0152House of Lords










アメリカのハードロック・グループHouse of Lords(ハウス・オブ・ローズ)が1988年にリリースした1stアルバムです。このバンドの前身は、元Angelのキーボード奏者グレッグ・ジェフリア率いるGiuffria。1stは売れたものの2ndがコケてレコード会社から切られたGiuffriaは、Angel時代に縁のあったKissのジーン・シモンズと接触します。ジーン・シモンズは自身が立ち上げたレーベルSimmons Recordsとの契約に同意したものの、バンド名とリード・ボーカルを変えることを指示。新ボーカルには、ジェフ・カンタナのバンドJasper Wrathや、Jasper Wrathの残党が結成したEyesで歌っていたジェイムズ・クリスチャンが決定。また、Giuffriaを離れQuiet Riotでプレイしていたベーシストのチャック・ライトも再合流。ギターのラニー・コードラ、ドラムのケン・メリーはそのままGiuffriaから横すべり。こうしてGiuffriaはHouse of Lordsとして再出発することになります。録音が始まっていたGiuffriaの3rdアルバムのデモ音源は、デヴィッド・グレン・アイズレー(お払い箱になったGiuffriaのボーカリスト)が2001年にリリースしたThe Lost Tapesで聴くことができます。そこには本作収録曲"Pleasure Palace"、"Slip of the Tongue"、"Jealous Heart"のオリジナル・バージョンも含まれています。余談ですが、このデヴィッド・グレン・アイズレーという人はミュージシャンになる前はサンフランシスコ・ジャイアンツ所属の野球選手で、近年では俳優としても活躍しているらしい。それから奥さんはあのオリビア・ハッセーらしい。いや、まったく余談でした。

さて音のほうですが、いたってオーソドックスなハードロックです。威風堂々として重厚なサウンドと、デヴィッド・カヴァーデイルやロバート・プラントを思わせるジェイムズ・クリスチャンのブルージーな歌唱が相まって、まるっきりブリティッシュ・ハードロック。とてもアメリカのバンドとは思えません。そしてバンドの実力は超一流。アルバムの中では異色の曲ですが、Deep Purple風シャッフル#4"Lookin' for Strange"を聴けば一発で並のバンドではないことが分かります。ドラムとベースはパワー感とスリリングさが尋常でなく、ハードロックのリズム隊としてまさにパーフェクト。ギターはテクニカルかつエモーショナル。このラニー・コードラというギタリストは、時にジャズっぽいフレーズを交えるなど巧者でありながら、延々とテク見せびらかしに走らないのが好ましい。グレッグ・ジェフリアのキーボードも必要以上に前に出すぎず、それでいてサウンドを格調高くするのに役立っています。いや~ベタほめです。しかし、1曲だけまったくもってつまらない#8"Under Blue Skies"、これで興をそがれるのがなんとも残念です。

本作のプロデュースはアンディ・ジョンズ。2013年に亡くなっていますが、ロック・ミュージック分野のプロデューサー/エンジニアとしては最も著名な人物の一人でしょう。Humble Pie、Free、Cinderella、Van Halen、L.A. Guns、Chickenfootと枚挙に暇が無いほど多くのアルバム制作に携わっています。また、バック・ボーカルにジェフ・スコット・ソートがクレジットされているのが意外です。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Pleasure Palace (Gregg Giuffria/David Glen Eisley)
02. I Wanna be Loved (Mandy Meyer, Steve Johnstad)
03. Edge of Your Life (Lanny Cordola/Chuck Wright/Brett Alstadt)
04. Lookin' for Strange (Lanny Cordola/Chuck Wright/James Christian/Gregg Giuffria)
05. Love Don't Lie (Stan Bush)
06. Slip of the Tongue (Gregg Giuffria/David Glen Eisley/Rick Nielsen)
07. Hearts of the World (Gregg Giuffria/Lanny Cordola/Chuck Wright)
08. Under Blue Skies (Gregg Giuffria/David Glen Eisley/Johnny Warman)
09. Call My Name (Gregg Giuffria/Chuck Wright/James Christian/Lanny Cordola)
10. Jealous Heart (Gregg Giuffria/David Glen Eisley/David Roberts)

■Personnel
James Christian - lead vocals
Gregg Giuffria - keyboards
Lanny Cordola - guitars
Chuck Wright - bass
Ken Mary - drums

Jeff Scott Soto - backing vocals

Producer – Andy Johns, Gregg Giuffria
Executive Producer – Gene Simmons