0169Games People Play










ドイツの多国籍HR/HMグループ、ピンク・クリーム69の3rdアルバム。リリースは1993年。グランジ/オルタナ・ブームが始まっており、その影響を受けたダークな作風になったということで、HR/HMファンの評判は良くないようです。確かに過去2作と比較して暗さや重さは増していますが、元々が明るく爽やかなバンドではないし、哀愁の歌メロもそれほど変わっていない。だから、例えばデンジャー・デンジャーのDawnでの変身(変節)ぶりへの違和感のようなものは感じません。筆者としては許容範囲。歌詞についても、以前から社会性があったり、内省的だったりする側面はあったし、特にアンディ・デリスはソロ作品でもその傾向を見せています。ブームに乗っただけという感じはしません。リフやギター・ソロもHR/HM以外の何者でもないかっこよさです。

ラインナップは変更なしでアンディ・デリス(vo)、アルフレッド・コフラー(gt)、デニス・ワード(ba)、コスタ・ツァフィリオ(dr)の4人。これまでは、ソング・ライティングのクレジットには個人名が記されており、アンディ・デリスが曲作りの中心だったことが伺えます。一方本作では全曲がピンク・クリーム69の作品ということになっています。また、アンディの抜けた次作では更にグランジ/オルタナ化が進むので、路線変更反対のアンディvs推進の他メンバーという図式がなんとなく見えるようです。いずれにしても、本作をもってアンディ・デリスはピンク・クリーム69を脱退、解雇されたマイケル・キスクの後任として同じドイツのハロウィンに加入することになります。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Face in the Mirror
02. Way Down
03. Keep Your Eye on the Twisted
04. Somedays I Sail
05. Shattered
06. Monday Again
07. Dyin' Century
08. Till You're Mine
09. Still Alive
10. Down on Your Luck
11. Black Flash
12. Condemnation
13. Don't Let It All Come Down
14. A Good Waste of Time
All songs written by Pink Cream 69

■Personnel
Andi Deris - vocals
Alfred Koffler - guitar
Dennis Ward - bass
Kosta Zafiriou - drums

Producer - Dirk Steffens & Pink Cream 69