King (Ralph Santolla)

■Personnel
J. Todd Plant - Lead & Backing Vocals
Ralph Santolla - Guitars, Backing Vocals
Steve Hodson - Bass
Oliver Hanson - Drums

Nick Bowcott - 1st solo on "Arms Of Love"
Russell Farrow - Leeslie Guitar on "Still Half Alive"
Paul Prator - Keyboards on "Arms Of Love"
Steve Gruden - Backing Vocals
Phiil Cherry - Backing Vocals, Keyboard programming
Billy McKnight - Backing Vocals
Zach Stephens - Backing Vocals
Leroy Myers - Backing Vocals
Sean Phillips - Additional Rhythm guitar on "Can't Stop", "Arms Of Love"
Howard Helm - Organ on "Only You Can Rock Me", , Keyboard programming
Raul Flynn - Latin & Spanish spoken parts on "Masters Of The World"

Producer - Ralph Santolla & Scott Burns
except "Arms Of Love" & "Can't Stop" by Jim Morris